はじめてのジムトレに。60分でできるマシン+有酸素運動。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
ジムトレーニングの間違いやマナー違反に喝!
妊娠中にできる運動は?
「大胸筋の段差」を集中的に鍛えて強調する。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
  • 公開:

風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いとは? 免疫の噂のウソ・ホントをチェック(7)

免疫のプロ、京都大学ウイルス・再生医科学研究所副所長の河本宏先生に教えてもらった免疫のこと。この時期にどうしても気になる風邪のことを、免疫の観点から教えてもらいました。

Q7. 風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いとは?

A. 免疫力というより、喉の粘膜のバリア機能の問題。

免疫の経験値が同じはずの同年代でも、毎年のように風邪をひく人もいれば、何年も風邪と無縁なタイプもいる。この差はどこから来るのか。

どうやら風邪のひきやすさは免疫の差というより、喉の粘膜のバリア能力の差によるものらしい。

風邪の多くはウイルスが喉の粘膜に取り付いて発症する。粘膜に適度な潤いがあるとウイルスは弾かれやすいし、潤いの元となる粘液にIgA抗体という抗ウイルス物質が含まれており、風邪の感染をブロックしてくれる。

日本の冬は空気が乾燥しているためウイルスは長生きするし、喉も乾燥して粘膜が乾きやすくなっている。粘膜が乾いているとIgA抗体は働きにくく、ウイルスは細胞内に直接入り込み、すぐさま増殖を始めてしまうのだ。

風邪をひきやすい人は、マスクで加湿する、加湿器を適度に使うといった対策を取り、粘膜の潤いを逃がさないようにしたい。

PROFILE

河本宏(かわもと・ひろし)/1961年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学ウイルス・再生医科学研究所副所長血液細胞の分化過程を解明する傍ら、iPS細胞技術を用いた治療用再生T細胞の作製研究も進める。免疫学者ロックバンド〈Negative Selection〉リーダー。今回趣味のイラストで免疫を優しく解説。

取材・文/井上健二 イラストレーション/しりあがり寿 取材協力/河本 宏(京都大学ウイルス・再生医科学研究所副所長)

初出『Tarzan』No.778・2019年12月19日発売

Share
Share