• 犬と一緒にアクティブウォーキング!そのとき飼い主が知っておくべきこと
COLUMN
2019.01.12

犬と一緒にアクティブウォーキング!そのとき飼い主が知っておくべきこと

犬とアクティブウォーキング

犬とヒトのカラダづくりに効果大のアクティブウォーク。犬と一緒にカラダを動かすのは楽しい。毎日の犬との触れ合いの時間も自分のトレーニングにしてしまおう。セーフティグリップをはじめ、正しいリードの持ち方を解説します。

一般的に散歩がOKになるのは、獣医から散歩の許可が下りる生後3か月目から4〜5か月目(2回目、もしくは3回目のワクチン接種後)。人間の子どもでいうなら8〜10歳に相当する。

むろん散歩=リードを付けて歩くアクティブウォーク。この時期までには、飼い主がその基本をきちんとマスターしておこう。愛犬の安全を守り、無用なトラブルのリスクを最小限に抑えるハンサムなアクティブウォークを心掛けたい。

ちなみに犬は飼い主の左側を歩くのが基本(歩道のない車道などで、左側を歩くのが危険な場合を除く)。

これは昔の猟犬や軍用犬での慣習が家庭犬にも受け継がれているという説が有力。右手で銃を扱うため、邪魔にならないように左側を歩かせたのだ。

上野公園の西郷どんこと西郷隆盛像は右側に愛犬を従えているが、軍服姿で銃を肩に掛けた肖像画ではしっかり左側に犬を連れている。

1. セーフティグリップの作り方をマスターする

リードにあらかじめ作っておきたいのは、セーフティグリップという結び目。これは拾い食いや飛び出し事故を未然に防ぐと同時に、安全な場所では犬の自由度を奪わず、リラックスできるポジションを作るための目安となる。

結び目を作って左手で握っておけば、毎回手元を確認しなくても、とっさに愛犬の身が守れる。

1/20

1. リードの先端部分の輪を右手の親指に掛ける

リードの先端部分の輪を右手の親指に掛ける。

2. 左手でリードの真ん中あたりを、杖を持つように握る

左手でリードの真ん中あたりを、杖を持つように握る。

3. 犬を左側のヒールポジションに坐らせる(立たせてもOK)

犬を左側のヒールポジションに坐らせる(立たせてもOK)。犬が正面または上を向いた状態で左肘を90度曲げる。
犬が正面または上を向いた状態で左肘を90度曲げる。

4. そのとき、リードがピンと張るのがセーフティグリップの位置

いちいち目で見て確認しなくても済むように目印の結び目を作り、その上を握る。
いちいち目で見て確認しなくても済むように目印の結び目を作り、その上を握る。

5. 曲げた肘を下ろすと犬がリラックスできる

20181219_active_02

2. リードの片手持ちをマスターする

20181219_active_01
片手持ち:両手持ちをした左手の親指に、右手の親指に掛けていたリードの先端の輪も掛けて、左手だけでリードを握る。

リードの持ち方には、両手持ちと片手持ちがある。両手持ちは、リードの先端の輪を右手の親指に掛けて、左手はセーフティグリップを、杖を持つように握る。片手持ちのやり方はイラスト解説の通り。どちらでも構わないが、セーフティグリップを杖のように持つことだけは忘れないこと。

3. 拾い食いを防ぐための「ヘソ止まり」の姿勢を覚える

20181219_active_03
セーフティグリップを持った左手をヘソからみぞおちあたりに密着させる。右手は左手のすぐ下でリードを持つ。

犬が先頭を切って歩かないように躾ができていれば、飼い主が先にタバコの吸い殻など有害物に気付いて避けられる。それでも犬が拾い食いしそうになったら、ヘソ止まりというポジションを取る。このときにセーフティグリップを持っていれば、リードに引っ張られて犬の鼻先は地面に届かない。

4. 適切な長さのリードを準備する

伸縮リードでは、リードが不用意に長くなりすぎる恐れがあり、犬の拾い食いや飛び出しが防ぎにくい。固定リードを適切な長さにアジャストして使うのがベター。両手持ちで腰のフードを取るときも、アイコンタクトのために右手を顎の下に持ってくるときでも、負担のない“遊び”を設ける。

1/20

犬のストレスにならないような長さのリードを用意する

犬のストレスにならないような長さのリードを用意する
アイコンタクトを誘導するために右手を顎の下に置く際、リードに不自然なテンションがかかり、犬のストレスにならないような長さのリードを用意する。

リードが短すぎると不要なテンションが。犬のストレスになる

リードが短すぎると不要なテンション(引っ張る力)がかかり、犬のストレスになる
両手持ちをして犬をヒールポジションに置いたとき、腰の位置のポーチからフードを右手で取れるゆとりを作る。リードが短すぎると不要なテンション(引っ張る力)がかかり、犬のストレスになる。
犬とアクティブウォーキング
ニットキャップ(FilMelange)14,000円、問い合わせ/フィルメランジェ (TEL)03-6447-1107、プルオーバー28,000円、中に着たTシャツ5,800円、スウェットパンツ12,000円、シューズ《Ultra Velocity》11,800円、以上ザ・ノース・フェイス、問い合わせ/ゴールドウイン (TEL)0120-307560。※情報は全て掲載当時のものです。

取材・文/井上健二 撮影/山城健朗 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/大谷亮治 イラストレーション/藤田 翔 取材協力/西川文二(Can! Do! Pet Dog School代表、家庭犬しつけインストラクター)、河村玲子(トレーナー、管理栄養士) 参考文献/『子犬の育て方・しつけ』(西川文二著、新星出版社)
(初出『Tarzan』No.750・2018年9月27日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』770号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』770号