• 前後左右に傾きがちな骨盤をニュートラルにする3つのトレーニング|女性の骨&関節トレ(2)
WOMAN
2019.01.10

前後左右に傾きがちな骨盤をニュートラルにする3つのトレーニング|女性の骨&関節トレ(2)

骨盤周辺のトレーニング「リバース・トランクツイスト」の動作その1

肩甲骨、骨盤、股関節、足首などの骨や関節が固まると、姿勢が悪くなり体型も崩れがちに。女性のための「骨&関節トレ」。今回は、「骨盤」に負荷をかける3つのトレーニングで解消しましょう!

こちらもチェック! 関連記事:

猫背姿勢で首が前に出ると、骨盤が後ろに傾き膝が曲がった“おばあちゃん姿勢”に陥りがち。逆に、姿勢をよくしようよくしようとするあまり、必要以上の反り腰姿勢で腰に負担がかかってしまうことも。

また、脚を組むクセや荷物の持ち方、歩き方のクセなどで、骨盤は左右どちらかに傾いてしまうことも。筋トレ+ストレッチの要素を取り入れて、骨盤の前後左右のバランスを整えよう。

1. ダンベル・ウィンドミル(10回×3セット)

1/20

(1)

 骨盤周辺のトレーニング「ダンベル・ウィンドミル」の動作その1
(1)両足を肩幅より広めに開いて立つ。右手にダンベルを持ち肘を伸ばして頭上に。左足の爪先は外側に向ける。

(2)

 骨盤周辺のトレーニング「ダンベル・ウィンドミル」の動作その2
(2)左手を太腿横から足首に向かって滑らせ、上体を倒す。できる人は足首を指先でタッチ。逆側も同様に行う。

2. リバース・トランクツイスト(10往復×3セット)

1/20

(1)

骨盤周辺のトレーニング「リバース・トランクツイスト」の動作その1
(1)床に仰向けになり、両手を肩の高さで真横に伸ばす。掌は下に向ける。両脚は揃えて床から引き上げ、膝を直角に曲げる。

(2)

骨盤周辺のトレーニング「リバース・トランクツイスト」の動作その2
(2)〜(4)膝の角度をキープしたまま、左右交互に体幹を捻り、膝を床に近づけていく。

(3)

骨盤周辺のトレーニング「リバース・トランクツイスト」の動作その3
(2)〜(4)膝の角度をキープしたまま、左右交互に体幹を捻り、膝を床に近づけていく。

(4)

骨盤周辺のトレーニング「リバース・トランクツイスト」の動作その4
(2)〜(4)膝の角度をキープしたまま、左右交互に体幹を捻り、膝を床に近づけていく。

3. ペルビックティルト(10往復×3セット)

1/20

(1)

骨盤周辺のトレーニング「ペルビックティルト」の動作その1
(1)クッションの上に座り、両脚を揃えて膝を立てる。両手はカラダの後ろで床につく。まず、背中を丸めて骨盤を後傾させた姿勢をとる。

(2)

骨盤周辺のトレーニング「ペルビックティルト」の動作その2
(2)次に胸を張って骨盤を前傾させる姿勢をとる。交互に繰り返し。

こちらもチェック! 関連記事:


衣装
ブラトップ(ダンスキン)3,500円、ショートパンツ(MXP)8,500円、シューズ《Ultra Repulsion Smooth Ⅱ》(ザ・ノース・フェイス)12,800円、以上(問い合わせ)ゴールドウイン、電話番号/0120-307-560。
※製品情報は公開当時のものです。

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾 取材協力/澤木一貴(SAWAKI GYM)
(初出『Tarzan』No.755・2018年12月13日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』764号