健康診断前日の筋トレはNG。
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
「ハンドスタンド」自宅で肩が鍛えられる!
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
今日は公園の鉄棒で腹筋を鍛えよう!
どうしてステロイドを使ってはいけない?
【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
  • 公開:

階段の1段飛ばしで姿勢調整! カラダに負担をかけないオフィスの所作【姿勢チェック・ビジネスシーン編】

カラダに負担をかける悪姿勢にならないためには、まずは毎日行っている生活動作を見直すことが肝心。1日の中でも長い時間を過ごす、オフィスでの正しい所作を学んで、姿勢が歪んでしまわないように注意しよう!

Share

姿勢には過去のスポーツ歴やケガ、これまでの日常生活での動きのクセなどがギュギュッと凝縮し、知らない間に悪い影響を与えることが多い。

過去と他人は変えられないが、自らの日常生活での動作をこれから修正することは可能。普段のちょっとした心掛け次第で、姿勢を機能的に整えてハンサムなスタイルを手に入れることができるのだ。

立つ、坐る、歩くの姿勢を解説した【基本のキ編】に引き続き、ビジネスシーンで何気なくやっている動作と姿勢の良し悪しを○×形式でチェック。骨の連なりであるアライメントを崩して筋肉の硬さや弱さを招いて姿勢の歪みを招く悪癖を直し、より良い動きを身につけたい。

Case1. 重いモノを持ち上げる。

1/20

×|膝を伸ばして中腰になる

20181029_752_18_02

○|膝を曲げて腰を落とす

20181029_752_18_01

重たいモノは極力持たない方が姿勢のためにはいい。持つときは対象物の真上まで移動し、膝を曲げて腰を深く落として準備。両足で床を強く踏んだ反力を使い、膝を伸ばしながらモノをカラダに密着させて持ち上げると背骨への負担がかなり軽減される。足を使わず、膝を伸ばしたまま中腰で重いモノを持とうとすると腰を痛める危険がある。

Case2. 椅子から立ち上がる

1/20

×|足を前に出したまま立ち上がる

20181029_752_18_06

○|足を座面の真下に引いて立ち上がる

20181029_752_18_05

坐りっ放しは運動不足の元だが、立ち上がるときも気を抜かないこと。両足を一度座面の下に置いてから立ち上がると、負担が少なく背骨の連なりを正しく保ちやすい。デスクに手をつかずに立つように意識すれば、下半身に軽めの筋トレ効果も期待できる。両足を前に投げ出したままで立とうとすると、腰のストレスになりやすい。

Case3. 階段を上る

1/20

×|猫背でトボトボと上がる

20181029_752_18_04

○|1段飛ばしで颯爽と上がる

20181029_752_18_03

運動量を増やすために階段を上がるのは見上げた心掛け。でも、疲れているのか、猫背でトボトボと歩いている人のなんと多いことか! 背すじを伸ばし、両足に均等に荷重しながら上がりたい。ラッシュを避け、周囲に迷惑をかけないように1段飛ばしで上がると、下半身の抗重力筋へのトレーニング効果もあり、姿勢調整に役立つ。

Case4. 階段を下る

1/20

×|膝をロックして下りる

20181029_752_18_08

○|膝を軽く曲げてソフトランディング

20181029_752_18_07

階段の下りは衝撃が思ったよりも大きいもの。膝を軽く曲げ、衝撃を吸収しながら爪先からソフトランディングして脚に余計なダメージを与えないようにしたい。膝をロックしてドスンドスンと下りると、衝撃は腰にまで波及してしまう。階段を踏み外さないように下を見るのは仕方ないけれど、猫背になりやすいから気をつけて。

Case5. カバンを持つ

1/20

×|ショルダーバッグや手提げカバンを片側で持つ

20181029_752_002

○|持ち替える。バックパックにする

20181029_752_001

書類やパソコンをギュウギュウ詰めにしたカバンはかなり重たい。ショルダーバッグや手提げカバンをいつも同じ側で持っていると、その重みで姿勢が左右どちらかに歪みやすい。偏りがないように意識して左右に持ち替えるようにしたい。次に買うなら、左右の肩と背中に重みが分散できるビジネス仕様のバックパックを選びたい。

Case6. パソコンで仕事をする

1/20

×|ノートパソコンで骨盤が後傾する

20181029_752_18_10

○|デスクトップで画面を目線の高さにする

20181029_752_18_09

デスクワークでパソコンを使うなら、ノートパソコンよりもデスクトップがよい。ノートパソコンだと前屈みになり、猫背がクセになりやすい。デスクトップで目線の高さにディスプレイがあれば、正しい姿勢で操作できる。ノートパソコンを使うなら、せめて自席では外付けのディスプレイに接続して目線が下がらないようにしたい。

取材・文/井上健二 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/大山幸子/イラストレーション/川上貴士 監修/米澤幸次郎(3D Body Labo主宰)

(初出『Tarzan』No.752・2018年10月25日発売)

Share