血糖値の上昇を最小化する食事法。
リモートワークで落ちた筋肉を劇的に復活させる下半身トレ。
背中を広く厚くするなら、ロウイングがおすすめ。
肩こり・腰痛改善のための「ゆったり太極拳」
筋トレの効果を高めるなら、この3つのサプリ!
超シンプルHIITで食べ過ぎをリセット!
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
酔った時に食べ過ぎを防ぐためにできること。
  • 公開:

もっと気楽に、もっと身近に! 海で泳ぐための8つのポイント

海で泳ぐのは楽しいけれど、忘れてならないのは自然が相手であること。予備知識ゼロでいきなり泳ぎ出すのはあまりにも無謀だ。楽しく安全に、そして不安なく泳ぎをエンジョイするための8つのポイントを紹介しよう。

1. 3つの泳法ができれば、海で十分楽しめる

プールで習う基本的な泳法は、それぞれにメリットが。速く泳げることよりも、脱力してゆったりと泳ぎ続けられることが重要だ。

自然の水域を楽しむために、なにも特別なスキルは必要ない。

「クロール、平泳ぎ、背泳ぎの3泳法が身についていれば、安全に泳ぐことができます」とは、海だけでなく川や湖の安全管理と魅力を知る日本ライフセービング協会の田村憲章さん。

「それぞれの泳法には、身の安全に繫がる役割があります。クロールは前に進むこと。平泳ぎは楽に泳げるのに加え、顔が前に向くので周囲の確認に。背泳ぎは顔が空に向くので疲れた時にたくさん空気を吸えますし、足がつかない場所でゴーグルを直すときなどにも有効です。状況に合わせて泳ぎ分けることで、より安全に海を楽しめます」

2. 立ち泳ぎ& ヘルプサインも覚えておこう

上/スカーリング。手や腕で水を捉えるスカーリング。横8の字を描くように外→内→外→内と動かすことで、水面に浮くカラダを手のひらと前腕だけで前後左右に移動できる。渦を作るように手を動かすのがコツ。左/ヘルプサイン。日本ライフセービング協会が推奨するのは、手を上げて左右に振るもの。このサインは遠くから視認しやすく、周囲に危険を知らせるのに効果的。声が出せる状況なら、大声を上げることも忘れずに。右/立ち泳ぎ。足で水を蹴ることで顔を水面に出し、垂直に止まる。足の動きは巻き足、踏み足、挟み足などがあるが、難しいため初心者は平泳ぎの足でもOK。楽に長く浮くことができるなら、足の動きは問わない。

波がある海のような場所では、疲れたりパニックになるような場面でも落ち着いて行動できるよう、覚えておきたいテクニックもある。

「まず、顔を水面に出して止まる“立ち泳ぎ”。これができると周囲の確認、呼吸、ゴーグルを直すなど、ひと通りのことができるので非常に有効です。

“スカーリング”が身につくと、手で水を搔くことで水中の姿勢をコントロール可能に。水面から顔を出したり、背面に浮きながら呼吸できるようになり、パニックになりそうなときにも心を落ち着かせることができます。

“ヘルプサイン”も足がつったりして助けを求める際に欠かせません」(田村さん)

3. 泳ぐ場所は「海水浴場」が基本

自然の海は自己責任。実際に泳ぐ前の下調べはしっかりと行いたい。間違っても遊泳禁止の場所で泳ぐことのないように。

プールと違い、海には環境の差がある。波が穏やかで、海底に岩が少ない安全な場所を選ぶ必要がある。

海水浴場は、そうした条件が揃っていますし、夏のシーズン中はライフセーバーも常駐しているので理想的。シーズン以外でも、なるべく夏に海水浴場になる海を選ぶと危険が少ないでしょう。また波打ち際から深い海、反対に遠浅の海など、海水浴場によっても個性があるので、目的に合わせて選択を」(田村さん)

加えて重要なのは、決してひとりで泳ぎに出かけないこと。必ず複数人で訪れ、浜から見守る人を残して順番に泳ごう。そうすることで万が一の時も早く察知することができる。

4. 泳ぐときは、例えばこんな格好を

ラッシュガードはクラゲが多い時期に特に有効。日焼け防止にも効果的だ。ウェットスーツは浮力があるため普通の水着よりも沈みにくくて安全。保温力もあるので夏以外のシーズンも楽しめる。

オープンウォーターで着る水着は、泳ぎやすさはもちろん、安全面も考えて選ぶ必要がある。海では岩場で肌を傷つけたり、クラゲや微生物に刺される心配があるし、川でも同じように怪我の危険があるからだ。

なるべく肌を直接水に晒さないよう、ラッシュガードやウェットスーツ、岩場近くではマリンシューズが時には必要です。安全のため、泳力を気にせず楽しみたい場合はライフジャケット着用が理想」(大貫さん)

さらに、なるべく派手で目立つ色を選ぶことも大切だという。視認性の高いウェアを着ることで、他のマリンアクティビティをしている人やライフセーバーから発見されやすいのだ。海にはカラフルで出かけよう。

5. 入水時に「状況確認」を忘れない

下のような状況では、灯台とビルが目印にちょうどよい。2点間の距離や重なり具合によって、自分がどこにいるかが分かる。気づかぬうちに流されることもあるので時折チェックを。

海に来たからといって、すぐに泳ぎ出してはいけません。自分が入る場所の環境や状況、目印になる建物などの観察が必要です」(田村さん)

海であれば、離岸流など流れの有無や波の高さ、水温、監視塔の位置。入水後は水深、水底の様子などを確認。また、海の表情は常に変化するものであることも頭に入れておこう。

「さらに大切なのが、陸に目印となる建物を2つ見つけ、その位置関係を把握しておくことです。海では知らず知らずのうちに流されてしまうことがありますが、2つ目印があると、建物の位置関係から自分がどちらに流されてしまったのかも認識しやすくなりますよ」(田村さん)

6. 岸と平行に泳げば、安心安全

沖に向かって泳いでしまうと、不測の事態が起こったときに岸まで戻るのに苦労する。なるべく岸の近くで泳ぐことで、ライフセーバーからも見やすく、救助も素早く行ってもらえる。

初めて海で泳ぐときには、流されないか、急に深くなったりしないかと不安も多いだろう。少しでも不安を減らすためには、岸に対して平行に泳ぐことを覚えておこう。

沖に向かうのに対して横移動は比較的安全。ただし深さは変わることがあるので、心の準備を。足のつく浅瀬で岸と平行に泳げば、すぐ岸に上がれるので安心です」(大貫さん)

その際、水底に目印があるプールと違い、海で真っ直ぐ泳ぐのは難しいということを覚えておこう。

「他人に見てもらい、曲がりやすい方向を把握することが大切。クセを知り、真っ直ぐを意識し、景色をチェックする余裕を持ちましょう」

7. 出かける前にWEBで風速もチェック

強風注意報が発表される基準は自治体によって異なるため、HPなどで都度チェックしておこう。

波は風が作り出していますから、風速はとても重要な指標。海へ出かける際には、晴雨だけでなく、風も事前に必ずチェックし、できれば入水前にも再度確認を。注意したいのは6m以上の風が吹く場合。小さなゴミなどが飛ぶレベルで、カラダにも風を感じます。8mでは白波が立つようになり、浮き輪などを使っていると確実に流されます。強風注意報が出ている場合には海に入らないようにしましょう」(田村さん)

また、雷注意報が出ていないかも調べておきたい。発表=即中止ではないが、もしものときの行動を左右するため、事前に頭に入れておこう。特に夏は発表の頻度が高い。

8. 落ち着いて対処すれば、離岸流は怖くない

流されたら、岸と平行に泳いで脱出してから岸へ向かう。泳力に自信がある人は岸に向かって斜め45度に泳いでもいい。ちなみに、流速は秒速2m以上になることもある。

プールとの大きな違いに、海浜流の有無がある。なかでも離岸流は知らずに流されてしまうとパニックになりやすく、たしかに危険度は高い。

「ただし、海浜流を正しく知り、落ち着いて対処をすれば極端に恐れることはありません。砂浜に打ち寄せた波(水)が戻るエネルギーによって生まれる離岸流の幅は10〜30m程度。岸と平行に泳げば流れから脱出することができます」(田村さん)

巻き込まれないためには、入水前に海の様子を確認すること。離岸流は、波が砕けていない、一見穏やかそうに見える場所にできやすい。そのほか、海岸の人工物の周囲にも発生しやすいため、よく観察しよう。

突堤や離岸堤、人工リーフなどがある場所では、構造物に沿うような流れができ、離岸流が発生しやすい。周囲にこのような環境を見つけたら、なるべく近づかないように注意が必要だ。

取材・文/石井 良 イラストレーション/エイドリアン・ホーガン 取材協力/日本ライフセービング協会(JLA)

初出『Tarzan』No.883・2024年7月4日発売

Share

関連記事:

Share