お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
酔った時に食べ過ぎを防ぐためにできること。
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
我慢は禁物。適度な晩酌がダイエット長続きの秘訣だ。
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
腕相撲に勝つための筋肉ってどこ?
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
自宅にあると心強い! プロが選んだ常備薬。
  • 公開:

今夏のサッカー欧州選手権、フェス的な要素も大きな魅力

サッカー欧州選手権

写真は連日の賑わいが予想されるミュンヘンのオリンピアパーク。開催国ドイツは優勝候補の一角で1996年開催の第10回大会以来の欧州制覇を目指す。©Olympiapark München GmbH

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回は、フェス的要素も楽しい今夏のサッカー欧州選手権について。

フェス的要素も楽しい今夏のサッカー欧州選手権

6月に開幕するサッカーの欧州選手権『UEFA EURO2024』。予選を勝ち抜いた欧州各国の代表チームによって争われる、4年に一度の大舞台だ。

17回目となる本大会はドイツがホスト国。スペイン、イングランド、フランス、ベルギーなど強国によるガチな戦いに開幕前から熱い視線が注がれる一方、にわかでも十分に楽しめるフェス的な要素も大きな魅力となる。

サッカー欧州選手権

ミュンヘン五輪のために建設されたスタジアム周辺の公園では、パブリックビューイングを筆頭に、コンサート、ストリートダンスのコンペ、映画上映、ヨガセッションなどイベントが目白押し。

そんな楽しい光景が、1か月に及ぶ期間中、試合会場となる国内10都市で繰り広げられる。ドイツとスコットランドによる開幕戦はミュンヘンで行われ、決勝はベルリンでキックオフ。サッカーと共にある熱狂の夏がもうすぐやって来る。

WRITER

HIGASHI RIKA/昨夏にオレゴン州ポートランドからポルトガル・リスボンへと移住。著書にポートランドっ子を取材した『好きなことして、いい顔で生きていく』がある。

edit: Takashi Osanai

Share

関連記事:

Share