「ハンドスタンド」自宅で肩が鍛えられる!
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
体幹トレで首・肩の凝りを撃退する!
ジム初心者におすすめしたい3つのフリーウェイト。
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
肥満タイプをチェック!あなたはどのタイプ?
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
筋トレ後のストレッチはこの3種目を!
  • 公開:

特集「SUPER FOOD 魚のチカラ」。2月8日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.873)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

『ターザン』873号(2024年2月8日発売)の特集は「SUPER FOOD 魚のチカラ」。魚肉タンパク質の健康効果が続々と明らかに! ニッポンが誇る魚食文化が理想のカラダを作ってくれる。Snow Manの渡辺翔太さんの表紙が目印です。

※現在『ターザン』873号は、一部のネット書店で在庫切れとなっています。紙版の予約・購入を希望される場合は、お近くの書店へお問い合わせをお願いいたします。

渡辺翔太が表紙に登場。2年ぶりの出演で進化したカラダを披露!

ネクタイを緩め、シャツを脱ぎ、素肌を覗かせる。“スキニー”という言葉がぴったりの典型的アイドル体系だった彼の姿は、もうそこになかった。彼、とはご存知〈Snow Man〉の渡辺翔太さん

2020年から筋トレをはじめ、同グループの岩本照さんの手ほどきも受けながら、忙しい合間を縫って週に1〜2回のジム通いで作り上げた肉体

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

雑誌『ターザン』873号(2024年2月8日発売)「魚のチカラ」特集の表紙。特別定価760円。

撮影が行われたのは、厳しい寒さとなった1月某日。ストレッチを始めた途端、額から汗が光り始め、思わず目をそらしたくなるほどの強い眼力で真剣にトレーニングに取り組んでいく。

前回表紙の『ターザン』に謝りたい」と本人も語るそのカラダは、2年前の本誌登場時と比較すると違いは一目瞭然。ギャクサンのシルエットが見事に完成し、上半身の厚みも確実に増した。

9ページにわたるグラビアでは、汗ばむ肌とともに美しい大胸筋三角筋などを惜しげもなく披露。一体あれから、どんなトレーニングを積んだのか。アップデートされたカラダの秘密は、ぜひ本誌にて。

また、巻頭のインタビューでは今回の特集テーマである「」にちなみ、渡辺さんの“魚好き”エピソードも収録。大好きなお寿司を前に、トレーニングページとはまた違うチャーミングな笑顔を浮かべる渡辺さんも、お見逃しなく!

「太い二の腕を見て喜ぶファンの人もいると思うけど、筋肉があまりない方が好きっていう人もいる。もともと細かったし、やっぱり塩梅が大事だなって。

岩本照(同Snow Manメンバー)くらいタッパがあればそこそこ筋肉つけてもカッコいいけど、僕の身長とか体型とか顔つきであそこまでやっちゃうとまた違うかなと。ある程度のバランスは考えながら鍛えてます」(渡辺翔太さん=本誌より)

特集は「SUPER FOOD 魚のチカラ」

世界では食用魚介類の消費量が格段に増える一方で、実は我が日本では、2011年に肉類と魚介類の消費量が逆転、魚介類消費量は約50年前の水準を下回るまで低下しているのをご存知ですか?

でも、EPA、DHAなどの魚油パワーが知られているように、魚は実にカラダに良い食材

最近では、DIAASと言われるアミノ酸の消化吸収率の高さが注目されたり、回遊魚のイミダペプチドで疲労回復、赤い色素アスタキサンチンで抗酸化…と、超エリートタンパク質食材としての健康効果が続々と明らかになってきています。

そんな栄養素の話、美味しい魚の選び方から、特集はスタートしていきます。

缶詰や練り物の加工品の活用からスタートする料理企画では、最終的には自分でイカやイワシ、鯛を捌けるまで、ステップ別に紹介。ニッポンの魚食文化の問題点や、養殖魚の最前線などにも迫っていきます。

センター綴じ込み企画は、旬・産地などの魚プロフィールを網羅した「おさかな図鑑」。定番魚、憧れの魚、ニューカマーまで、86のおいしい魚のスターたちを徹底解剖しました。

そして第二特集では、いま有名人の間でもちょっとしたブームとなっている「釣り」をフィーチャー。目利きの魚を食べるのもいいけど、自分で釣り上げて食べる楽しみも展開しています。

ページを一部ご紹介!

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

2011年に日本人の食肉の消費量が魚介類の消費量を抜き、以降、その差は開く一方になっている。いま一度、秘められた魚の実力について一緒に考えてみませんか?(本誌P14掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

誰しも「魚はカラダにいい」と聞いたことはあるだろうが、具体的な効能や食べるメリットを理解している人は多くない。食べる前に、その驚くべき魚のチカラについて学ぼう。(本誌P16掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

おいしい魚を売ることに執念を燃やす〈サスエ前田魚店〉5代目店主・前田尚毅。魚と向き合う男が語る、魚屋の役割とは。前田さんに聞く、良い魚の見分け方も収録!(本誌P24掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

“魚のチカラ”を学んだら、あとはもう食べるのみ。お手軽な加工品から始め、最終的には捌きにも挑戦したい。3つのステップで美味しく楽しく、魚料理の始め方を学ぼう。(本誌P28掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

アスリートを支える魚のチカラ。カラダが資本のアスリートにとって、食べることもトレーニングの一環。世界で戦った2人が、パフォーマンスを発揮するために食べた魚とは。(本誌P38掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

日本人の食事が欧米化しているといわれて久しい。魚介類の消費量は右肩下がりだ。かつては漁業大国といわれていた日本だが、近年は生産量も低下中。未来はどうなる?(本誌P40掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

手土産にしたい!取り寄せたい!魚好きが推す、珍味・逸品ベスト20。今回は4人の有識者に集まってもらい、それぞれが推す珍味・逸品をヒアリング。すべてお取り寄せ可能!(本誌P46掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

センター綴じ込み企画は、旬・産地などの魚プロフィールを網羅した「おさかな図鑑」。定番魚、憧れの魚、ニューカマーまで、86のおいしい魚のスターたちを徹底解剖。(本誌P51掲載)

雑誌Tarzan/ターザン873号「魚のチカラ」特集

第二特集では、いま有名人の間でもちょっとしたブームとなっている「釣り」をフィーチャー。目利きの魚を食べるのもいいけど、自分で釣り上げて食べる楽しみも展開。(本誌P76掲載)

文/編集部

Share

関連記事:

Share