超シンプルHIITで食べ過ぎをリセット!
週2日の筋トレで腕は太くなる。
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
筋肉を刺激して、むくみを解消せよ!
  • 公開:

【杭州2022アジアパラ競技大会】人間が秘める身体的な能力と研ぎ澄まされ五感|View of PICSPORT

連載「View of PICSPORT -フォトグラファーが見たアスリートの肖像-」。長年、さまざまな競技で取材を続けるスポーツフォトグラファー、岸本勉さん、中村博之さんが写真を通じて、“アスリートの素顔”に迫る。第九回は中村博之さんが捉えた【杭州2022アジアパラ競技大会】。

終わってみれば、何も難しくなかった。アスリートとして勝負にこだわり、喜怒哀楽する姿を純粋にスポーツ写真として撮影できた

2021年9月5日に国立競技場で東京パラリンピックの閉会式が行われた。

コロナ禍で開催された東京オリンピック・パラリンピック終焉の日。次回開催されるパリ大会の映像が流れ、フランス国歌が無観客のスタジアムに鳴り響き、モノクロ映像には何百人もの人々が手話でフランス国歌を歌っていた。

さすが芸術の都フランスだ。その映像に魅了され、2024年のパラリンピックも会場にいたいと思った。

この仕事を始めてから約20年だが、パラスポーツとは縁がなかった。

正直、選手との距離感と、どのような思いでシャッターを押すことが正解なのか、自分の中で答えが分からないまま足が遠のいていたが、長年パラスポーツの取材を続けている会社の知人から、東京パラリンピックを撮影する機会を頂いた。

終わってみれば、何も難しくなかった。アスリートとして勝負にこだわり、喜怒哀楽する姿を純粋にスポーツ写真として撮影することができた。それはいつもの僕の撮影の姿勢と変わらなかった。ただ、オリンピックよりパラリンピックの方が競技終了後にアスリートがお互いを称え合う姿が多く見られたような気がした。

東京パラリンピックの2年後、2023年10月22日から28日まで中国の杭州で開催されたアジアパラ競技大会の撮影をするチャンスがあった。

アジアパラ競技大会では、競技の魅力や選手の身体能力にさらに焦点を当て、それを撮影することができた。今回は特に印象に残った3種目についてコメントしたい。


初めて撮影をする競技がいくつかあったが、ブラインドサッカーには驚いた。アイマスクを着用して全くボールが見えない暗闇の状況で、仲間の声と音がするボールを頼りに視覚以外の感覚でプレーするのだが、サッカー競技として成り立っているし、純粋に面白い

パワーリフティングは、下肢障害ある選手が上肢だけの力でペンチプレスを持ち上げる競技。健常者の競技でいえばウエイトリフティングになる。素人の僕でも上肢だけの筋力で重い物を持ち上げる事がどれだけ大変か理解できる。

最後に、競泳について。視力に障害のあるクラスの泳ぎが毎回自分のイメージ通りに撮影ができないと思っていたのだが、選手たちはコースロープに触りながら泳ぐ事で真っ直ぐ泳いでいると知人のフォトグラファーから聞いて目から鱗。だから息継ぎ後の腕の位置が毎回違のうか!と納得。

他の競技も含め、今回の撮影は感動ではなく人間が秘めている身体的な能力と研ぎ澄まされ五感に感心する事が多く、パラアスリートの魅力を深く知る事ができた。

パリパラリンピックは2024年8月28日から9月8日の期間に開催される。

杭州2022アジアパラ競技大会

陸上競技場が行われた杭州スポーツセンタースタジアムには、中国杭州アジアパラ競技大会マスコット「フェイフェイ」のモニュメントが設置されている

杭州2022アジアパラ競技大会

陸上やり投げ(T13)で銅メダルを獲得した若生裕太選手

杭州2022アジアパラ競技大会

陸上競技100m(T54)に出場し、5位入賞を果たした生馬知季選手

杭州2022アジアパラ競技大会

パワーリフティングの競技風景。ウェイトリフティングより補助員が多くみられる

杭州2022アジアパラ競技大会

パワーリフティング49kg級に出場した三浦浩選手は10位で大会を終えた

杭州2022アジアパラ競技大会

ブラインドサッカー3位決定戦 日本vsタイ。チームを牽引した主将の川村怜選手

杭州2022アジアパラ競技大会

ブラインドサッカー3位決定戦 日本vsタイ。PK戦で敗れメダルには届かなかった

杭州2022アジアパラ競技大会

パラバドミントン男子シングルスWH2(車イス)梶原大暉選手。2020年東京パラリンピック、2022年東京世界選手権に続き、金メダルに輝いた

杭州2022アジアパラ競技大会

パラバドミントン女子シングルスWH1(車イス)で金メダルを獲得した里見紗李奈選手。試合後に笑顔でカメラ目線

杭州2022アジアパラ競技大会

パラバドミントン男子シングルス(SU5)でベスト8に進出した今井大湧選手。いつも熱戦を繰り広げてくれる

杭州2022アジアパラ競技大会

ゴールボール女子決勝 日本vs中国。惜しくも5-0で銀メダル。ゴールボールは視覚に障害のある選手全員がアイシェード(目隠し)して、鈴の入ったボールを投げ合ってゴールを決める、または守る競技。ゴールボール日本代表(男女)の名称は『オリオンJAPAN』!!

杭州2022アジアパラ競技大会

ゴールボール女子決勝 日本vs中国。ゴールを守る高橋利恵子選手

杭州2022アジアパラ競技大会

ゴールボール男子決勝 日本vs中国。強烈なシュートを放つ金子和也選手

杭州2022アジアパラ競技大会

ゴールボール男子決勝 日本vs中国。必死にゴールを守ったが、9-3で敗れて銀メダルに終った

杭州2022アジアパラ競技大会

射撃・R5(10mエアライフル伏射混合SH2)に出場した瀬賀亜希子選手

杭州2022アジアパラ競技大会

女子100m平泳ぎ(SB8)で金メダル獲得し、会心のガッツポーズをみせた福田果音選手

杭州2022アジアパラ競技大会

表彰式後、声援に応える鈴木孝幸選手と田中映伍選手

杭州2022アジアパラ競技大会

競泳最終種目混合4×100mメドレーリレーの表彰式後、皆で仲良く記念撮影

杭州2022アジアパラ競技大会

閉会式で旗手を務めたのは競泳2冠の木下あいら選手

杭州2022アジアパラ競技大会

2020東京パラリンピック閉会式で流れた映像。パリパラリンピックは2024年8月28日から9月8日の期間に開催される

フォトグラファー・中村博之

中村博之(なかむら・ひろゆき)/1977年生まれ、福岡県出身。1999年スポーツフォトエージェンシー『フォート・キシモト』に入社。2011年フリーランスとして活動を始める。オリンピックは夏季冬季合わせて10大会を取材。世界水泳選手権は2005年モントリオール大会から取材中。2015年FINA世界水泳選手権カザン大会より、世界水泳連盟のオフィシャルフォトグラファーを担当。国際スポーツプレス協会会員(A.I.P.S.)/日本スポーツプレス協会会員(A.J.P.S.)。

Instagram:@picsport_japan

X:@picsport_jpn

撮影・文/中村博之

Share

関連記事:

Share