ベッドの上でできる!寝起きの腰のだるさをストレッチで解消。
超シンプルHIITで食べ過ぎをリセット!
ダイエッターにおすすめの焼き鳥10本。
公園&階段を活用したHIITで全身の脂肪を燃やす。
筋トレ後のストレッチはこの3種目を!
自律神経に働きかけ、リラックスを促すヨガポーズ。
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
  • 公開:

【ランナー・川内優輝】フォトグラファーを魅了する“記憶に残る走り”|View of PICSPORT

川内優輝選手

連載「View of PICSPORT -フォトグラファーが見たアスリートの肖像-」。長年、さまざまな競技で取材を続けるスポーツフォトグラファー、岸本勉さん、中村博之さんが写真を通じて、“アスリートの素顔”に迫る。第六回は岸本勉さんが捉えた【ランナー・川内優輝選手】。

走っている時の表情やレース直後のぶっ倒れる姿、もちろん彼が発する言葉も面白く、魅了された

2023年秋、ベルリンマラソンではキプチョゲ(ケニア)が2年連続6回目の優勝を果たした。その2週間後、キプトゥム(ケニア)はシカゴマラソンで2時間0分35秒という世界記録で優勝。男子マラソンは2時間切り時代に突入目前なのだ。

しかし記録だけじゃない、記憶に残る走りをするランナーがいる。公務員ランナーからプロランナーになった現状打破でお馴染みの川内優輝である。

2012年の東京マラソンにおいて川内は失速した。結果は14位と振るわず、ロンドンオリンピック出場は遠のいた。レース後の記者会見が終わると深々と一礼をする川内がいた。そしてその翌日、川内は応援してくれた人への誠意を見せるため頭を丸めて記者の前に現れた。

丸刈りにすることが良いか悪いかの話ではないが、ビジュアル的にもキャラ的にも、フォトグラファーの筆者にとってこの選手は今でいう「推し」が決定的になった瞬間だった。

それ以降、事あるごとに川内選手を撮りに出かけた。

走っている時の表情やレース直後のぶっ倒れる姿、もちろん彼が発する言葉も面白く魅了された。2016年の福岡国際マラソンではこちらが想定している以上に全てを出し切ってぶっ倒れた。1人で立ち上がれないくらい全てを出し切っていた。必ずしもその一連のアクションが良い成績になるとは限らないのだが、撮っていて本当に楽しかった。

私生活では同じランナーの(水口)侑子さんと結婚、現在は1児の父になった川内選手。まだまだプロランナーとして活躍をしている。また近いうちに、あの苦悶の表情で走る姿やレース後の笑顔を撮りに行くつもりだ。

川内優輝選手

2012年2月26日 東京マラソンで14位と惨敗した川内は会見終わりに深々と一礼

川内優輝選手

2013年4月28日 織田記念陸上にて苦悶の表情で走る

川内優輝選手

2014年10月3日 仁川アジア大会、マラソンに出場し銅メダルを獲得

川内優輝選手

2015年12月7日 競技場内に設置されたモニターに映る福岡国際マラソンに出場した川内

川内優輝選手

2016年3月6日 びわ湖毎日マラソンのスタート直前、入念なストレッチを行う川内

川内優輝選手

2016年3月6日 レース後にぶっ倒れた川内 びわ湖毎日マラソンにて

川内優輝選手

2016年3月6日 関係者に抱えられて会場を後にする常に全力疾走の川内

川内優輝選手

2017年5月28日 ゲストランナーとして河北新報錦秋湖マラソンに出場 レース前のアップ

川内優輝選手

2017年5月28日 多くの市民ランナーに囲まれてスタート 河北新報錦秋湖マラソン

川内優輝選手

2017年5月28日 レース後に田舎の冷えた水で喉を潤す川内

川内優輝選手

2017年5月28日 ファンからの求めに応じて色紙には「現状打破」

川内優輝選手

2017年7月6日 ゴールドコーストマラソン(AUS)の記者会見に遅れ、ホテル内の会見場へ全力疾走

川内優輝選手

2017年7月6日 レースの前夜祭でファンらと記念撮影をする川内

川内優輝選手

2017年7月7日 ゴールドコーストマラソン(AUS)スタートラインに立つ川内 海外レースでは「埼玉県庁」が英語表記に

川内優輝選手

2017年7月7日 ゴールドコーストの強い日差しの中、歯を食いしばってゴール

川内優輝選手

2017年7月7日 レースを走り終え、充実した表情で記者の問いに答える

川内優輝選手

2017年7月7日 レース後にビーチを裸足でクールダウンする川内

川内優輝選手

2017年7月7日 レース出場から数時間、公務員ランナーだった川内はオーストラリアから帰国の途に

川内優輝選手

2017年8月6日 世界陸上ロンドン大会のレース後に記念撮影 ダイナミックな走りとは裏腹にシャイな表情を見せた

川内優輝選手

2019年10月3日 世界陸上ドーハ大会で履くアシックス社製のシューズを見つめる

川内優輝選手

2019年10月5日 蒸し風呂のような暑さのドーハ、真夜中にスタートするも結果振るわずこの表情

川内優輝選手

2021年1月31日 妻・侑子も出場した大阪国際女子マラソンではペースメーカーを務め、一山麻緒(ワコール)、前田穂南(天満屋)らを先導した

川内優輝選手

2021年1月31日 コロナ禍ということもあり、レース終了後にはフェイスシールドでコロナ感染予防対策する川内

フォトグラファー・岸本勉

岸本勉(きしもと・つとむ)/1969年生まれ、東京都出身。10年余りスタッフフォトグラファーとして国内外の様々なスポーツイベントを撮影。2003年に独立、「PICSPORT(ピクスポルト)」を設立。オリンピックは夏季冬季合わせて14大会、FIFAワールドカップは8大会、ほか国内外問わず様々なスポーツイベントを取材。2015年FINA世界水泳選手権カザン大会より、オフィシャルFINAフォトグラファーを担当。国際スポーツプレス協会会員(A.I.P.S.)/日本スポーツプレス協会会員(A.J.P.S.)

Instagram:@picsport_japan

X:@picsport_jpn

撮影・文/岸本勉

Share

関連記事:

Share