「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
妊娠中にできる運動は?
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
背中を広く厚くするなら、ロウイングがおすすめ。
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:真鰯のベッカフィーコ

真鰯のベッカフィーコ

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈ダイタリア〉オーナーシェフ・佐藤大介さんに教えてもらった「真鰯のベッカフィーコ」。

〈ダイタリア〉 オーナーシェフ 佐藤大介さん 筋肉レシピ

佐藤大介さん

教えてくれた人

〈ダイタリア〉オーナーシェフ。学生時代にJリーグユースに属した後、プロの選手に。引退後イタリアを巡り、帰国して料理の道へ。26歳で独立。2019年にイタリアワインと料理が楽しめる現店開店。

元プロのサッカー選手だった〈ダイタリア〉の佐藤大介さん。“ワインが飲みたくなる高タンパクイタリアン”、今回は食欲の秋!も満足間違いなしの活力メシ

旬の脂が乗ったイワシに炒ったパン粉、レーズン、ナッツなどの詰め物をして焼いたベッカフィーコは、シチリアの郷土料理。「本来は前菜ですが、通常の倍くらいの詰め物をして豪快に」。

真鰯のベッカフィーコ

真鰯のベッカフィーコ

※栄養成分は1人分で計算

材料(2人分)

  • 真鰯(手開きするか、開いた状態で)… 4枚
  • A
    • 乾燥パン粉…3/4カップ(30g)
    • ケッパー…適量
    • オリーブ(種なし)…5粒程度
    • アーモンド…10粒程度
    • 干しブドウ…大さじ1強
    • バジル(フレッシュ)…2〜3枚
    • オレガノ(乾燥)…適量
    • オリーブオイル…少々
  • 塩・コショウ…各適量
  • オレンジ…1/4個(搾る。皮はみじん切り)+飾り用1/4個(薄切りに)
  • ルッコラ(ちぎる)…適量
  • おいしいオリーブオイル…適量

作り方

  1. 詰め物の材料[A]のケッパー、オリーブ、アーモンド、干しブドウ、バジルをすべてみじん切りにする。
  2. フライパンでAのパン粉を乾炒りする。火を止め、オリーブオイル、1、オレガノ、オレンジの皮を加えてよく混ぜる。塩・コショウで味を調え、搾った果汁を加え混ぜる。4等分にし、それぞれ手で軽く握って俵形にする。
  3. 鰯は1枚ずつ皮面を下にして置き、頭側に俵形にした2を1つずつ乗せる。4枚とも尾に向かって巻き、楊枝で留める(冷蔵庫に1日置いてなじませても)。
  4. 3においしいオリーブオイルをかけ、塩を振る。250℃に温めたオーブンに入れて約10分焼く(230℃に温めたオーブントースターでは約12〜14分)。
  5. 皿に飾り用オレンジ、ルッコラを敷き、4を盛る。

ポイント

真鰯のベッカフィーコ  調理のポイント

真鰯1枚ずつに詰め物を乗せ、くるくる巻く。尾を立てるように爪楊枝を刺そう。

栄養ポイントはココ!

イワシは魚の中でも筋肉の合成や免疫力の保持に役立つビタミンDが豊富。また、カラダにいい脂・オメガ3系、特に血管を健康にし、中性脂肪を下げる効果が高いとされるEPAが多く、血管の健康、脂質対策にもおすすめ。 by 管理栄養士 河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.865・2023年9月21日発売

Share

関連記事:

Share