リモートワークで落ちた筋肉を劇的に復活させる下半身トレ。
親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
妊娠中にできる運動は?
姿勢の土台、足裏を整えよう。
お風呂タイムを活用してカロリー消費!
週2日の筋トレで腕は太くなる。
痩せを取り巻く7つの危険信号とは?
  • 公開:

自分の「睡眠の質」を読み解く、2つのツールを試してみた

ブレインスリープ コイン

新年度が始まる4月こそ、自分の睡眠と向き合いたい。企業向けの健康経営サービス「睡眠偏差値for Biz」と、個人で使用できる「ブレインスリープ コイン」。2つのツールを試してみた。

自分の「睡眠の質」を知るために、2つのツールを試してみた

「日本国民の約半数は睡眠に問題を抱えている」

これは枕で有名な〈ブレインスリープ〉が今年行った調査結果。さらに睡眠の質の悪化は仕事のパフォーマンスダウンに直結し、その経済損失額、1人当たり年間平均で約76万円! 自分がちゃんと寝られているか気になるはず。

そこで試したいのが2つのツールだ。まずは企業の健康経営サービスで全国1万人を対象にした調査『睡眠偏差値for Biz』。

15分程度のアンケートに答えれば、睡眠の質や仕事の生産性、ストレスなどを分析。データベースとなる1万人と比べた自分の順位や偏差値を知ることができる。

サイト&アプリで睡眠を多角的に評価

睡眠偏差値for Biz

平均7時間睡眠のライター・ヤマナシが『睡眠偏差値for Biz』に挑戦。結果は偏差値46.9と低めで愕然。

もう一つはスマホアプリ『ブレインスリープ コイン』。

起動したまま眠ると入眠までの時間や中途覚醒の回数を感知し、睡眠の質を点数化してくれる。別売りの専用デバイスを使えば寝返りの回数や、寝付きと密接な関係がある寝床内温度なども計測できる。

ブレインスリープ コイン
ブレインスリープ コイン

〈ブレインスリープ〉が開発したデバイス。就寝前に服に装着し、スマホとBluetooth接続すれば、睡眠時の姿勢や寝返り回数、寝床内温度などを計測できる。公式サイトで購入可能。8,800円。WEBサイト

睡眠偏差値for Biz

『ブレインスリープ コイン』を試したところ、中途覚醒が多いことがわかった(画像左)。ちなみに担当編集はすこぶる快眠(画像右)。僕も精進します!

新年度のパフォーマンスアップを目指して、まずは自分の睡眠と向き合ってみては?

取材・文/山梨幸輝

初出『Tarzan』No.854・2023年4月6日発売

Share

関連記事:

Share