デスクでできるながら筋トレで体幹を活性化。
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
筋トレ後のストレッチはこの3種目を!
筋肉を刺激して、むくみを解消せよ!
痩せたいけど運動嫌い? なら“1日5分”の筋トレを。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
肩こり・腰痛改善のための「ゆったり太極拳」
  • 公開:

具材もスープも赤で徹底【心臓を整える薬膳鍋レシピ】

心臓を整える薬膳 鍋

3000年ほど前に中国で生まれた食事の療法である薬膳は、内臓と季節、食べ物がそれぞれ密接につながっている。食べ物は薬である、という“薬食同源”の考え方をベースに季節や臓器に合わせた食材選びで体調を整えよう。今回は薬膳料理家のパン・ウェイさん考案の、心臓を元気にする鍋料理と一品料理のレシピを紹介!

Share

薬膳料理家 パン・ウェイ先生

パン・ウェイ先生

教えてくれた人

薬膳料理家。北京生まれ。中国に代々伝わる家庭薬膳を継承。東京・代々木公園で料理教室も主催する。テレビの料理番組の出演や薬膳に関する著書も多数。

赤い野菜と豚肉の鍋

心臓を整える薬膳 鍋

ナツメ、ビーツなどはインターネットの通信販売などで手に入れることができる。

材料(2人分)

  • 豚バラ肉(スライス)…200g
  • ミニトマト…7個
  • ナツメ…7個
  • ニンジン…1本
  • ビーツ(パック入りのもの)…100g
  • トマトジュース…200mL
  • 水…150mL
  • 料理酒…大さじ2
  • クコの実(水で戻す)…大さじ3

[タレ]

    • アーモンド…24粒(粗みじん切り)
    • 梅肉…大さじ1と1/3
    • 米酢…大さじ2
    • ポン酢…大さじ2と1/2
    • ハチミツ…大さじ2

作り方

  1. 豚肉を食べやすい大きさに切り、料理酒を振りかける。ヘタを取ったミニトマトとナツメを豚肉で巻く。ニンジンは皮付きのままスライサーで薄切りにする。ビーツは薄い輪切りにする。
  2. ボウルにタレの材料を入れてよく混ぜ合わせる。
  3. 鍋底に1のニンジンを敷き、豚肉を巻いたトマトとナツメ、トマトジュース、水、ビーツ、クコの実を入れる。ときどきアクを取りながら、肉に火が通るまで中火で煮る。

ニガウリの豚肉甘辛炒めのせ

心臓を整える薬膳 鍋

ニガウリのワタは栄養豊富なので捨てない。苦みはタンパク質とともに調理すると緩和。

材料(2人分)

  • ニガウリ…150g
  • 豚バラ肉…200g
  • ニンニク(みじん切り)…大さじ1
  • サラダ油…小さじ2

[合わせ調味料]

    • 甜麵醬…大さじ1
    • 豆板醬…小さじ1
    • 料理酒…大さじ1
    • 砂糖…小さじ1
    • 鶏がらスープの素…小さじ2/3

作り方

  1. ニガウリを縦半分に切って種を取り、スライスする。半量のサラダ油をひいたフライパンで炒め、色が鮮やかに変わったら取り出して皿に並べる。
  2. ボウルに合わせ調味料の材料を入れて混ぜ合わせる。
  3. 残りのサラダ油をフライパンに足してニンニクを炒める。香りが出たら3cmの長さに切った豚肉を入れてさらに炒める。肉の色が変わったら2を加えてしっかり混ぜ炒め、1の皿に盛る。

取材・文/高橋環 撮影/谷尚樹 スタイリスト/矢口紀子 編集/阿部優子

初出『Tarzan』No.847・2022年12月15日発売

関連記事:

Share