筋肉を刺激して、むくみを解消せよ!
筋肉に効く、ゆっくり下ろす「エキセン」って?
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
内臓脂肪を減らす「油カット」10個のアイデア。
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
自宅でできる、排便うながしエクササイズで便秘解消!
  • 公開:

スクワットで「作用反作用」を利用すべきタイミングは?

作用反作用の法則 ストレングス学園

カラダ作りに関する知識を深める「ストレングス学園」。運動の法則シリーズの最終回では「作用反作用の法則」を学んでトレーニングへの知見を深めよう。

問1. 垂直ジャンプで、作用反作用が働くのは何の動作によるか

  1. 伸展
  2. 屈曲

3種に分類される運動の法則は、スポーツバイオメカニクスの理解には欠かせない概念だ。このうち第3法則とは、“ある物体からもうひとつの物体に力が働くとき(=作用)、その力は同じ大きさで反対方向へと働く(=反作用)”と定義されるものだ。

例えばヒトが歩行運動で地面に力を加えるとき、地面から足裏には反対方向に等しい力がかかる(これを反力という)。

また垂直ジャンプの場合では、股関節、膝、足首を屈曲させていったんカラダを沈めてから、関節の回転運動、つまり伸展によって地面に大きな力をかける(=作用)。すると足裏には地面からの力が加わり(=反作用)、この反力がカラダにかかる重力を上回ることでジャンプができるというわけだ。

よって答えは①伸展

作用反作用の法則 ストレングス学園

関節の伸展で地面に力が加わり、その反作用によって垂直にジャンプする。このとき重心が偏ると、力の向きが斜めになって反作用も真上に働かず、跳躍力が十分に発揮されない。

重力に逆らってカラダを上方向へ上げる目的においては、足裏をなるべく均等に使って地面への力をフラットに加えることも重要。カラダの重心が前後にブレると作用反作用のベクトルが垂直線上からズレて、力のロスにつながるためだ。

問2. スクワットで、作用反作用を利用すべきタイミングは?

  1. しゃがむとき
  2. 立ち上がるとき

作用反作用の法則 ストレングス学園

スクワットは作用反作用を応用すべき種目のひとつだ。問いの解答を先に明かすと、注力すべきはしゃがんだ姿勢から立ち上がる答え②の動作にある。トレーニング効果を上げるポイントとともに、詳しく解説しよう。

まず1つ目のコツは、足裏に均等な力を加えて地面を強く押すこと。カラダの重心がブレると作用反作用の力が垂直に働かず、重力に逆らって筋肉を最大限に稼働させて強化する妨げになる。

また立ち上がる動きは前項の垂直ジャンプ同様、関節の伸展動作によって行われるが、特に意識すべきはカラダの中心部に最も近い股関節。大きなパワーを発揮する尻の大臀筋をやや早めに収縮させることで、膝をメインに使った伸展動作によるケガのリスクを防ぐことができる。

ちなみに歩く・走る動作にも作用反作用の力が働くが、斜め方向である点において異なる。下図を参照すると、素早い加速には横向きの水平方向へ、より大きな力を必要とすることが分かるだろう。

作用反作用の法則 ストレングス学園

ヒトが走るときに足で地面を押すと、「地面反力」と呼ばれる逆向きの力がカラダに伝わる。このとき作用反作用は斜め方向に働いているため、地面反力は縦の「鉛直方向」、横の「水平方向」に分けて考えられる。

取材・文/オカモトノブコ イラストレーション/モリタクマ 監修/齊藤邦秀(ウェルネススポーツ代表)

初出『Tarzan』No.845・2022年11月2日発売

Share

関連記事:

Share