効率よく脂肪燃焼するためのバイクマシン攻略法。
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
ダイエッターにおすすめの焼き鳥10本。
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
タンパク質補給は筋トレの前と後、どちらがよい?
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
膝に違和感を感じたら。やわらかい膝を手に入れる
痩せたいけど運動嫌い? なら“1日5分”の筋トレを。
  • 公開:

見えにくくなるだけじゃない! 瞼が垂れ下がる「眼瞼下垂」にご用心【加齢のトリセツ】

眼瞼下垂

本人はてっきり老眼が進んだだけだと思っていたら、上瞼がしわしわに垂れていた、などという中高年はどこにでもいる。

上瞼が垂れ下がると老けて見られがちだが、視野に影響する眼瞼下垂は専門医を受診すべし。原因が瞼ではなく、生死に関わる大事が進行している可能性もある。実は瞼は要注意部位だ。

Share

瞼の老化を注視すべし

このごろ上の方の視野が狭くなり、見えにくい。上瞼が重く感じる。見ようとすると、つい顎を上げ、額に力が入り、眉毛も上がりがちになり頭痛や肩こりが増えた。人から眠そうに見えると指摘されたが、特に眠気が強いわけではない。

けれど鏡を見ると、確かに昔より上瞼が下がり、眠そうに見える。そんな自覚のある人は眼瞼下垂(がんけいかすい)になっている可能性がある。

瞼はカラダの奥深いところで起きている重大な変化をモニターできる可能性のある部位だ。日ごろ化粧の習慣がない男性も、注視しておいて損はないだろう。

瞼は眼瞼挙筋、ミュラー筋、そして額を走る前頭筋によって見開かれる 説明 イラスト

瞼は眼瞼挙筋、ミュラー筋、そして額を走る前頭筋によって見開かれる。驚いたり興奮した瞬間、反射的に目が大きく開くのは交感神経の支配下にあるミュラー筋が収縮するため。

上の図を見てほしい。眼瞼挙筋の先端にある腱膜が、瞼の内部の瞼板という軟骨のような組織の前面につながっている。この筋肉は動眼神経という神経の支配下にある。

また、腱膜の裏にはミュラー筋という、瞼を動かすもう一つの筋肉があり、瞼板の上の縁につながっている。この筋肉は交感神経の支配下にある。

目が開くのは、これらの筋肉が縮み瞼板を引き上げるから。だが、これらの連結が緩くなったり筋肉が傷んで薄くなる神経に麻痺が生じるなどして、眼瞼挙筋が頑張っても上瞼は上がりにくくなることがある。これが眼瞼下垂だ。

眼瞼下垂の指標

医療機関で眼瞼下垂の程度を診断する際に測定する数値の一つがMRD-1(marginal reflex distance-1)で、訳すと上眼瞼瞼縁中央―瞳孔角膜反射距離。これはリラックスしたときの上瞼の縁と瞳孔中心までの距離だ。

医療機関で眼瞼下垂の程度を診断する際に測定する数値 MRD-1(marginal reflex distance-1)

正常
医療機関で眼瞼下垂の程度を診断する際に測定する数値 MRD-1(marginal reflex distance-1) イラスト

MRD-1:2.7~5.5mm

上瞼の縁が瞳孔の上端に接するが、実質的な視野障害はまだない。

軽度下垂
医療機関で眼瞼下垂の程度を診断する際に測定する数値 MRD-1(marginal reflex distance-1) イラスト

MRD-1:1.5~2.7mm

上瞼の縁がまだ瞳孔を塞いでいないので視野障害はない。

中等度下垂
医療機関で眼瞼下垂の程度を診断する際に測定する数値 MRD-1(marginal reflex distance-1) イラスト

MRD-1:-0.5~1.5mm

上瞼の縁が瞳孔の中心に達するまでは中央の視野は保たれる。中心を過ぎるとMRD-1はマイナスとなり、視野障害が進む。

重度下垂
医療機関で眼瞼下垂の程度を診断する際に測定する数値 MRD-1(marginal reflex distance-1) イラスト

MRD-1:-0.5mm以下

上瞼の縁が瞳孔の中心より下がり、視野の中央が欠けるのを何とかして見ようとする結果、顎を上げて見始める。不定愁訴も表れ始める。

放置してもいいことはない

眼瞼下垂は放置しても失明しないが、先に述べたように頭痛肩こりをはじめ多彩な不定愁訴をもたらしうる。放置して治ることはなく、悪化するだけだ。

また、ミュラー筋の酷使は体内を交感神経優位にするという説も一部にある。かくして血圧、心拍数が上がり、カラダはストレスフルな状態に陥る。

眼瞼下垂には先天性と後天性があり、先天性は乳幼児の疾患なのでひとまず置く。成人の多くが罹るのは退縮性(加齢性)眼瞼下垂。こちらは社会の高齢化に伴い少しずつ増えつつある。

また、コンタクトレンズを長年使用してきた人に生じやすい。これはレンズを外す際に目尻を側方に引っ張る動作が、腱膜と瞼板を連結する線維を切断するからだろうと考えられている。予防としてはレンズを外す際、専用のスポイトを用いるといいだろう。

目元の化粧もリスクだ。つけまつげエクステンションは余計な重量を上瞼にかけ、眼瞼挙筋の負担に。濃く塗ればマスカラも問題だ。化粧の際や落とす際、目元を強く擦るのも当然NGとなる。その他、よく見られる事例として、白内障や緑内障の手術後に眼瞼下垂を生じる人もいる。

眼瞼下垂との関係が疑われてきた因子
  • 加齢
  • 外傷
  • 目元へのメイク
  • コンタクトレンズの長期使用(特にハードレンズ)
  • かゆみから目元を擦る習慣
  • 白内障・緑内障の手術後
  • 重症筋無力症
  • 動眼神経麻痺

脳動脈瘤が破裂すればくも膜下出血にも!?

一方、発症時期を自覚できる急な眼瞼下垂は、別の危険な疾患が隠れている可能性がある。夕方、あるいは入浴や運動後に生じる眼瞼下垂は、重症筋無力症の始まりである可能性がある。

増加を続けている重症筋無力症
増加を続けている重症筋無力症 グラフ 『標準的神経治療:高齢発症重症筋無力症』

若年層の一部を除きほぼ全年代で患者は増加した。特に50歳以上の高齢発症は全患者数の3割から4割以上に急増した。出典/『標準的神経治療:高齢発症重症筋無力症』(日本神経治療学会治療指針作成委員会)

これはわが国の指定難病の一つで推定患者数は約3万人。中高年の男女に多い疾患で、罹患すると神経と筋肉の接続部が免疫反応で障害されるため筋力が低下し、少し動いただけでも疲れやすくなったり物が2つに見えるなどの症状が表れる。全身に広がると呼吸困難に陥ることもある。

眼球と瞼の動きを司る動眼神経に麻痺が起きて上瞼が下がり、眼球が外を向く外斜視になることがある。糖尿病の合併症によることもあるが、一番危険なのは脳動脈瘤による動眼神経の圧迫だ。頭痛を生じ、くも膜下出血で生命を落とす可能性さえある。

肺がんや悪性リンパ腫の影響で眼瞼下垂を生じることもある。

決して見逃せない異変はこれだ!
眼瞼下垂 見逃せない異変

瞼が垂れ下がるだけでなく、片方の目が外側を向く外斜視になり、瞳孔が開いて大きくなったら最も危険な脳動脈瘤性動眼神経麻痺を起こしている可能性がある!

上瞼の垂れを感じたら専門医へ

一方、皮膚のたるみを招く加齢自体もリスクだ。実際に眼瞼挙筋に問題がなくても、たるみによって上瞼が垂れ下がること(偽眼瞼下垂)も退縮性眼瞼下垂と同様の不便、不快をもたらす。

放っておいて治ることはないので、眼瞼下垂の疑いを抱いたら専門医の診察、治療を受けるしかない。眼瞼挙筋やミュラー筋に緩みが生じているなら、挙筋短縮術など緩みを取る手術がある。皮膚がたるんでいれば、併せて切除術も受けられる。

挙筋短縮術では眼瞼挙筋の機能回復を十分に期待できない場合、患者の大腿部から採取した筋膜を使って、前頭筋(額を走る筋肉で、収縮すると眉毛、上瞼が上がる)と瞼板をつなぐ筋膜吊り上げ術なども行われている。

当たり前だが手術を受ければ容貌は変化するが、病状が進行しすぎる前に済ませた方が変化の度合いは少なくて済む。元の生活と人間関係に戻る際、変化は少ない方が気は楽だろう。

だから、上瞼が垂れ下がってきたら鑑別と早期発見・早期治療のためにも、至急専門医の診察を受けるべきだ。

通常の眼瞼下垂は眼科形成外科などを受診すればよい。だが、動眼神経麻痺は生死に直結する場合があるので、脳神経外科に急行するに限る。

取材・文/廣松正浩 イラストレーション/横田ユキオ 取材協力・監修/根本裕次(日本医科大学眼科非常勤講師)

Share