• 公開:

発酵性食物繊維も十分! 忙しい朝のオートミール定番レシピ「スペシャルボウル」

最近特に注目を浴びているオートミール。管理栄養士、フードプランナーの岸村康代さんそのパワーを教えてもらった。簡単に作れる「発酵性スペシャルボウル」のレシピも紹介!

Share

オートミールのここがスゴイ!

「オートミールは白米と比べ、1食分当たりの糖質が3分の1でカロリーは半分。その原料となるオーツ麦には発酵性食物繊維β-グルカンが多く含まれ、鉄分、ビタミンB群も豊富。腸内環境を整えるのに適しています。

一日のうち1食をオートミールに置き換えたら10日前後でダイエットできた例もあり、続けることで効果を実感しやすい食材です。

食べにくいイメージがありますが、近年はシリアル風にアレンジされていたり、お湯を注ぐだけの即席タイプも。無理なく毎日の習慣にできるようになってきました」(管理栄養士、フードプランナーの岸村康代さん )

朝食におすすめ! 混ぜるだけの簡単レシピ

岸村さんが提案するのは、1日に摂りたい発酵性食物繊維(7g)の約半分が摂れるキウイフルーツ入りのスペシャルボウル。混ぜ合わせるだけなので簡単だし、忙しい朝でも作れるのが嬉しい。オートミールはスイーツアレンジが人気。

オートミールの発酵性スペシャルボウルの作り方

管理栄養士おすすめオートミールレシピ

材料

  • オートミール…40g
  • 小麦ブラン…10g
  • ヨーグルト…150g
  • キウイフルーツ…1個
  • はちみつ(お好みで)…適量(10g程度)

作り方

  1. キウイフルーツは皮を剝いてざく切りにする。
  2. ヨーグルトにオートミール、小麦ブランを混ぜ、1とお好みではちみつをかけ、混ぜながらいただく
使ったのはこれ
日食プレミアム ピュア オートミール

日食プレミアム ピュア オートミール/国内工場で特殊焙煎した、クセのないそのままでもおいしいオートミール。牛乳やヨーグルトをかけて朝食にしたり、パンやケーキの原材料にも。340g入り378円。問い合わせ先/日本食品製造 tel. 0120-249-714。

取材・文/黒田 創 撮影/小川朋央 監修/岸村康代(管理栄養士、フードプランナー)

初出『Tarzan』No.817・2021年8月26日発売

Share