• 特集「腸のチカラ」。8月26日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.817)
CONDITIONING
2021.08.24

特集「腸のチカラ」。8月26日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.817)

雑誌『ターザン』817号

『ターザン』817号(2021年8月26日発売)の特集は「腸のチカラ」。決定版・食事とエクササイズで、腸を整える。整えて、鍛えて、強いカラダに! フリーアナウンサー・新井恵理那さんの表紙が目印です。

購入はこちらから。

腸を整えることはカラダにいいことだ、というのは分かっているけど、実感できるトラブルを抱えていなければ、そう気にしていない人も多いだろう。

でも、それが運動筋トレの効果、果ては日々のビジネスパフォーマンスにも影響を及ぼしていると分かったらどう思うだろうか。さらには、いまの自分の食生活が子供だけでなく、孫の代まで関係してくるかもしれないと知ったらどうだろうか。

今回の腸特集は、日進月歩で進化する腸研究の最前線レポートからスタートして、アスリートのウンチ研究で解き明かされた運動と腸との関係、腸内環境界のニューカマーとして注目の発酵性食物繊維などをフィーチャー。

腸を整えて、鍛えるエクササイズとしては、運動不足解消、腰痛対策、そして腹割にも繋がる、3種類の一石二”腸”トレを紹介。

ほかにも、「腸はすべてを司る宇宙だ」と答えてくれた窪塚洋介さんインタビューや、ドリンク&ヨーグルト商品から導く菌図鑑、最新の腸内細菌検査体験なども掲載。

表紙を飾ってくれたフリーアナウンサーの新井恵理那さんには、ストレッチと呼吸で腸の位置を正す「YumiCoreBodyメソッド」にトライしてもらった。

あなたの乱れた腸環境を、内と外の両面から、整えて、鍛えて、強くする一冊。

腸からカラダを整える!

1/20
雑誌『ターザン』817号の誌面
腸に棲まう「腸内細菌たち」は、あなたの健康状態をコントロールしている。例えばここで挙げた8つの条件。1つでも当てはまるならば、腸内環境が乱れている可能性が高い。(本誌P10掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
いまや健康な人とそうでない人、海外の人と日本の人といった“横軸”だけでなく、親世代、そのまた親世代と“縦軸”で腸内環境を比較する段階に。「腸研究」の最前線を知っておこう!(本誌P12掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
運動と腸の関係は? 腸内環境の全容解明を目指す研究者の福田真嗣さんと、元アスリートで750人以上の一流選手の便を分析する鈴木啓太さん。二人が「運動と腸」を語り合った。(本誌P16掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
腸の不調の改善には運動が効果的。でも腸のためにだけに継続するのはハードルが高い。そこで提案するのが、運動不足解消、腰痛解消など、他の目的と組み合わせた「一石二腸」トレ!(本誌P24掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
近年、腸内環境改善の注目株として脚光を浴びているのが「発酵性食物繊維」。その特徴や朝食での置き換えメソッドを紹介。まずは毎日の食事に取り入れることからスタートしよう。(本誌P30掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
売り場やCMなどで目にする「菌の名前」。それぞれに、どんな特長があるのか、まとめてみた。「菌を知り、菌で選ぶドリンク&ヨーグルト図鑑」で能動的にチョイスしよう。(本誌P36掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
『窪塚洋介・腸活インタビュー』も特別掲載! 自分の思うままに自由に生きてきた彼が、信じてやまないのが「腸のチカラ」。腸活が世界を変えると確信している。(本誌P40掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
表紙を飾ってくれたフリーアナウンサーの新井恵理那さんには、ストレッチと呼吸で腸の位置を正す「YumiCoreBodyメソッド」にトライしてもらった。起床直後の習慣にしてみよう!(本誌P51掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
“腸活おばけ”の愛称で知られるモデルの加治ひとみさんと、自身のセミナーは毎回腸活論で締めるという有馬康泰トレーナー。腸活達人の二人が、その奥義を語り合う。(本誌P64掲載)
雑誌『ターザン』817号の誌面
「タイプ別・快便メソッド」も収録。便秘の原因は大きく分けて3つ。自分のタイプをチェックして、適したメソッドを行おう。トイレ中の「今このとき」に役立つ方法もお教えします!(本誌P66掲載)

8/26(木)発売・817号の表紙はこちら!

雑誌『ターザン』817号
『ターザン』817号(特別定価650円)

立ち読み動画もどうぞ!

購入はこちらから。

文/編集部

Special