腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
副交感神経を優位に。就寝前の10習慣。
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
週2日の筋トレで腕は太くなる。
ジムで徹底的に美尻を磨き上げる。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
  • 公開:

タンパク質と野菜で「機能的で動けるカラダ」を目指す|いいカラダをキープする食事術

1980年生まれ。アメフト〈富士通フロンティアーズ〉で活躍。日本代表歴5回。引退後ベンチャー企業などを経て〈エグゼクティブサーチファーム〉所属。コンサルタント業に携わる。

ボディメイクのため食事にも気を配りたいけれど、普段は仕事に家事にと忙しい。そこで意識したいのがメリハリ。いいカラダのあの人は、頑張りすぎてないんです。今回の食事術を教えてくれたのは、コンサルタント業に携わる植木大輔さん。

Share

パワーサラダで動けるカラダに。

ボリュームがあって、それでいて無駄のない肉体。元アメフト日本代表で現在コンサルタント業に携わる植木大輔さん。見事なカラダはパワーサラダと週末トレーニングの賜物だ。

「現役時代はデカくて強いカラダを目指していたので肉、肉、肉の毎日でしたが、今の目標は機能的で動けるカラダ。リカバリー力を高める食事を意識しています。適度なタンパク質とたっぷりの野菜を心がけてます」

植木大輔さんの食事例

1/20

DAY_1

植木大輔さんの食事例

基本は1日2食。この日の朝は、1食でタンパク質が31g摂れるパワーサラダ専門店〈HIGH FIVE SALAD〉のサラダにプロテインをプラス。夜は〈オイシックス〉のヘルシーおかずに根菜汁&ご飯。

DAY_2

植木大輔さんの食事例

リモートワークのお昼は、近所のコンビニが鉄板。総菜入りサラダと麺類を選んだ。夜は魚の甘酢ソースがけにたっぷりサラダ、納豆。どんなに忙しくても野菜はしっかり摂るのだ。

とはいえ仕事が忙しいので、平日は食事に神経を使いたくない。簡単調理で野菜やタンパク質をしっかり摂れる食品宅配の〈オイシックス〉を活用したり、主宰するお父さん世代の週末トレーニング団体〈ダディ・パーク・トレーニング〉がサラダ専門店とコラボして作ったパワーサラダを食べたりして、栄養バランスを保つ。

「今は週末の朝だけ鍛えてカラダをキープしています。肉が内臓に負担になってくる世代なので、今後は植物性タンパク質の割合を増やすつもりです」

取材・文/黒田創 撮影/角戸菜摘

初出『Tarzan』No.813・2021年6月24日発売

Share