川本高透米軍消防士・トレーナー
BLOG
トレーニング、楽しんでますか?
BLOG
2021.06.20

ヒップアップが狙える「ながらトレーニング」

みなさんこんにちは。〈FIRE FIT GYM〉の川本です。ここ数日は季節先取りのような暑さが続いていましたが、また梅雨に入るとかで天気が不安定ですね。

天気が崩れると、気分も滅入ってしまうもの。そんな時には短時間でも運動したり、ストレッチをしてみませんか? カラダも心もスッキリしますよ!

今回は、自宅で簡単にできる「ながらトレーニング」をご紹介します。「ながらトレーニング」のメリットは、特別に運動する時間を持たなくても、身体活動の量が増え、消費エネルギーが増えるということ。そして、外出しなくても自宅で気楽に取り組めるということです。

「ながらトレ」をする際のポイント2つ。

① 正しい姿勢で筋肉を動かす

正しい姿勢を意識することで、適切に筋肉に負荷がかかります。そうすると代謝が上がり、痩せやすい体をつくることができますよ。反対に姿勢が悪いと、内臓が圧迫されて血液が滞ったり、深い呼吸ができなかったりとデメリットが生じてしまいます。

ながらということで、姿勢が崩れがちになってしまいますが、ここは是非意識して正しい姿勢をキープしましょう。

② 継続は力なり

継続することで、筋力や柔軟性を高めることができます。また、筋肉を動かす感覚が掴めると、生活の中で無意識にも筋肉を動かすことができ、痩せやすいカラダを作ることができます。

継続するのが苦手という方は、運動量を記録するのもオススメです。目に見えるようにすることで、運動し忘れの防止にもなりますし、モチベーションアップにも繋がりますよ。

お尻を引き締める「ながらトレ」。

このトレーニングは筋肉を鍛えるというよりも、そこにお尻の筋肉があり、動かす感覚を掴むための運動です。

1/20
お尻トレーニング
立った状態で、お尻の穴を締める。
お尻トレーニング
動かすことを20回×3セット行う。

立った状態で、お尻の穴を締めてお尻の筋肉を動かす。この動かすという感覚がついてくると日常生活でもお尻を無意識的にも使えるようになってきます。大抵の人はお尻の筋肉を動かすという感覚がありません。

動かすとお尻についたお肉が落ちやすくなります。ながら運動で20回×3セットを毎日行うとお尻の筋肉が動いてきて、不必要な脂肪が落ちはじめます。

スタンディング・ヒップアブダクション

1/20
スタンディングヒップアクション
立った状態で骨盤の位置を固定して、脚だけで斜め45度後ろに蹴り上げます。
スタンディングヒップアクション
腰を反ったり、捻って動かすと腰の運動になってしまいます。骨盤、腰は固定してお尻の筋肉だけを使います。

最初は左右20回3セットで少しづつ増やしてみてください。


川本高透
米軍消防士・トレーナー
〈FIRE FIT GYM〉経営。自身もトレーナーであり、現役米軍消防士。1日のトレーニングは10分。トレーニングは「巧さ」です。

Special