• 「うつ伏せオープン・クローズ」でおしゃれを楽しむ美尻をつくる|キレイをつくる自宅トレvol.49
WOMAN
2020.10.18

「うつ伏せオープン・クローズ」でおしゃれを楽しむ美尻をつくる|キレイをつくる自宅トレvol.49

うつ伏せオープン・クローズ

「キレイをつくる」をテーマに、自宅でできるさまざまな自体重トレーニングを紹介していく当企画。今回のターゲットは「お尻」です。おしゃれが楽しい秋。デニムにしてもロングスカートにしても、お尻の形が美しければ、後ろ姿がキマります。「自分から見えないからいいや」ではなく、「どうぞ見て!」ぐらいのモチベーションでヒップラインを整えましょう。

脚をできるだけ大きく開く。

今回のトレーニングは「うつ伏せのオープン・クローズ」。

床に仰向けになり、片脚を上げて真横に開くトレーニングです。ポイントは、脚の高さをキープしながら動かすこと。脚を上げることでおと腿裏の付け根が、横に開くことでサイド丸みがスッキリ!

応用編は、同じ動きを両脚で。左右がいっぺんに鍛えられるだけでなく、背中まで刺激が入るため、お尻から腰にかけて美しいバックラインを作ることができます。

基本編:うつ伏せオープン・クローズ(片足)

1/20
うつ伏せオープン・クローズ 基本のやり方 ①
うつ伏せオープン・クローズ 基本のやり方 ②
  1. 床にうつ伏せになり、両手を重ねた上におでこを乗せる。膝を伸ばしたまま、片脚を股関節から上げる。
  2. 脚の高さを変えず、真横に開き、お尻の横を刺激する。開く・閉じるを20回。逆脚も同様に行う。

応用編:うつ伏せオープン・クローズ(両足)

1/20
うつ伏せオープン・クローズ 応用のやり方 ①
うつ伏せオープン・クローズ 応用のやり方 ②
  1. 床にうつ伏せになり、両手を重ねておでこを乗せる。両膝を伸ばした状態で、股関節を軸に両脚を上げる。
  2. 脚の高さをキープしたまま、両脚を大きく開く。これを20回。
教えてくれた人
羽田真弓さん
羽田真弓さん(はた・まゆみ)/1987年生まれ。パーソナルトレーナー。早稲田大学大学院修了。小学校2年生から新体操を始め、高校時代には東北大会個人総合優勝、インターハイ4位、国民体育大会4位などの成績をおさめる。早稲田大学大学院ではコーチングについて学び、新体操指導者として活動。心身の健康について興味を持ち、スポーツ業界へ。西麻布にあるプライベートジム〈デポルターレクラブ〉に所属後、現在は独立。Youtubeチャンネル『羽田ちゃんネル』でもエクササイズ情報を配信中。

取材・文/黒澤祐美 撮影/角戸菜摘

Special