• 旬の鮭・鯖・鰆をヘルシーにいただく。秋魚を茶葉でクイックスモーク
FOOD
2020.10.03

旬の鮭・鯖・鰆をヘルシーにいただく。秋魚を茶葉でクイックスモーク

秋魚のクイックスモーク

ダイエット中も旬の食材を味わうこと。減量効果を高めるにはそれが一番だ。さあ試そう、超・簡単クッキング! 今回は、秋魚のクイックスモークです。

余計な油を使わず、香りで味わう。

自分で作るのはハードルが高いイメージの燻製だけど、実は鍋ひとつで簡単にできる。専用の燻製チップも必要なし。使うのは、スーパーやコンビニのお茶コーナーに売られているほうじ茶の茶葉。お茶の種類は烏龍茶や緑茶に替えてもいいし、紅茶のティーバッグの中身を使用してもいい。

ほのかに甘い薫香が鼻を通り抜けると、お腹だけでなくカラダ中が満たされるため、少量でも満足できるのが燻製のいいところ。魚のほかにもうずらの卵、かまぼこ、チーズなども燻製との相性がいい。いつもと違うタンパク質補給として、お試しあれ。

秋魚のクイックスモークの作り方

材料(作りやすい分量)

  • 鮭、鯖、鰆などの切り身…3切れ
  • 塩…魚の1.5%塩分(100gなら1.5g)
  • 茶葉(ほうじ茶、緑茶、烏龍茶、紅茶など好みで)…ひとつかみ
  • ザラメ糖…大さじ2
  • カボス…好みで適量
  • 大根おろし…好みで適量

作り方

  1. 切り身に塩をまぶし、キッチンペーパーで包み冷蔵庫で1時間以上置く。
  2. 切り身よりひとまわり大きく切ったオーブンシートに1を1切れずつ乗せる。
  3. ②(上記の切り身)の入る大きさの鍋を用意し、底にアルミホイルを敷く。その上にほうじ茶とザラメ糖を入れ、軽く混ぜてから底全体に平らにならす。
  4. 強火にかけ、煙が立ってきたら③(茶葉)の上に切り身をオーブンシートごと乗せる。蓋をして弱火にし、20分ほど加熱、火を止めて10分ほど置く。好みでカボスや大根おろしを添える。

ポイント

秋魚のクイックスモーク

底にアルミホイルを敷くことで、鍋の底が汚れないというメリットも。燻製が完了した魚を取り出したら、アルミホイルで茶葉を丸めてポイ。

これで完成!

秋魚のクイックスモーク

栄養にも注目! 脂が乗った秋魚。

脂が乗った高鮮度の魚を堪能するなら今がチャンスだ。秋に脂が乗る代表選手は、100%天然で、流通するすべてが国産という秋刀魚。抗酸化作用のあるアスタキサンチンを多く含み、運動をする人にとっては欠かせない食材である鮭。そして質のいいタンパク質が摂れると注目を集めている鯖も、実は秋が旬。

「旬の食べ物は、旬でないときに比べて栄養価が高いといわれています。とくに魚には血液中の中性脂肪を下げる働きがある必須脂肪酸EPA、DHAが豊富で、脂が乗った今の時期はこれらを効率よく摂ることができます。ただし、脂が多いということはエネルギーも高くなりやすい。そのため、今回は+αの油を使わない燻製やグリル焼きの調理法で余分なエネルギーをカットしました」(管理栄養士の美才治真澄さん)

取材・文/黒澤祐美 撮影/小川朋央 料理・スタイリング・監修/美才治真澄(管理栄養士)

初出『Tarzan』No.795・2020年9月10日発売

Special