痩せたいけど運動嫌い? なら“1日5分”の筋トレを。
運動前後で脱水しないコツは?
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
妊娠中にできる運動は?
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
腹を割るなら食事から!8つのルールを守ろう。
  • 公開:

熱に強い納豆菌を活用した「納豆とモズクのオムレツ」|シンバイオティクスを美味しく実践する #2

シンバイオティクスを美味しく実践するレシピを紹介!

Share
シンバイオティクスとは?

ヨーグルトや味噌などの発酵食品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、いわゆる善玉菌の代表格。カラダに有用とされるこれらの菌そのものを腸まで届けましょうというのが「プロバイオティクス」。

一方、食物繊維やオリゴ糖、レジスタントスターチといった腸内細菌のエサになるルミナコイドを腸まで届け、善玉菌の働きをサポートしましょうというのが「プレバイオティクス」。

で、どうせなら2つを組み合わせて、有用菌とルミナコイドを一緒に摂っちゃいましょうというのが「シンバイオティクス」だ。

熱や胃酸に強い納豆菌を洋食アレンジで腸に届ける。

納豆オムレツを作るときに、冷蔵庫にポツンと余ったモズクがあれば迷わずプラス。モズクの食物繊維の力を借りて、いつものオムレツがシンバイオティクスなひと皿に。

材料(1人分)

納豆とモズクのオムレツ|シンバイオティクス
  • 納豆 [プロ] 1パック
  • 卵 1個
  • モズク(ポン酢醬油味付き)[プレ] 1パック(80g)
  • 青ジソ  3枚
  • ポン酢醬油  小さじ1
  • バター  小さじ1

※材料に示した[プロ]はプロバイオティクス食材、[プレ]はプレバイオティクス食材です。

4ステップで作る「納豆とモズクのオムレツ」

ステップ1. ボウルに卵を溶き、納豆、モズク、ちぎった青ジソ、ポン酢醬油を加えて混ぜる。

納豆とモズクのオムレツ|シンバイオティクス

ステップ2. フッ素樹脂加工のフライパンにバターをひき、ステップ1で混ぜた食材を入れる。

納豆とモズクのオムレツ|シンバイオティクス

ステップ3. 菜箸で大きく数回混ぜる。

納豆とモズクのオムレツ|シンバイオティクス

ステップ4. 卵が半熟状になったら木べらなどを使って折りたたむ。器に青ジソ(分量外)を敷き、オムレツを盛る。

納豆とモズクのオムレツ|シンバイオティクス

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央  スタイリング・料理・栄養監修/美才治真澄

(初出『Tarzan』No.771・2019年8月29日発売)

Share