• 正座できるようになる! 正しい座り姿勢をつくるエクササイズ(2)
CONDITIONING
2019.06.22

正座できるようになる! 正しい座り姿勢をつくるエクササイズ(2)

190611_766_41

日常の生活の悪しきクセ、運動不足などによって姿勢はどんどん崩れてしまう。立ち姿勢と同様に、正しい座り方をマスターすることも必要。毎日のエクササイズを習慣にして、自分の“弱点”を一つひとつ解消していこう。今回は「正座」で座れるようになるエクササイズ。

「正座」に必要なのは太腿と足首の柔軟性。

ニッポン人の基本の座り姿勢はやっぱり正座、なんていうのは今は昔。外国人並みに正座ができないという人、今や珍しくない。

「主な原因は太腿前の大腿四頭筋や足首の関節が硬いということ。逆に正座が苦にならない人は、これらの筋肉や関節の柔軟度が高いと考えられます」(トレーナー・菅原順二さん)

では、なんで硬くなっているのか? それは椅子に座る生活がすっかりスタンダードになったせい。美しい正座姿勢を目指したい人は、こまめに太腿と足首の柔軟性を高めるストレッチを。

「正座」で座るためのエクササイズ(20秒×1セット×毎日)

大腿四頭筋と足首のストレッチ

大腿四頭筋と足首のストレッチ

床に片膝立ちになる。後ろ側の足の甲を同じ側の手で摑み、できるだけお尻方向に引きつける。太腿、股関節、足の甲が同時に伸びる。20秒キープしたら逆側も同様に。

教えてくれた人

菅原順二
菅原順二(すがはら・じゅんじ)/1978年生まれ。パーソナルトレーニングスタジオ〈アランチャ〉代表。ピラティスを主軸に、アスリート、ダンサー、モデルなどのトレーナー指導を行う。

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 取材協力/菅原順二(パーソナルトレーニングスタジオARANCIA代表)(初出『Tarzan』No.766・2019年6月13日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』768号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』768号
雑誌『ターザン』768号