• どこから見てもキレイな肩をつくる5種目 ジムでの徹底追い込みトレーニング
TRAINING
2019.07.22

どこから見てもキレイな肩をつくる5種目 ジムでの徹底追い込みトレーニング

190506_764_11

ジムでウェイトやマシンを使えば、高い負荷をかけてカラダを追い込める。肩をくまなく攻めるジムトレ5種目を紹介! 三角筋が肥大すると上半身にボリューム感が出るし、なで肩を卒業してジャケットやスーツも似合うようになる。

上半身のボリューム感を決める三角筋を徹底強化

逆三体型の頂点を作るのが肩の三角筋。三角筋が肥大すると上半身にボリューム感が出るし、なで肩を卒業してジャケットやスーツも似合うようになる。

大胸筋と同じように、三角筋も前部、中部、後部という3つのパーツに分けられる。各々に特化した種目を織り込むと、肩の仕上がりは一層早まる。

前部、中部、後部を偏りなくトレーニングすると、三角筋に丸みが生まれる。360度どこから見てもキレイな肩を目指そう。

1. ショルダープレス|スミスマシン(8〜10回×3セット)

鼻の前に来る位置にバーをセットして坐る。肘を肩より下げたとき、前腕が床と垂直になる場所でバーをグリップする。肘を伸ばしてバーを押し上げ、元に戻す。

190506_764_96

2. サイドレイズ|ダンベル(8〜10回×3セット)

両手にダンベルを持ち、両足を腰幅に開いて立つ。肩の真下で肘を軽く曲げダンベルを平行に構える。股関節から上体を軽く前に倒し、膝を少し曲げる。肘を軽く曲げたまま、肘を肩の高さまで引き上げ、元に戻す。小指から肘を上げるイメージで行う。

190506_764_97

3. フロントレイズ|ケーブル(8〜10回×3セット)

プーリーをいちばん下まで動かし、ロープを取り付ける。ケーブルを跨いで腰幅で立つ。ロープの両端を握り、肘を軽く曲げて肩の真下で構える。股関節から上体を倒し、膝を軽く曲げる。顎を軽く引く。肘を軽く曲げたまま、ケーブルを引いて手首を肩の高さまで引き上げ、元に戻す。

190506_764_98

4. リアレイズ|マシン(8〜10回×3セット)

坐ったときにグリップが乳頭のラインに来るようにシートの高さを調節。胸パッドに胸をつけてシートに坐る。腕を軽く曲げてグリップを握る。肘を伸ばしたまま、肩の真横で肩甲骨が動かない位置まで弧を描いてグリップを引き寄せ、元に戻す。

190506_764_99

5. ショルダーシュラッグ|バーベル(8〜12回×3セット)

パワーラックのセーフティバーを膝の高さで固定。バーベルを乗せる。バーベルの真下に両足を腰幅に開いて立ち、両手を肩幅に開いてバーベルを握り、まっすぐ立つ。肘を伸ばしたまま肩を耳に近づけるようにバーベルを上げ、元に戻す。

190506_764_00

有酸素運動を組み合わせる。

ジムはトレーニングのテーマパーク。マシンやバーベル、ダンベルだけではなく、カラダを鍛える多種多様な手段が用意されている。

なかでもボディデザインの効果を格上げしてくれるのは、トレッドミルや固定式バイクなどによる有酸素運動(エアロビクス)。運動中に酸素を介して体脂肪を燃やしてくれるから、皮下脂肪をカットして筋肉の存在感が内外に強調される。

どうせ有酸素運動をやるなら、筋トレの後にするべき。ハードな筋トレをすると、脳下垂体から成長ホルモンが分泌される。

成長ホルモンは体脂肪を収めた脂肪細胞に働きかけて、内部の体脂肪を分解する作用がある。だから筋トレ後に有酸素を行うと、分解された体脂肪が消費されやすいのである。


取材・文/井上健二 撮影/山城健朗 スタイリスト/山内省吾 ヘア&メイク/胡桃沢和久(Three Peace) 監修/加藤直之(ゴールドジムアドバンストレーナー) 撮影協力/ゴールドジム原宿東京
(初出『Tarzan』No.764・2019年5月9日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』770号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』770号