• 難攻不落の“皮下脂肪城”は6か月で攻略せよ(1)|まずは基本戦略を知るべし
CONDITIONING
2019.01.22

難攻不落の“皮下脂肪城”は6か月で攻略せよ(1)|まずは基本戦略を知るべし

難攻不落の“皮下脂肪城”は6か月で攻略せよ

皮下脂肪は減らしにくい。皮膚の下にあるこの脂肪は、外からの衝撃を和らげる緩衝材の役割を果たすし、体温を保持する断熱材でもある。カラダにとって重要な防御壁。だから、簡単には減らないシステムになっている。では、どうすればいいか。戦国時代の武将の城攻めのように、じっくりと構えて長期戦で戦うのである。戦略を立てて、じわじわと攻めるのだ。いざ、討たん!

全6か月で皮下脂肪を撃退するための戦略立て

皮下脂肪を減らすにはじっくりと攻めることが必須

まず1か月目は、外堀を埋める。いきなり過酷な戦いを強いると、心が折れる。だから、日常生活の中で楽に行えるようなことを、実践する。ほとんどストレスなく続けて、1~2kgの軽減を目指す。

2~3か月目では、いよいよ城攻めを開始する。1か月目の成果によって士気も上々。少しだけストレスがかかるような物事でも、取り組んでいけるだろう。ここでは2kgの皮下脂肪をやっつける。

そして、4~6か月目には本丸への総攻撃だ。ダイエット戦略を駆使して、理想の体型へと邁進する。2~3kg減が目標。これで脂肪という城は落ちた。あとは、これまで築き上げてきた生活を続ければ、リバウンドも起きない。

この記事では「1か月目」「2〜3か月目」「4〜6か月目」で、それぞれ意識したい基本戦略を記している。具体的な戦い方については、それぞれ別の記事で紹介する。

自分のできそうなことがあったらチェックして実践してみてほしい。やってみて、できなかったら、別の提案を試す。いろいろ試しているうちに、自分に合った痩身術を身につけられるようになる。では始めよう!

1か月目

1. 己を知るべし

彼を知り己を知れば百戦危うからず。孫子の教えである。そのためには、まず体重と体脂肪率を毎日測ることから始める。生活を改善していくなかで、数値が減っていけば、それがモチベーションになる。自分の食事内容を記していくことで、食生活の見直しをすることができる。また毎日鏡を見て、今の自分を確認してみるのもよいだろう。

2. 姿勢を整えよ

いつも楽な姿勢でダラダラ過ごしているようでは、日常の消費カロリーを増やすことはできない。立つ、歩く、座るときに正しい姿勢を身につけることが重要となる。特に意識すべきなのは、通勤時間。この時間を有効に使おう。呼吸法がポイントだ。電車で立ちながらドローインを行えば、体幹が鍛えられて、背すじがピンと伸びるのだ。

3. 貪るな

なぜ太るのか。それは机上の計算ですぐにわかる。日々の活動で消費されるエネルギーよりも、口から摂取するエネルギーのほうが多ければ、当然、皮下脂肪は溜まっていく。だから、食べ物はガツガツ貪らない。適量を食べることを覚えよう。一口30回嚙めば、ゆっくりと食べることができるし、水と野菜を先に食べれば腹は満ちる。実に簡単なのだ。

2〜3か月目

1. 機敏に動け

人間はラクをするために、さまざまな技術を向上させ、現代へと至っている。便利にはなったが、それがカラダにとっては悪影響を与えていることも否めない。戦国時代の人々はよく歩いた、走った。活動量を増やせば、当然エネルギーの消費量も増える。エレベーターよりも、階段を上がる。電車の1駅分ぐらいなら歩く。これだけでもカラダは変わる。

2. 贅沢は敵

皮下脂肪と戦う以上は、贅沢は敵だと思うことが大切。丼物や揚げ物はハイカロリーだから、日常的な食事としてはいただけない。あくまで楽しむための、週に1回の嗜好品としておこう。買い物にも注意する。腹が減っているときに行けば、あれこれ欲しくなる。美味しそうなパン屋やデパ地下には極力行かないようにする。君子危うきに近寄らず。

3. 運動を始めよ

口から入ってくるエネルギーを減らしたときに、ひとつ困ったことが起きる。皮下脂肪が減るとともに、筋肉量も減ってしまうのだ。すると日常で使われるエネルギーが少なくなり、やがて痩せにくくなってしまう。だから、運動を始めることが重要。とくに、脚には大きな筋肉が集まっている。まずはスクワットで、これらの筋肉を鍛えていくのだ。

4〜6か月目

1. 食べ方を変えよ

日々、食べているモノを考察してみよう。無駄な摂取エネルギーを減らすためには、食事のことを深く知っておくことが肝心。どんな食材なら、どんな調理法なら、どんな調味料なら、カロリーをより多くカットできるかを覚えたい。そして、食事のたびに思い出して、献立を考えながら食べていく。そうすれば、知らず知らずのエネルギー過多を防げる。

2. 体力を増やせ

スクワットにプラスして腕立て伏せ、フッキンも行うようにする。ひとつは前述したように日常の消費エネルギーを増やすのが狙い。そして、活動的なカラダになることも目的。全身を鍛えていけば、動いても疲れにくくなる。重い荷物も楽々持てるし、軽々と走れるようになる。動くことを厭わなくなっていけるのだ。その結果、自然に運動量も増える。

3. 気を引き締めよ

さまざまなことを実践して、効果も表れてきた。でも、ここで気を緩めてはいけない。以前の生活に戻ってしまえば、また皮下脂肪勢力が盛り返してくる。これまで実践してきたことを、これから先もずっと続けてほしい。続けるうちに、そんな生活が当たり前になってくれば、もう大丈夫。リバウンドすることもなく、健康で快適な日々が送れるのだ。

こちらもチェック! 関連記事:

教えてくれた人

根来秀行さん(ねごろ・ひでゆき)/医師、医学博士。ハーバード大学医学部客員教授、ソルボンヌ大学医学部客員教授。内科学、抗加齢学、自律神経、睡眠医学など多岐にわたって国際的に活躍中。

棚橋伸子さん(たなはし・のぶこ)/管理栄養士。フードスタイリスト。国際薬膳師、中医薬膳専門栄養士。西洋、東洋の栄養学に基づいた、美味しくてヘルシーで健康的な食を提案。雑誌、テレビ等でも活躍。

取材・文/鈴木一朗 イラストレーション/Kiji-Maru Works 監修/根来秀行(事業構想大学院教授)、棚橋伸子(管理栄養士)

(初出『Tarzan』No.756・2019年1月4日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan

Special