デスクでできるながら筋トレで体幹を活性化。
朝一番のストレッチでカラダを目覚めさせる。
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
痩せを取り巻く7つの危険信号とは?
血糖値を安定させるためにやりたいこと。
自宅にあると心強い! プロが選んだ常備薬。
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
筋肉を刺激して、むくみを解消せよ!
  • 公開:

「うまい渓流魚と大自然で心身を癒やし、働く活力に」鰤岡力也さんと渓流釣り

鰤岡力也 木工作家 渓流釣り

鰤岡力也(ぶりおか・りきや)/1976年生まれ。輸入古材を扱う〈Gallup〉を経て、2003年独立。10年、内装設計や家具製作を行う〈Mobley Works〉設立。趣味が高じて、ランディングネットも製作。撮影場所は、〈うらたんざわ渓流釣場〉。相模原市緑区青根3769。入場料5,000円(女性、高校生以下は4,000円)。6時~18時(11月~2月は7時~)。

釣りにハマる人が増えている。“食べるための釣り”こそ本筋であり醍醐味。人気のショップや飲食店の内装を手がける鰤岡力也さんの渓流釣りを拝見。

自ら作った道具で釣って、食べる、最高の贅沢

ヤマメやイワナ、ニジマスといった天然魚の保護の観点から、9月末頃から2月末頃まで、河川の禁漁期を迎える渓流釣り。そのため、「毎年、春が待ち遠しい」と話すのは、木工作家の鰤岡力也さん。大自然が広がる東北地方を中心に年間50回以上、全国の河川へ繰り出す強者だ。

鰤岡力也 木工作家 渓流釣り

渓流釣りを始めた当初から、〈パタゴニア〉のウェーダーパンツを愛用。臆することなく、川へジャブジャブと入っていける。

山道を歩きポイントへと向かう渓流釣りは、同時に登山も楽しめる、最高の遊びです。禁漁期は腕が鈍らないようアトリエ近くの管理釣り場〈うらたんざわ渓流釣場〉へ。ここは水がきれいで、放流されて育った魚体は肉厚でなかなか見事!」

釣り場は、相模原市を流れる神之川の最上流部にある。

「海釣りと違い、水中にいる魚の姿が透けて見えるので、沢を歩きポイントを見極めていきます。例えば、あの岩肌の下!」と狙いを決めると、竹竿を組み立て、ものの2、3分で仕掛けを準備してキャスティング。

鰤岡力也 木工作家 渓流釣り

水面に反射してギラつく光を遮断し、クリアな視界を確保する偏光サングラス。手元で作業する時はレンズを跳ね上げられる。弁当箱サイズのチェストフライボックスには、ナイフ、ライン、ホイッスルをぶら下げて装備。

「釣り竿を持つ手と逆の手でラインをたるませて持ち、釣り糸を出したり引いたりして長さを調整しながら素振りする動作は渓流釣りならでは。こうやって、狙った水面に仕掛けを落とし、あとは川の流れに任せてヒットを待つ。これを何度も繰り返していきます」

魚の食いつきが悪ければ、迷わずに毛バリを変更。

鰤岡力也 木工作家 渓流釣り

ニワトリやアヒルの羽根を使った、50種以上の自作の毛バリ。

どんな虫が生息しているか。これを読み切れないと釣れない世界なんです。魚を知るには、まずはフィールドを知ること。森や木々といった周りの環境も観察することが必須です」と話しながら、首から下げたチェストフライボックスを開けると、中には毛バリがわんさか。

鰤岡力也 木工作家 渓流釣り

お腹がプクッと肉厚なニジマス。

「すべて自作の仕掛けです。色や大きさ、さらに水に浮くもの、沈むものなど、同じ仕様は一つとしてありません」

そう言って、いくつかの毛バリを試しながら、何度もキャスティングを繰り返す。途中、水に浮く小さい毛バリに変更したところ、1匹目がヒット! 釣れたのは、約25cmのニジマス。

鰤岡力也 木工作家 渓流釣り

釣り場で内臓を取り、帰宅後は自ら調理。その晩は、トマトを添えたニジマスのオーブン焼きが食卓に。

「シンプルにオーブン焼きにするか、燻製にすると、これが酒のアテに最高!」と、この日はじめての笑みが溢れる。続いて、「来た、40cm級」と大物を釣り上げる。この管理釣り場の釣果制限である計10匹をあっという間に釣り上げ、この日は大漁。

自分で作った釣り具で釣り上げると喜びも2倍! 美味しく調理できれば、喜びは3倍! ほんとに最高の贅沢です」

取材・文/宮田恵一郎 撮影/鈴木 新

初出『Tarzan』No.873・2024年2月8日発売

Share

関連記事:

Share