【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
ダイエット中の外食のコツ。
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
“膝パカパカ”でヒップのサイドラインを整える。
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
ダンベルを使いまくる王道19種目。
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
3ステップ10分で背中の凝りを解消しよう。
  • 公開:

「水平面」で動くチューブトレはどれ?【筋トレクイズ】

水平面の動き

カラダ作りに関する知識を深める「ストレングス学園」。第29回は基本面の最後である3つ目「水平面」について学んでいく。

Share

問1.「水平面」の動きを正しく説明しているものを選べ

  1. 人体を左右に分ける面
  2. 人体を前後に分ける面
  3. 人体を上下に分ける面

    肘を曲げる、膝を曲げるといったヒトの動作を関節の視点で捉えると、トレーニングの動作も分析しやすくなる。というわけで前回までは、人体の動きを表す3つの基本面として、人体を左右に分ける「矢状面」、人体を前後に分ける「前額面」について学んできた。

    そして3つ目の今回は人体を床と平行に貫き、上下に分ける「水平面」について考えていくとしよう。

    “人体を床と平行に貫く状態”とは、カラダを床と垂直にしてお風呂に入ったときの水面とイメージするとわかりやすい。水平面の動きとは、このお風呂の水面に沿った動きのこと。

    たとえば上体を左右にひねる動作や、肘を伸ばしたまま肩の高さまで上げた腕を、空中で雑巾掛けをするように左右に動かす動作がこれにあたる。では、これらの動きは専門用語でなんと呼ぶか、次の問いで確認しよう。

    問2. 水平面の動きの名称で誤っているものは次のうちどれ?

    1. 内旋
    2. 回旋
    3. 外転

      水平面の動きは、団子の串のように縦に延びる垂直軸を軸として行われる「内旋」「外旋」「回旋」がある。旋(せん)は旋回の旋。すなわち回すという意味だ。

      「内旋」とは軸を中心に内方へ回旋する動き、「外旋」とは軸を中心に外方へ回旋する動きと定められている。

      水平面の動き

      左から肩関節の内外旋、股関節の内・外旋、そして脊柱の回旋。床と垂直に延びる軸を中心として内方へ回旋する動きが「内旋」、軸を中心に外方へ回旋する動きが「外旋」となる。

      イラストの肩関節から見ると、肩を縦に貫く軸を中心に内側に動かすことを「内旋」、外側に動かすことを「外旋」という。

      イラスト中央の動きは、股関節の内・外旋。股関節の動きは直接見るのが難しいため、関節可動域を測定するには膝から下の動きを見て評価する。股関節が開いた状態を「外旋」、反対に閉じた状態が「内旋」となる。

      最後は「回旋」。頭の先から床に延びる中心軸を軸に、後ろを振り返るようにひねる動作のこと。というわけで答えは3

      問3. 次のチューブエクササイズのうち、水平面の動きはどれ?

      1. ロウイング
      2. サイドレイズ
      3. インターナルローテーション

        正面にくくりつけたチューブを持ち、肘を曲げて引くことで背中を鍛える「ロウイング」。

        チューブの中央を足で踏み、左右を持って腕を肩の高さまで上げることで肩を鍛える「サイドレイズ」。

        チューブを肘の高さでカラダの外側に固定し、脇を閉めたままチューブを内側方向へ引っ張り肩のインナーマッスルを鍛える「インターナルローテーション」。

        軸を中心に内外に動かす水平面の動きを関節の視点で見ると、肩から肘を結ぶ縦軸を中心に、内側に腕を動かすインターナルローテーションが正解であることがわかるだろう。

        他にも回旋動作を代表するエクササイズには、腹部のひねりを利用してウェイトを持ち上げるマシントレ、トーソローテーションがある。スポーツの動きでは、野球のバッター、ゴルフのスイング、ボクシングの動きなどがある。

        取材・文/黒澤祐美 イラストレーション/モリタクマ 監修/齊藤邦秀

        初出『Tarzan』No.836・2022年6月23日発売

        Share