今すぐやめたい5つのデブ習慣とは。
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
ハードに運動したいなら、HIIT上級編に挑戦だ!
姿勢の土台、足裏を整えよう。
ランニング後の疲労回復ストレッチ。
3ステップ10分で背中の凝りを解消しよう。
  • 公開:

食べ物や日用品も…。化学的ストレスを抑える8のTIPS

ストレスを抑えるTIPS集

炎症を起こし、ホルモン環境を乱すストレスは、日々のちょっとした心掛けで減らすことができる。なかでも多いのは、食べ物に由来する化学的ストレス。ここでは、すぐに実行しやすい8つのティップスを紹介。習慣を一度にガラリと変えるのはストレスになるので、できそうなものを選び、少しずつ生活に取り入れてみよう。

Share

「科学的ストレス」についての解説はコチラ!(記事:【解説】「ストレス」と関わりが深い3つのホルモン)

① 1週間、朝食を和食に切り替える

朝食を和食に切り替える

体質に合わないものを食べると、ストレスも炎症も起こりやすい。日本人なら極力和食を選んだ方が炎症を抑えられる確率が高い。食事を見直すなら、朝食から。

朝食はだいたいルーティン化し、同じものを食べ続ける。ゆえに影響は大きいハズ。パン党は、試しに和食に替えてみよう。1週間トライして体調が良くなるようなら、小麦が体質に合っていないのかも。

「パンの原料となる小麦のグルテンにアレルギーを持つ日本人は少なくありません。グルテンは腸などで炎症を起こしやすいのです」(スクエアクリニック副院長・本間龍介先生)

仮に朝食を和食化して快調になったら、小麦を使ううどんやそばなどの麺類、ピザ、ケーキなどのお菓子も控えて、グルテンフリーな食生活に徐々に近づけてみよう。

② 牛乳よりも豆乳を選ぶ

牛乳よりも豆乳

小麦以外にも、身近なのに日本人の体質に合わないため、化学的ストレスになりやすい成分を含むものがある。牛乳・乳製品だ。牛乳の乳糖がうまく消化できない乳糖不耐症の人は多い。下痢などの典型的な症状が乏しく、無症状の隠れ乳糖不耐症も少なくない。

「さらに牛乳・乳製品のカゼインにより、アレルギーや炎症を起こすことがよくあります」

牛乳・乳製品をしばらく断ち、調子が良くなる実感があるなら、乳糖かカゼインが合っていないのかも。牛乳は豆乳、ヨーグルトも豆乳ヨーグルトに替えてみよう。プロテインはカゼインを含まないタイプに。高価だが、牧草牛から作ったWPI(ホエイプロテインアイソレート)タイプが理想だ。

③ 気分転換はコーヒーよりミネラルウォーター

ミネラルウォーター イラスト

気分転換の定番といえば、コーヒー。コーヒーのカフェインは覚醒レベルを高め、集中力を上げる。覚醒レベルが上がるのは、脳内でアドレナリンが長く効きすぎるから。

アドレナリンは緊張や興奮を高めるホルモンなので、カフェインを摂りすぎるとストレスに。カフェインにはコルチゾール分泌を促す働きもあり、ストレスで弱った副腎には泣きっ面にハチだ。

カフェインの耐性には個人差が大きいが、好きな人でも1日1〜2杯に留めておくと安心。カフェインは緑茶、紅茶、清涼飲料水、エナジードリンクにも入っている。

気分転換は、ミネラルウォーターでOK。胃腸に何か入るだけで、休息モードへ誘う副交感神経が優位になり、リラックスできる。

④ 朝はスマホの目覚ましで起きない

目覚まし イラスト

仕事もプライベートも、スマホなしに回らなくなった。でも、常にチェック&操作をしていれば疲労は溜まるし、ストレスにもなる。せめて自宅に戻り、眠るまでの貴重なリラックスタイムくらいは、スマホを触らないデジタルデトックスを。

眠る寸前までスマホで動画を観たりしていれば、必然的に眠りは浅くなるもの。スマホを目覚まし代わりに寝室に持ち込むと、ついついスマホを触りたくなる。目覚まし時計を使い、スマホはリビングに置く習慣をつけよう。

週末は、長めのデジタルデトックスにトライ。日曜午前中などと時間帯を設定し、スマホだけではなく、パソコンやタブレットをオフにしよう。リフレッシュして週明けが迎えられるに違いない。

⑤ スーパーフードよりも伝統野菜を選ぶ

野菜 イラスト

ブロッコリースプラウト、アサイー、チアシード…。毎年のようにスーパーフードと呼ばれる新顔の野菜や果物が登場する。スーパーフードは栄養価が高いといわれるが、基本的にすべて外来種

「生物の外来種には敏感なのに、食べ物の外来種に無頓着すぎ。日本人に食歴ゼロの外来種が、体質に合うかどうかは、完全な未知数。スーパーフードが、化学的ストレスにならないとは言い切れない」

野菜や果物の大半も元を辿ると外来種なので、日本各地で古くから栽培されてきた伝統野菜にも目を向けたい。日本原産の野菜や果物はウドフキセリミツバミョウガカキなど。どれも地味だが、スーパーで見かけたら手にして、たまには味わってみたい。

⑥ 魚はマグロよりアジにする

アジ イラスト

ヘビーメタルといっても、メタリカの話ではない。ヘビーメタル=重金属は、鉄より比重が重たい金属の総称。このうち、亜鉛などはカラダに不可欠な栄養素だ。

一方、重金属には炎症やより重大な健康被害をもたらす水銀ヒ素などがあり、国内外で公害を引き起こした。だが、それは過去の話ではない。今でも私たちは知らない間に重金属を摂っている。

その供給源が、魚類。なかでも、魚を食べる捕食魚は生物濃縮で、海中の重金属を溜め込む。ことにマグロなどの大型魚、金目鯛などの深海魚は重金属が蓄積しやすい。食べるなら週1〜2回に留めよう。

「まな板より大きなサイズの魚は要注意。青魚を食べるなら、サバよりもアジの方が安心です」

⑦ 柔軟剤、消臭剤を使いすぎない。天然由来の石鹸を

石鹸 手洗い イラスト

化学物質は、口から入ってくるものばかりではない。香りや肌に触れたりするものから、アレルギーや炎症が起こることもある。

香り付きの洗濯洗剤や柔軟剤が人気だが、そこに含まれる香料がアレルギー、頭痛や痒みなどの化学物質過敏症につながるケースも。逆に、臭いを消すために用いる消臭剤にも、炎症を招く化学物質が含まれる。使いすぎは控えよう。

コロナ禍以降、消毒剤除菌剤の使用がすっかりニューノーマルになったが、これらの使用で化学物質過敏症が起こることもある。

この他、普段何気なく使っている歯磨き粉やボディソープ、コスメ、シャンプーなどにも、防腐剤などの化学物質は多い。できるだけナチュラルなものを選ぼう。

⑧ 週末くらいはノンアル・ナチュラルフードで過ごす

ナチュラルフード イラスト

コロナ禍のストレスで飲酒量が増えた人も少なくないのでは? アルコールは一時的にストレスを忘れさせるが、酔いが醒めたらストレスは逆に増える。アルコールは炎症を進めるし、炎症を起こす有害物質を解毒する肝臓にダメージを与えるからだ。節酒を心掛け、休肝日を作る努力もお忘れなく。

加工食品は便利で忙しいときは大助かりだが、炎症の元となる食品添加物などの化学物質が含まれる。とくに、加工度が高いファストフード、菓子パン、カップ麺などの“超”加工食品は、炎症を起こしやすいと覚悟した方がいい。

時間に余裕がある週末くらいは、ナチュラルで新鮮な食材を買い、自炊をしてストレスフリー、炎症フリーな食事にトライしよう。

取材・文/井上健二 イラストレーション/mrsn 取材協力/本間龍介(スクエアクリニック副院長)

初出『Tarzan』No.836・2022年6月23日発売

Share