体幹トレで首・肩の凝りを撃退する!
酔った時に食べ過ぎを防ぐためにできること。
代謝を上げるには夜の過ごし方が重要だった⁉︎
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
ランが続く人、続かない人は一体何が違うのか。
筋トレの効果を高めるなら、この3つのサプリ!
健康診断前日の筋トレはNG。
噂の「マッサージガン」について知ろう。
  • 公開:

効果的に鍛えて、痩せるための「カフェイン」と「MMC」

アイスコーヒーを飲む男性

ダイエットといえば食事改善はもちろん、適度な運動を一緒に行うことが望ましい。ある程度継続しないと結果は出ないことはわかっているものの、せっかくやるならより効率を上げて、早く効果を実感したい。

Share

ブラックコーヒーを飲んでから筋トレすると効果が上がる

せっかくトレーニングをするなら、その成果を最大限に高めたいもの。そこで活用したいのが、カフェイン

「アスリートのパフォーマンス向上が期待できるサプリメントを、エルゴジェニックエイドといいます。カフェインは、エビデンス(科学的証拠)があるエルゴジェニックエイドの代表格です」(東京理科大学教養教育研究院の向本敬洋講師)

眠気覚ましに用いられるように、カフェインは脳に働いて覚醒を促す作用がある。それにより集中力が高まり、中枢性疲労が軽減。

トレーニングの質が高まり、運動量も増やせるから、結果的に消費カロリーも増えて体脂肪も減りやすい。さらに、カフェインは交感神経に働きかけ、体脂肪の分解も促してくれる。

カフェインは、ブラックコーヒー1杯の100〜200mgで十分。トレーニングを始める30〜60分ほど前に摂るのが効果的だ。1日400mg以上のカフェイン摂取は、めまいや興奮といった健康被害の恐れもあるから、摂りすぎないように。

筋肉を意識しながら鍛えると部分痩せもできる

また、どうせ鍛えるなら、筋肉を「意識」しよう。そもそも運動では、意識を向けるベクトルが2つある。

野球やサッカーなどのスポーツは、ボールや対戦相手といった自分以外の対象物に注意を向けるとパフォーマンスが上がる。これを「外部意識」という。

対照的に筋トレは、ダンベルなどの対象物ではなく、自身の筋肉の伸縮に注意を向けると効果的。これを「内部意識」という。

「内部意識はマインド・マッスル・コネクション(MMC)とも呼びます。筋伸縮を意識すると大きな力が出せるようになり、トレーニング効果が上がるため、外部意識で鍛えたときと比べ、筋肥大が加速するというデータがあります」(日本体育大学体育学部の岡田隆教授)

長期的な内部意識による筋肥大効果
内部意識と外部意識の筋肥大効果の差

筋トレの未経験者27人に、上腕二頭筋を鍛えるアームカールを週3回、8週間続けてもらった(8〜12回×4セット)。内部意識群と外部意識群に分けると、内部意識群の方が上腕二頭筋はより肥大した。Schoenfeld BJ et al., 2018改変

筋トレに励むと、筋肉からマイオカインという物質が出る。なかには、体脂肪の分解を促すものもある。

内部意識で筋肥大が促され、マイオカインで体脂肪が分解されたら、部分痩せは夢ではないかも。筋トレ中は全集中、筋肉と対話を続けよう。

取材・文/井上健二 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/大谷亮治 取材協力/岡田隆(日本体育大学教授)、向本敬洋(東京理科大学教養教育研究院講師)

初出『Tarzan』No.835・2022年6月9日発売

Share