はじめてHIITをするなら【初級編】を!
ダイエット中の外食のコツ。
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
どうしてステロイドを使ってはいけない?
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
ハードに運動したいなら、HIIT上級編に挑戦だ!
  • 公開:

これはありがたい…「実戦的トライアスロン専門ジム」を覗いてみた

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》記事のトップ画像

プールで泳いで、そのままバイクマシンにまたがれる。トレーニーにとってそれだけでもありがたき幸せなのに、日本で唯一の「空力分析システム」で自転車でラクに速く走れるフォーム作りもできる、トライアスロン特化型ジムが誕生らしい…。

Share

「海で泳いだこともないけど、トライアスロンをやってみたいという女性もいらっしゃいます!」そんなチャレンジングな人をはじめトライアスリート注目のジムが2022年3月、東京・池袋にオープンした。

流水プール日本で唯一ここだけが導入している空力分析システムを備えて、トライアスロンの3種目のトレーニングを通しで実戦に近い形で行える《アーストライアスロン》だ。聞くところでは、初ものづくしの予感。どんな未体験ゾーンが待っているのか、体験しに行ってみた。

レースを想定した環境で泳げる

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》のプールで泳いでいる写真

こちら、とにもかくにも気になるのは流水プール。水泳選手やトップアスリートがトレーニングで使用している映像などを見たことはあるものの、一般人には関係ない設備なのだろうと思っていた。それがいよいよトレッドミルのように普段使い出来る日が来るとは!

トライアスロンでいえば、バイクとランをつなげて練習するのは普段出来なくはないけど、スイムもとなると難しい。プールがあるジムにしても着替えや場所の移動をしているうちに心拍が落ち着いてしまうため実戦的なトレーニングにはなりづらい。その点で流水プールはまさしく実戦向き。

また、泳ぎ自体にも違いがある。屋内プールはターンをすることになるし、特に公営プールなら他の人との順番待ちで立ち止まることも往々にしてある。海でのレースはターンはなく、潮の流れや波があるなかノンストップで泳ぎ続けなければならない。プールとオープンウオーターは同じ水泳でも全く違うのだ。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》のプールで泳いでいる写真

泳いだ距離もわかるスイムミル。100mを2分5秒で泳ぐペース0.8m/sから、12段階のペース設定が可能。トライアスリートは1.3m〜1.5m/sあたりのペースで泳ぐ。(写真は所属の花澤コーチによる実演)。

流水プールならば水の抵抗がある中で泳ぐなど、海と近いシチュエーションが体験でき、止まらずに泳ぐことが可能。

トライアスロンではスイムに限らず、目標から逆算したペース維持が大事。流水プールなら疲れてスピードが落ちるとトレッドミルのように後ろに流されてしまうので、スピード感覚をカラダに覚えさせ、かつペースを維持する鍛錬になるというわけだ。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》のプールでコーチがフォームをチェックしている写真

プールの側壁の窓からコーチがフォームをチェックし指導してくれる 。プールマイスターが監修し、塩素による髪や肌への負担を軽減するなど水質もこだわっていてタブレットなどで動画撮影してもきれいに映る水の透明度もウリ。

実際には一人で使うので、多くのプール施設では使用できないスマートウオッチやウェットスーツといった実際のレースで必要な装備を着用して泳げる点でも習うようり慣れろの環境がある。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》のプールで体験している写真

コーチの実演を見ているだけだと簡単に見えるので、実際に泳がせてもらう。もちろん流水プールは人生初。気持ちよく泳げて、使いやすい。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》のプールで体験している写真

最高速の1.8m/sは立っているのもキツい流れ。泳げば全力バタバタ、水しぶきで周りは水浸し。でも、コーチは水しぶきも立てず優雅に泳ぐ。

スイムを終えたら、そのままバイクマシンに乗ることができるのはフツーのジムでは出来ない体験

プールを併設するジムで続けてやるにしても着替えたり、施設間の移動や準備などが結果リカバリーになってしまうところ、これなら心拍を落ち着かせず次の種目へと移る実戦的なトランジションの練習になるというわけ。

プールからバイクへ直行できる
トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で花澤コーチが実演している写真

スイムを終えて、プールから上がる。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で花澤コーチが実演している写真

2階部分にあるプールからバイク、ランマシーンがある1階へ。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で花澤コーチが実演している写真

レース同様にウェットスーツからバイクウェアに着替える。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で花澤コーチが実演している写真

同じ室内にあるので、すぐにバイクトレーニングに取り組める。

日本唯一の「空力解析システム」によるバイクトレとは?

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で前川コーチが実演している写真

各個人のアカウントでZWIFTに接続し、ジムのモニターに映し出したコースを走行する。

バイクトレーニングはゲーム形式でサイクリングができるアプリ《ZWIFT》と屋内サイクルトレーナー《Wahoo KICKR》を組み合わせてのスマートバイクシステムを活用。世界中の参加者とバーチャルレースをしながら走力を養う。

画面に現れるコースの勾配などに対応して《Wahoo KICKR》を通して負荷がかかり、リアルな乗り心地が味わえるので、状況に対応してギアのシフトチェンジを行う。そのシミュレーション性がメリットだとバイクコーチの前川広大さんは話す。

教えてくれるコーチ陣
トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》の前川コーチの紹介写真

前川広大/まえかわ・こうだい 自転車競技コーチ。ElecTFew Cycling代表。シマノ鈴鹿ロードレース優勝。舞洲クリテリウム2位。全国ジュニア自転車競技大会21位。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》の花澤コーチの紹介写真

花澤彩/はなざわ・あや 石垣島トライアスロン大会アンバサダー。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》の久保埜コーチの紹介写真

久保埜一輝/くぼの・かずき トライアスロンコーチ。2017年から佐渡国際トライアスロン3連覇。2019年アイアンマン世界選手権24位。2021年石垣島トライアスロン総合優勝。

《ZWIFT》とサイクルトレーナーを活用したトレーニング自体は、バイクジムはもちろん、自宅で取り入れている人も少なくはない。

流水プールとともに、こちらのジムが画期的なのは仮想風洞実験シミュレーター《ビオレーサーエアロ》。正面から自転車の乗車姿勢を撮影し、空気抵抗を解析。自転車で効率的に走るフォームを見つけられるシステムだ。日本で唯一《アーストライアスロン》だけが導入しているという。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で《ビオレーサーエアロ》でフォーム解析している写真

自分の自転車に乗り、正面からカメラで撮影。全面投影面積から空気抵抗を解析する。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で《ビオレーサーエアロ》でフォーム解析している写真

乗車姿勢によって漕ぐ力やタイムの変化が瞬時にわかる。

経験者もさることながら、初心者はまずこの解析システムで空気抵抗を減らし、ラクに速く走れるフォームを見つけることから始める。同じ姿勢でもハンドルを握る位置など些細な違いで空気抵抗が変わることを知れるのが面白い。

「空力の良い乗車姿勢をとればスピードは上がりますが、トライアスロンは距離が長く、その姿勢をキープするのは難しい。スプリント勝負の自転車競技と違い、ラクに時速35〜40km程度で長く走り続けられるフォームを身につけることが大切です」(前川さん)

理想のフォームが分かっても姿勢をとるのがしんどければ、それに必要な筋トレ、ストレッチなど自転車に乗るためのカラダ作りも指導してくれる。そうしてフォームが固まったら、《ZWIFT》はもちろん、ジムから屋外に出て実走するなどパワーを上げる練習を重ねていくという流れだ。

姿勢ひとつで生まれるタイムロスが一目瞭然!
トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で《ビオレーサーエアロ》でフォーム解析している写真

黄色の枠がニュートラルな姿勢。そこから右下の表示にあるように2分30秒短縮できるフォームになっていることを表している。

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》で《ビオレーサーエアロ》でフォーム解析している写真

上体をあげれば風を受ける面積が広くなり、右下の赤字が示すように22秒タイムが遅くなると出る。

前川さんはほとんどの人が自転車の扱い、ましてや乗車の姿勢をきちんと教わったことはないのでは? と話す。子どもの頃から乗っているもので当たり前がゆえに全員が我流で乗っているというわけだ。

レース用バイクは体格はもちろんカラダの柔軟性をもとに、その人にあった寸法の自分仕様。それだけにバイクコントロールの技術が、パフォーマンスを決める。“自転車に走ってもらえる”フォーム作り自転車の扱いをバイク専門のコーチから教えてもらえるという点でも心強い。

ただ、この空力解析は自分の体格でフィッティングした自転車、ビンディングシューズで乗るなど“ガチ”めのものでないと正確なデータが取りづらいので、それなりのバイクを持っているのがベスト。仮に自転車はまだ、となるとこのジムを利用するメリットは下がるかもしれない。

トライアスロンに初心者はいない!? だから習うべき

トライアスロン専用ジム《アーストライアスロン》でトレッドミルで走っている写真

ランは電動タイプより、消費カロリーが高くなる〈Assault Fitness〉のトレッドミルで。

泳ぐ、自転車に乗る、走るは得手不得手はあるにしてもやったことがない人は少ないはず。その意味で、みんなトライアスロンはまったくの初心者ではない。ただ、信じがたい距離と時間でやるからこそテクニックが必要だ。

ラクに長い距離動き続けるためのトライアスロンのテクニックを、最新のテクノロジーと専門のコーチ陣が一緒になって探ってくれる。

また、今後プール底にモニターをつけて泳ぎながらフォーム確認ができるようにしたりなど、さらなる最新鋭の設備を検討中。これまで出来なかったことが全部できるようになり、初心者もトライアスロンに挑戦するハードルは下がるはず!

海でろくすっぽ泳いだことがない人やロードレーサに乗ったことがない人ほど、最適なフォームと動き方を身につけるには最初が肝心。アイアンマンになるなら、鉄は熱いうちに打つべし!

トライアスロン専用ジムに行ってみて…
  • プールから上がって、そのままバイクマシンが使えて実戦的。
  • 日本唯一の空力解析システムで自転車の効率的な乗車フォーム作りが可能。
  • 空力解析は“ガチ”めの自転車がないと、恩恵に与りにくい。
  • 設備上使用できる人数は多くないので、スケジュールを取るのは難しそう。
INFORMATION

アーストライアスロン 
公式ページ

取材・文/本田賢一朗 撮影/山本嵩

Share