「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
目指せギャクサン!背中を鍛え上げる公園活用術。
基礎から学び直そう。大人のためのクロール講座。
「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
週2日の筋トレで腕は太くなる。
肩こり・腰痛改善のための「ゆったり太極拳」
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
筋肉に効く、ゆっくり下ろす「エキセン」って?
  • 公開:

病気ではないけれど… ワキガ対策でできること

腋臭(わきが)

マンダムの調査(2007年1月発表)によると、腋のにおいが強い人ほど体臭を気にしていたが、その13%は自分のにおいに気がついていなかった。

それは“病気”ではなく単なる個性であり、個体として成熟した証し。とはいえ、日本で少数派であるのは間違いない。人間関係に影響したり、自分自身が不快・苦痛に感じるなら専門医に相談を。手術以外の選択肢にも解決の可能性はある。

Share

腋臭をはじめとする体臭の原因は?

程度の差こそあれ、誰にでも体臭はある。が、第二次性徴期のころ一部の人に出現し、若年期、壮年期を通し存在感を主張するのが腋臭(ワキガ)だ。

高齢になるとにおいの弱くなる人もいるが、さして変化なく加齢臭まで加わり、においの交響曲となる人も現れる。本人は戸惑うし、周囲も触れにくい。男性にとっては、体臭の中でも腋のにおいが最も気になるようだ。

腋臭(わきが) 日本人男性が気にするにおいは? アンケート グラフ

日本人男性が気にするにおいは?/10~60代の日本人男性600人を対象に意識調査を実施。90%近くが自分の体臭を気にすると回答したが、その内訳はグラフの通り。出典/『マンダム「現代日本人男性の腋臭(ワキのにおい)に関する研究」その意義と実態は?』(マンダム、2007年1月18日)

単なる体臭とも異なる腋臭の元は毛穴から滲み出す汗と汗に溶け込んでいる物質。人間には汗を作る器官(腺)が2種類ある。一つはエクリン腺で、ここから出る汗は主に体温調節のため。その99%が水だからほぼにおわない。

もう一つはアポクリン腺で、これは哺乳類の芳香腺が退化したもの。

腋臭(わきが) アポクリン汗

アポクリン汗には皮脂が付きもの/全身には約400万個の汗腺があり、腋臭に関係するアポクリン腺は約100万個、残る約300万個が多汗症の原因となるエクリン腺といわれている。

ここから分泌されるのがおなじみのフェロモンだ。その独特なにおいで異性にシグナルを送ったり、縄張りを主張したりするためのもの。

エクリン腺から出る汗と異なり、毛穴を経由して分泌され、短鎖脂肪酸などさまざまな物質を含む濃厚な汗となる。こうした成分を皮膚の常在菌が代謝し、強いにおいを放つことがある。これが腋臭だ。

体臭の感じ方は地域によっても異なる

この独特な体臭を持つ人は多い。西欧やアフリカ、南米などでは人口比90%以上の地域もあり、におって当たり前。それどころか、においを個性や性的魅力と受け止める人、地域は多い

だが、アジアの一部では腋臭は少数派。日本では10人に1人ほど。人数が少ないと異端者扱いされがちだ。単なる個性なのに、周囲は“病気”ではないかと疑う。

なぜ、このような個性が表れるのかは、近年の研究でだいぶわかってきた。以前から腋臭のする人の多くは、耳垢がしっとりと湿っていることが知られていた。

考えてみればこれは当然で、耳垢腺もアポクリン腺なのだ。耳垢腺が活発に活動し、腋の下と同様に濃厚な汗を分泌すれば、ここもにおうかもしれない。アポクリン腺は乳輪性器周囲にも存在するから、こちらもにおう可能性はある。

一方、腋臭ではない人の耳垢は乾燥していることが多い。先史時代のヒトの移動過程で、恐らく寒冷な気候に対応して遺伝子(ABCC11)に変異が起き、獲得した体質だとする説がある。

腋臭(わきが)

乾型耳垢の分布には偏りがある/グラフの数値は乾型耳垢の遺伝子の出現率。世界全体で見ると湿型耳垢の方が多数派で、少数派である乾型耳垢は東北アジアに多いという。出典/『耳垢遺伝子ABCC11のヒト遺伝学的・医学的・人類学的研究』(新川詔夫、2008年)など

腋臭(わきが) 人類の移動・拡散ルート

人類の移動・拡散ルート/人類は数度にわたってアフリカを出てユーラシア大陸を移動した。バイカル湖付近に到達した集団の中から遺伝子に変異を起こし、寒冷な気候に適応した人が現れ、日本に渡ってきた集団が渡来系弥生人であり、縄文人の耳垢は湿型、弥生人は乾型とする説がある。※年代には諸説ある。出典/『先史人類の移動を追う』(民博通信 No.129、印東道子)

両親どちらかが腋臭、または湿型耳垢か本人が湿型耳垢であるかどうか。中学、高校までに自覚症状があり、洋服などの腋の部分が黄ばみがちであるなどが確認できると遺伝の可能性が考えられる。

手術以外でできる腋臭(ワキガ)対策は?

腋臭であってもなくても、少しでも体臭を抑えたければ、ストレス対策が重要になる。ストレスの放置は交感神経を優位に傾け、放出されたノルアドレナリンがアポクリン腺を刺激し、発汗を促すからだ。

体毛、特に腋毛を処理しておけば常在菌の棲み処を減らすことにつながる。汗ばんだらそのつど拭き取り、清潔を心がけよう。

ただし、明らかに腋臭の場合、自助努力では対応しきれず、医療のお世話になるケースは多い。まずは専門医に相談し、処方してもらえる制汗剤を試すのがお勧めだ。塩化アルミニウムを20%ほど含む制汗剤は、発汗を抑えてくれるだろう。

内服薬には直接アポクリン腺に作用するものはなく、エクリン腺に働きかけ、発汗量を抑えることで常在菌の増殖を妨げ、二次的に効くことで改善を目指す

アポクリン線をすべて取り去るのは不可能

こうした工夫で満足できる結果が得られなければ、手術も選択肢になるが、手術でアポクリン腺をすべて取り去ることは不可能。削り過ぎると腋の下の皮膚の血流に問題が起こり、皮膚が壊死する危険性も否定できない。

腋臭で悩んできた人の中には、つい神経質になり、治療効果に対し過剰な不満や不安を感じがちな人もいる。ここは担当医との入念なコミュニケーションで乗り越えていくべき局面だ。

また、腋臭体質の自覚がある女性は、乳輪にもアポクリン腺のあることを思って、乳がん検診は積極的に受けておこう。そうでない女性に比べ、腋臭体質(湿型耳垢)の女性は乳がんの罹患率が1.63倍に上るとする報告もある。

統計を見ると乳がんは明らかにヨーロッパに多い。地図上でチェックすると、湿型耳垢の分布に重なるようにも見える。

腋臭(わきが) 乳がん患者の多い国・年齢調整罹患率

乳がん患者の多い国・年齢調整罹患率/なお、この下位にもヨーロッパ勢は多く、アメリカは22位(84.9)、カナダが23位(83.8)と続く。頭の中で地図を描くと、湿型耳垢の多い地域のようにも見えてくる。※表は10万人当たり 出典/“Breast cancer statistics”(World Cancer Research Fund/American Institute for Cancer Research, 2018)

なお、こうした国々では同じ腋臭でもにおいの性質、強さは人さまざま。腋臭の有無を決める遺伝子以外にも、食習慣など環境の影響があるのかもしれない。

そもそもが病気ではないので、過度に悩む必要はない。国際結婚が増え、多様化の進みつつある日本でも、今後は単なる個性になっていくのかもしれない。

取材・文/廣松正浩 イラストレーション/横田ユキオ 取材協力・監修/網倉良安(日本橋形成外科・皮フ科・美容外科院長、医学博士、日本形成外科学会専門医)

初出『Tarzan』No.833・2022年5月12日発売

Share