筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
長時間のPC作業の敵「巻き肩」をリセット。
妊娠中にできる運動は?
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
正しい体幹トレは「呼吸」から。
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
  • 公開:

フィットネスを習慣化できるスマート日めくりカレンダー《CALENDAR》

オンラインフィットネス《CALENDAR》の写真

日めくりカレンダーをめくるように、気軽に毎日全身運動が行えるオンラインフィットネスサービス《CALENDAR》で新習慣を身につけよう。2022年5月28日まで応援購入サービス〈マクアケ〉で先行販売中だ。

Share

「習慣デザインメソッド」に基づいたフィットネスサービス

4月、運動に勉強、仕事など新たなチャレンジをしようと思っている人は多いだろう。しかしGWとともに長期休暇なんてことも…。

継続は力なりと言うけれど、まずは継続するのに力を貸してくれっ!っと思うことも少なくない。今回登場したのが日めくりカレンダーのように運動ができるオンラインフィットネスサービス《CALENDAR》。2022年5月28日まで応援購入サービス〈マクアケ〉で先行販売中だ。

CALENDAR
オンラインフィットネス《CALENDAR》の写真

VASTKING KingPad K10(WiFiモデル)/ディスプレイ:10.1インチ。重量:500g。サイズ:243mm×161mm×8mm。端末予定販売価格24,800円。サービス利用料:2,980円(1か月)。※タブレットは本アプリ専用機器ではありません。

どんなことでも長続きしないのは、最初から目標が高すぎたり、毎日のノルマがストイックすぎたり、そしてやる気に任せるだけでトレーニングの時間割を決められていないから。

そういった続かない原因に対して、心理学や認知科学などに基づいた「習慣デザインメソッド」を活用し、始める手間をできる限り減らし、すぐ始められ短時間で運動が完結できるようになっている。

トレーニングは毎日3〜5分間の日替わりの動画を見ながら行うというもので、内容は『ターザン』でもおなじみ石井直方先生、谷本道哉先生らが監修。トレーニングは(筋トレの場合)「ビギナー」「スタンダード」「ハード」とレベルに応じて、全身運動プログラムを提供してくれる。

プログラム監修者
石井直方先生の写真

筋力トレーニングプログラム監修・石井直方先生(いしい・なおかた)/東京大学名誉教授。専門は身体運動科学、筋生理学、トレーニング科学。自重で軽い負荷でも効果が高い「スロトレ」プログラムを監修。

谷本道哉先生の写真

ストレッチプログラム監修。谷本道哉先生(たにもと・みちや)/近畿大学生物理工学部 准教授。専門は筋生理学、身体運動科学。解剖学構造を考慮したストレッチプログラムを紹介。

メニューはおまかせで作成してくれ、かつ日替わりなので飽きずに、今日は何をやるんだっけ? と迷うこともない。

筋力トレーニングは、3つの部位に分けて3日で全身を鍛えられるようになっており、週1で完全休息日を設定。ストレッチは、上半身メインと下半身メインを交互に行い、2日で全身を伸ばすことができる構成

4種類のメインメニューは4分程度で、エクストラメニュー6種類も含めてフルメニューをやっても10分程度で終えられる、チリツモ方式だ。

オンラインフィットネス《CALENDAR》のメニュー画面例

筋力トレーニングの「ビギナーレベル」の1週間プログラム例。週一回の休息日も設けられている。

オンラインフィットネス《CALENDAR》のメニュー画面例

確実に習慣化するための専用「スマート日めくりカレンダー」。運動レベルに応じて日替わりメニューが提示される。

使用するのは10.1インチのAndroid端末《VASTKING Kingpad K10》で紙製の専用カバーを使うことで据え置くのも壁に掛けることもでき、運動内容や場所によって使い分けられる。タブレットで持ち運びもラクなので、家の中にとどまらず出張や旅行などイレギュラーな日程でも習慣が乱されることもない

オンラインフィットネス《CALENDAR》の使用イメージ

目につくよう普段から壁に掛けておくのも継続のコツ。

オンラインフィットネス《CALENDAR》の写真

ストレッチの時などは床に置いて使える2Way仕様。

オンラインフィットネスを利用するにも、始めるのに複数のアクションが必要だったり、SNSの通知やらで集中できないことなどがネックだった。そこで、日めくりカレンダーのような手軽な使い勝手にしたというわけ。

毎日めくるのが楽しいカレンダーよろしく、トレーニングも日めくり感覚で。季節が変わる頃にはカラダも変わっているはずだ!

INFORMATION

CALENDER

公式ページ

文/本田賢一朗

Share