週2日の筋トレで腕は太くなる。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
公園&階段を活用したHIITで全身の脂肪を燃やす。
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
スマホ首をリセットして肩こり解消!
摂取カロリーの目安を把握しよう。
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
ベッドの上でできる!寝起きの腰のだるさをストレッチで解消。
  • 公開:

4つのマイ腸活グッズ(わちみなみさん)

タレント・わちみなみさんにプライベートなフィットネスのことや、健康を意識した日々のことを綴ってもらう連載『わちち to びぃ あまぞねすぼでぃ』。今回はお気に入りの腸活グッズについて。

Share

① 飲める米麹

わたしが好きなお店「おこめぶらん」。

おこめぶらん

オンラインショップもありましたので、都内にお住まいでない方は覗いてみてください。

ここで売っている《飲める米糠》を好きな飲み物に混ぜて飲んでいます。

わちみなみ

写真は、青汁に混ぜた日。《飲める米糠》一袋につきレタス一個分の食物繊維が含まれているので、かなり楽に腸活できますよ。

食物繊維たくさん摂るの、大変なんですよね。きのこ野菜モリモリ食べるのもいいけど、これ一袋となると助かります。笑

お米の栄養もとれるので、ビタミンB1、B6のほか鉄分やマグネシウムも含まれています。成分だけみると、お肌にも良いみたい良さそうですね。

お店ではお米をたっぷり楽しめるランチ、スムージーもあって立ち寄ると楽しいですよ〜!

② ハチミツ&オリゴ糖

オリゴ糖とハチミツ

つぎはハチミツとオリゴ糖。

写真左のハチミツが《ハニーデューハニー》。WEBサイトの『コスメキッチン』で買えました。

ニュージーランド産(国産でない)なのに、加熱処理されていなくて酵素が豊富なのかな〜と。ハチミツにはオリゴ糖やグルコン酸がたくさん含まれているので、それをエサにしている腸内細菌が元気になってくれますよ。

写真右は《味わいオリゴ糖(はちのす印)》。

オリゴ糖って、透明でなんだかスッキリな味わいのもののイメージが多かったんですがこれはまろやかで濃厚で大好きです!

優しい甘さなので、寝る前のハーブティーに入れるのにぴったりですよ〜。

③ 発酵ぬかどこ

最後はハマりにハマってるぬかづけ。使っているのは《発酵ぬかどこ(無印良品)》。かなり重宝しています。

ぬか漬け

ぬかにはビタミンと植物性乳酸菌が豊富に含まれているんです。

  • ビタミンB1:糖質の代謝をあげてエネルギーに変える
  • ビタミンB2:脂質代謝アップ
  • ビタミンC:メラニンの生成を抑える
  • ビタミンA:免疫力維持を助ける

など嬉しいことがたくさん!

加えて、植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べて腸まで生き残る強いものと言われています。さらに糠漬けがカラダに良いだけではなくて、使い切れない野菜をぽいっといれとくと簡単にお漬物になってくれるので私的に食品ロスの削減になってます。

カラダにも環境にも優しい糠漬け、みなさんも是非始めて下さいね〜!

Share