• 公開:

特集「カラダが変わる自体重トレ」。11月25日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.823)

『ターザン』823号(2021年11月25日発売)の特集は「カラダが変わる自体重トレ」。ウデタテ、フッキン、スクワットのみで道具要らず。1日1分1種目! 30日間の特別プログラムを紹介! ジャニーズWEST・濵田崇裕さんの表紙が目印です。

Share

1日1種目、しかも1分だけ!

リモートワーク中心の生活で蓄えられた体脂肪や運動不足を解消したい。食欲の秋に身をゆだねすぎて、肉厚になったカラダをスリムにしたい。もちろん、健康と体力も維持していきたいし、部位ごとのメリハリもつけたい

そんな願望のすべてを、今日から1日1種目、しかも1分だけで叶えられるとしたら、早速実践してみたくなりませんか。

特に実践して欲しい人は、こんな人。

  • やる気はあるけど、できれば運動したくない人
  • 時間がないことを言い訳にしがちな人
  • カラダを気遣う、きっかけが欲しい人 など

道具を買わずとも、自宅でウデタテ、フッキン、スクワットを毎日ひとつずつ、そしてその種目の回数をアップしていくだけというゲーム性もある。

1日1分強のトレーニングタイムを30日続ければ、確実なる成果が見込める簡単SUPERプログラムの完成なのだ。なにも考えずに、ただただページをめくってひとつずつ遂行していけばいいのだ。

ほか自体重メソッドを多数収録!

その特別プログラム以外にも、自体重で鍛えるのが難しい「背筋」トレの新提案や、筋トレ初心者のための超基礎テスト、童心に帰ってのなわとびトレも。

また、オリンピックで2種目金メダルに輝いた水泳界のヒロイン、大橋悠依選手が実践している自体重トレも大公開。なんでも大橋選手、実は「腕立て伏せ、膝をつかないとできない」とのこと。でも、そこには確固たる理由が。そちらは本誌でぜひチェックしてみて欲しい。

表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。ドラマで見せた三枚目な姿からは離れ、端正な顔にふさわしい引き締まったカラダを披露してくれた。

道具要らずで、今日から実践できる「自体重トレ」特集。これからトレーニングを始めたいという方に、捧げたい一冊だ。

カラダが変わる自体重トレ
雑誌『ターザン』823号の誌面

自体重=自分の重さ。身一つで始められる筋トレを推すには理由がある。「お金も時間も気合も入らない」「ケガをしにくいカラダの土台が作れる」など。まずは8つの理由をチェック!(本誌P10掲載)

雑誌『ターザン』823号の誌面

今回は1日1分1種目でカラダを変える、特別プログラムを制作。ウデタテ、フッキン、スクワットだけ。道具必らずの30日間プログラム、そのロードマップを確認しよう。(本誌P16掲載)

雑誌『ターザン』823号の誌面

記念すべき初日はキング・オブ・トレーニングのスクワットから。はじめの3日間で、その後の種目のベースにもなるウデタテ、フッキン、スクワットの3種目を徹底的に学んでいこう。(本誌P18掲載)

雑誌『ターザン』823号の誌面

基本の3種目を習得したら、4日目以降はさまざまなアレンジ種目に挑戦していこう。目安の回数にも幅を持たせているので、自分の体力レベルに合わせて実践しよう。(本誌P28掲載)

雑誌『ターザン』823号の誌面

特集中盤の特別企画は「難しい背中の自体重トレ」を効かせるメソッドを紹介。3つの動き「ホリゾンタル、バーティカル、レバー」を意識すれば、かなりの負荷を得ることができる。(本誌P57掲載)

雑誌『ターザン』823号の誌面

筋トレ1年生のための「超基礎テスト」も収録。基礎を学ばず漠然と始めると、効果が実感できずに挫折する三日坊主率も高くなる。結果が出る筋トレライフのために、ゼロから学ぼう!(本誌P72掲載)

雑誌『ターザン』823号の誌面

特集後半では「なわとび」の企画も。跳ぶのが楽しかった、技ができてうれしかった。幼少期に夢中で飛んでいたあの縄跳びは、実は最強(!?)の自体重トレーニングなのだ!(本誌P78掲載)

11/25(木)発売・823号の表紙はこちら!

雑誌『ターザン』823号の誌面

立ち読み動画もどうぞ!

文/編集部

Share