• 公開:

特集「糖質OFFの最新」。11月11日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.822)

『ターザン』822号(2021年11月11日発売)の特集は「糖質OFFの最新」。肥満や病気の根源は、「食後高血糖」だった! 血糖値をコントロールする、8つのルールを生活に取り入れよう。センター綴じ込み企画『糖質含有量ハンドブック』も収録!

Share

編集部では12人中8人が食後高血糖!?

糖質制限が健康やダイエットに有効だということは、広く認知されるようになった。では、そこに大きく関与している「血糖値」についてはどうだろう。

血液内のブドウ糖である血糖の濃度のことで、食後にピークを迎えるのが一般的。高血糖が続くと肥満に繋がるし、低血糖だと集中力が続かないことも。血糖値を味方につけることで、我々の生活は大きなメリットを得られるのだ。

特に注意したいのが、「食後高血糖」。

食事によって急激に血糖値が上昇し、膵臓が分泌するインスリンの働きで下降、この乱高下が血糖値スパイクと呼ばれ、血管をはじめとする我々のカラダに大きなダメージを与えるのだ。

「食後高血糖」や「血糖値スパイク」は、糖尿病予備軍の方の話でしょと侮るなかれ。フィットネスを愛するターザン編集部で、血糖値スパイクの検査してみたところ、なんと12人中8人が食後高血糖という驚愕の結果に!

通常の健康診断では正常でも、隠れ食後高血糖の人が大勢いる可能性を改めて認識できた。

血糖値コントロールの「8つのルール」を収録!

では、肥満や病気の根源である食後高血糖とは、どういう状態で、なぜキケンなのか、そして血糖値を高める糖質とどう向き合っていけば、スパイクを防げるのか。今日から実践できる具体的な8つのルールとともに、分かりやすく解説していく特集です。

食事に関する学びはもちろん、“血糖値をコントロールできるカラダ”に導くトレーニングや、お酒との上手な付き合い方、糖質OFFの外食・中食に関する最新ニュースなども紹介。また、センター綴じ込み企画は「108品目 糖質含有量HAND BOOK」。

やみくもな糖質制限は今日から卒業、体型や健康改善の第一歩をここから始めよう!

糖質OFFの最新

雑誌『ターザン』822号の誌面

肥満、イライラ、生活習慣病…。そのすべてに関わる血糖値。血糖値を整えるとどんなメリットがあるのか、そもそも血糖値とは何なのか。特集冒頭で基本のキを学んでおこう!(本誌P10掲載)

雑誌『ターザン』822号の誌面

やみくもに糖質制限食品を取り入れればいいってものでもない。特集で紹介する「8つのルール」で血糖値コントロールの基礎を会得して、続けられる無理のない管理を始めよう。(本誌P20掲載)

雑誌『ターザン』822号の誌面

血糖値測定器を使って、年代も習慣もバラバラな『ターザン』スタッフ12名が測定。すると半数上が「血糖値スパイク」を起こしていた!? 編集部員の「食後高血糖検査ルポ」も収録。(本誌P32掲載)

雑誌『ターザン』822号の誌面

血糖値コントロールには「筋力+有酸素トレ」も一案。どちらかを選ぶよりも、複合的に実践するのが最も有効だ。8つのルールにプラスして、高血糖とオサラバしよう。(本誌P36掲載)

雑誌『ターザン』822号の誌面

108品を網羅した『糖質含有量 HANDBOOK』も収録。どんなメニューに糖質が多いかを知れば、選び方、摂り方に変化と工夫が生じるはず! 糖質との賢い付き合い方を身につけよう。(本誌P53掲載)

雑誌『ターザン』822号の誌面

ターザン謹製レシピ「血糖値を上げないガッツリ飯」。主食の置き換え、カサ増しテクを駆使すれば、いつもの味で糖質OFFも夢じゃない。ボリューム満点で糖質40g以下を実現しよう!(本誌P61掲載)

雑誌『ターザン』822号の誌面

ありがたいことに、近年は外食産業や食品メーカーで糖質オフへの取り組みが盛んだ。1食当たりの糖質量が40g以下になる、さまざまなジャンルのメニューを集めてみた!(本誌P66掲載)

雑誌『ターザン』822号の誌面

血糖と健康を考えながら「お酒を楽しむ」ワザを考えてみた。醸造酒と蒸留酒の違いとは? どうすれば血糖値を高めずに飲めるのか? お酒と糖の基礎から学んでいこう。(本誌P70掲載)

11/11(木)発売・821号の表紙はこちら!

雑誌『ターザン』822号

 

文/編集部

Share