しゃがめない人は要注意。足首の柔軟性を取り戻そう。
HIITとは?仕組みと効果を解説。
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
背中を広く厚くするなら、ロウイングがおすすめ。
自律神経に働きかけ、リラックスを促すヨガポーズ。
  • 公開:

セックスのお悩み改善レシピ⑤|男性のための「モッツァレラチーズ入りのプッタネスカ」

きちんと栄養を摂れば、セックスを阻む不調を改善できる。男女それぞれが抱えてしまう代表的な症状と、解決へと導くレシピを紹介。今回のお悩みは、男性の「ワキ・マセン」について。

Share

今回のお悩み「ワキ・マセン」

男女のイラスト

「好きな人を前にしてもベッドへ誘う気持ちが起こらない。部屋に独りこもってマスターベーションに夢中になった日も今は昔。性への興味と関心がだんだん薄れていくなかで、オトコの機能がこのまま枯れてしまうのではないかと恐怖心を抱いている」

「ワキ・マセン」改善の食材は?

疲れ・ストレス・加齢は性欲の敵。 「ストレスを緩和するGABAを含むトマトが主役のプッタネスカは、“娼婦風パスタ”と訳されます。ハードワーカーである彼女たちの回復食との説も。バジルのビタミンAとオリーブのビタミンEでアンチエイジングを狙いましょう」(管理栄養士・河村玲子さん)

この食材で強化!
食材

トマト、オリーブ、スモークサーモン、スプラウト、パプリカ、アボカド、ヨーグルト、冷凍ベリー。

「下記で作り方を紹介する『抗酸化野菜のサーモンロール』のレシピでは、スルフォラファン(スプラウト)とアスタキサンチン(スモークサーモン)が摂取できます。サーモンにはテストステロンを生成するビタミンDも含有。

ストレスホルモンの分泌を抑制するビタミンCはパプリカにあり。アボカドでビタミンEを補給し、ヨーグルトベリーで“追い”GABA&ポリフェノールを」(管理栄養士・河村玲子さん)

「ワキ・マセン」の改善レシピ

娼婦風パスタ

①モッツァレラチーズ入りのプッタネスカ

②抗酸化野菜のサーモンロール

③ヨーグルトの冷凍ベリー乗せ

栄養ポイントはこちら!
  • トマト:GABA
  • バジル:ビタミンA
  • オリーブ:ビタミンE、ポリフェノール
  • スモークサーモン:アスタキサンチン、ビタミンD
  • スプラウト:スルフォラファン
  • パプリカ:ビタミンA、ビタミンC
  • アボカド:ビタミンE
  • 冷凍ベリー:ビタミンC、ポリフェノール
  • ヨーグルト:GABA

① モッツァレラチーズ入りのプッタネスカ

「モッツァレラチーズ入りのプッタネスカ」の材料(2人分)
  • パスタ…90g
  • モッツァレラチーズ…小5玉
  • アンチョビペースト…小さじ1
  • オリーブ…5粒
  • A
    • ケッパー…小さじ1
    • ニンニク…1/2片
  • カットトマト缶…1/2缶
  • 鷹の爪(種を除く)…1/2個
  • バジル…少々
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 塩・コショウ…各少々
「「モッツァレラチーズ入りのプッタネスカ」の作り方
  1. A]をみじん切りにする。オリーブは輪切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪を入れて弱火で炒める。
  3. 香りが立ってきたら、アンチョビペースト、ケッパー、オリーブを入れて炒め合わせる。
  4. トマト缶を加えて5分ほど煮たら、塩とコショウで味を調える。
  5. パスタを茹でて4に加えたら、バジル、チーズをちぎり入れ、合わせる。
  6. 皿に盛り付け、バジルを乗せる。

② 抗酸化野菜のサーモンロール

「抗酸化野菜のサーモンロール」の材料(1人分)
  • スモークサーモン…5枚
  • ブロッコリースプラウト、パプリカ、アボカド、レモン…各適量
「抗酸化野菜のサーモンロール」の作り方
  1. パプリカとアボカドはスティック状に切り、アボカドにはレモンをかける。ブロッコリースプラウトは根を落とす。
  2. スモークサーモンに1のパプリカ、アボカド、スプラウトを適量乗せて巻く。

③ ヨーグルトの冷凍ベリー乗せ

「ヨーグルトの冷凍ベリー乗せ」の材料(1人分)
  • ヨーグルト…1人分
  • 冷凍ベリー…適量
  • はちみつ…適量
「ヨーグルトの冷凍ベリー乗せ」の作り方
  1. すべての材料を器にバランスよく盛り付ける。

改善レシピの取り入れ方

当企画『セックスのお悩み改善レシピ』では男女別に陥りがちな性にまつわる症状を3つずつピックアップ。それらを食事から改善すべく、悩みに働きかけるレシピを管理栄養士・河村玲子さんに教えてもらった。

「食べたそばからギンギンに!というわけではなく、日々の献立に取り入れることで改善が見込める内容になっています」

性欲スイッチをオンにする食材は身近に溢れている。今回は自身の問題をこっそり解決するだけでなく、頭を抱えるパートナーに作るのも一考だ。もしくは二人でキッチンに立って、料理をするのもいい。刺激的な夜の幕開けにつながるから。

取材・文/松岡真子 撮影/小川朋央 イラストレーション/村林タカノブ 監修・料理製作・スタイリング/河村玲子

初出『Tarzan』No.816・2021年8月5日発売

Share