低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
カラダの背面を鍛えるなら、ブリッジはいかが?
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
4つのヨガで「肩と股関節」を柔らかくしよう!
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
「動けるカラダ」になる高強度トレにチャレンジ!
腹を割るなら食事から!8つのルールを守ろう。
  • 公開:

増量期の手軽でコスパもいい「脂質摂取源」(松下▽さん)

Share

皆さん、こんにちは! 筋肉タレント/パーソナルトレーナー/スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です!

前回、「筋肉を増やしたい時期(増量期)の脂質摂取について」という記事を書いたところ、インスタDMにて質問をいただきましたので、そちらについてお話します。

脂質摂取源として魚・卵・アボガド・ナッツなど不飽和脂肪酸系をオススメしましたが、なかなかコストパフォーマンスが悪いので何かオススメはないかということでした。

たしかに、毎日普通の人よりも多くの食事回数をこなすトレーニーにとって、食費は最大の悩みですよね。

コストパフォーマンス+手間を考えると、最適な脂質摂取源は全卵(卵黄)だと思います。

卵

例えば、お米+鶏肉を召し上がっている方なら、1日数食を卵かけご飯にしたり。

卵はタンパク質が豊富な食材とされていますが、半熟>完全に熱っしたもの>生卵の順にタンパク質吸収率は低下します。

つまり、生卵だとタンパク質摂取源としては弱いのです。しかし、卵を割ってご飯にかけるだけという手軽さは捨て難いので、タンパク質摂取源としては期待せず、脂質摂取源として捉えることをススメます。

脂質として5g程度を手間なく摂取できる上に、大体10個で200円前後で手に入ってしまいます。手軽さ、コストパフォーマンスの両側面から検討しても最善でなないでしょうか。

いやぁ、ニワトリ様には頭が上がりませんね。

ご質問があれば、お気軽にInstagramにお願いします!

「筋肉はカッコイイ▽」


Share