突然のギックリ腰。どう対処する?
有酸素系のフローヨガで運動不足を解消!
タンパク質補給は筋トレの前と後、どちらがよい?
週2日の筋トレで腕は太くなる。
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
ベッドの上でできる!寝起きの腰のだるさをストレッチで解消。
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
妊娠中にできる運動は?
  • 公開:

筋肉を増やしたい時期(増量期)の脂質摂取について(松下▽さん)

Share

皆さん、こんにちは! 筋肉タレント/パーソナルトレーナー/スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です!

今回は増量期(筋肉を増やしたい時)の脂質摂取についてお話しします!

結論から言うと、筋肉を付けたい増量期は、ある程度脂質からもカロリー摂取をしたいです。

この時の脂質摂取源としてはアボガドナッツなど不飽和脂肪酸系が殿堂入り。僕の場合これに牛肉を足します。

ボディメイクに本格的に取り組んでいる人の大半は、減量期に糖質ではなく脂質を制限しますよね。僕もそのひとり。その延長で、増量期を食事のメニューは減量期ままに、回数や量を増やして過ごす、所謂「リーンバルク」「クリーンバルク」派の人を多く見かけます。

この増量法で意識したいのが、脂質を皆無にはしないこと。前述の不飽和脂肪酸系食材で、ある程度の脂質は確保したいところ。

脂質はコレステロール、つまりホルモンの生成に必要です。ここでいうホルモンには、もちろんテストステロンも含まれます。

テストステロン(男性ホルモン)は筋肥大に欠かせないホルモンですよね。要するに、せっかくの増量期に脂質を削り過ぎると、テストステロン値が足を引っ張るカタチになり、結果として筋肥大に最適な環境ではなくなってしまうのです。

超機会損失。

また、実際のところ、糖質とたんぱく質だけで十分なカロリー(オーバーカロリー)を摂取するのは非常に苦しいです(肌感)。糖質4kcal / g 、 たんぱく質4kcal /g、 脂質9kcal /gですからね。

分かり易い部分だけザックリお話ししました。増量期は脂質にビビりすぎないようにしましょう。外見や財布が犠牲になる増量期。なるべく最適化したいものですね!

Instagramもよろしくお願いします!

「筋肉はカッコイイ▽」

Share