鹿島絵里漢方薬店kampo’s薬剤師・博士(薬学)
BLOG
漢方でつくるヘルシーボディ
BLOG
2021.05.27

肩こりを改善する漢方薬3選

漢方医学的視点からカラダづくりを応援する、漢方薬店kampo's(カンポーズ)薬剤師・薬学博士の鹿島絵里です。

「不通則痛(通ぜざればすなわち痛む)」

東洋医学において、カラダの巡りの停滞が痛みを引き起こすことを表した言葉です。日本人は特に感じやすいとされる肩こりですが、これもまた巡りが悪くて起こる症状の一つです。

多くの人を悩ませる肩こり、漢方薬には対応できる処方がたくさんあります。肩こりに漢方薬なんて意外と思われるでしょうか。かの有名な葛根湯も肩こりに効く漢方薬のひとつですが、それだけではないんです。

今回はちょっとディープに、肩こりに悩む人のための漢方処方をご紹介いたします。

肩甲骨

① 葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)

先に述べた葛根湯にさらに二つの生薬を加味しています。ひとつは水の滞りを整える生薬、もうひとつは温めて痛みを取る生薬です。葛根湯そのものにも水を動かして痛みを取る効果がありますが、これをよりパワフルにした処方です。

体力がある(若い)、寒気、肩から背中に及ぶ痛みなどにあてはまれば良く効くでしょう。

※葛根加朮附湯も葛根湯もずっと飲み続ける処方ではありません。数日の服用を目処にしてください。

② 加味逍遙散(かみしょうようさん)

ストレスからくる肩こりに有効です。ストレスは気の流れの停滞を生み、これがさらに血の流れも滞らせます。

気血(きけつ)の停滞が引き金となった肩こりは、イライラしやすい、目の下のクマ、便秘と下痢を繰り返すなどの症状を伴いやすいです。婦人科の代表的な処方でもありますが、男性にももちろん使います。

③ 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

熱がこもって血の流れが極端に悪く、気がカラダの上のほうにのぼりがちで巡らないのを改善します。これが合う体質の人は冷えのぼせ、発汗、げっぷ、頭痛など、身体の上のほうに発作的な症状が出やすく、また便秘を伴います。便秘も「不通」のひとつですね。


一般的に肩こりの解消法と言えば、ストレッチや入浴が浮かぶと思います。

筋肉をほぐして血行を良くするのは大事ですよね。これらが有効なのは言うまでもありませんが、「不通則痛」の原則から、様々なアプローチで肩こりを治してくれる漢方薬もいい選択肢です。

知らないではもったいない、肩こりに効く漢方薬。ご紹介の三処方だけでなくまだまだありますので、肩こりに伴う悩ましい症状や気血水の詰まりなども一緒に、専門家に相談してみるといいですよ。

INFORMATION

漢方薬店kampo’s:https://www.kampos2015.com/

オンラインショップ:https://kampos.thebase.in/

Instagram:@kampo_lab


鹿島絵里
漢方薬店kampo’s薬剤師・博士(薬学)
1981年山形県生まれ。漢方や薬膳の専門の知識を分かりやすく、西洋医学と東洋医学のいいとこ取りでお伝えしていきます。

Special