• 公開:

特集「世界一効率のいい時短トレ」。3月25日(木)発売の雑誌『Tarzan』(No.807)

柔道家の阿部一二三も実践する、最強メソッド。1日4分で体力3割増! 『ターザン』807号(2021年3月25日発売)の特集は「世界一効率のいい時短トレ 話題のHIIT攻略BOOK」。

Share

購入はこちらから。

あの金メダリストも、あの海外セレブも、あのYouTuberも実践している、世界のトレーニング界で、いま最大のトレンドが「HIIT」。「HIIT」とは、High Intensity Interval Trainingの略称で、 高強度インターバルトレーニングのこと。

20秒トレーニング、10秒レスト、20秒トレーニング、10秒レストを繰り返し、トータル4分間と短い時間で効果を実感できるトレーニングメソッドだ。

短い時間で効果が上がるトレーニングだから、もちろん各20秒の中身はハードで濃い。 どこまで、自分を追い込めるのか、自分を甘やかさずに4分間を全うできるのか、すべてはそこに掛かっていると言っていい。

初級、中級、上級と3段階レベル別の「HIIT」を用意したので、体力テストで導かれた自分のレベルに合わせて、ぜひチャレンジしてほしい。

柔道家の阿部一二三選手にも、特別インタビュー。

また、本誌読者限定での人気ジム1日体験モニター200名も大募集。200名のうち35名は、なんとパーソナルトレーナーの指導も受けられる! ぜひ、こちらもチェックしてみてほしい。

1日たった4分で、体力3割増! 日本発のインターバルトレーニング。

1/20
雑誌『ターザン』807号の誌面
まずはHIITの何がそんなにいいの? を巻頭ページでしっかり確認。漫然とトレーニングするより、その実力、驚きの効果を知ってから始めた方が、モチベーションも続くはず!(本誌P8掲載)

雑誌『ターザン』807号の誌面
激しい運動だからこそ、正しく行うことが重要。中途半端な追い込み方では、その効用は得られない。タイミング、フォーム、休みの入れ方。効果を実感するための10か条をまとめた。(本誌P18掲載)

雑誌『ターザン』807号の誌面
すべての人に共通する「高強度運動」は存在しない。まずは体力レベルをテストしよう。椅子アリのスクワット120回、何秒で行える? レベルが判明したら、適したHIITを実践!(本誌P20掲載)

雑誌『ターザン』807号の誌面
今回のHIITは、体力別に3つのクラスを用意。(1)ビギナーの初級、(2)ミドルの中級、(3)アドバンストの上級。自分の体力レベルと相談して、しっかり、ガッツリ追い込もう!(本誌P23掲載)

雑誌『ターザン』807号の誌面
HIIT初心者にもぴったりなのがYouTube動画。そこでトレーニング動画を公開している、なかやまきんに君とのがちゃんに、HIITの魅力を聞いてみた! HIITのどこがすごいの?(本誌P28掲載)

雑誌『ターザン』807号の誌面
年末の代表内定選手決定戦、24分間に及ぶ死闘で、見事勝利した阿部一二三選手。阿部選手が取り入れているのが、HIITだ。その驚異的なスタミナを作った練習に迫る(本誌P41掲載)

雑誌『ターザン』807号の誌面
特集後半では、HIITをもっと楽しむための15のトピックを紹介。Youtuber・竹脇まりなさん、総合格闘家・朝倉兄弟、お笑い芸人・嶋佐和也さんもも登場! HIITの可能性を広げよう!(本誌P75掲載)

3/25(木)発売・807号の表紙はこちら!

雑誌『ターザン』807号の表紙
『ターザン』807号(特別定価650円)

立ち読み動画もどうぞ!

購入はこちらから。

文/編集部

Share