骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
【女性向け】6種の簡単筋トレでスタイルアップ!
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
5種目30分でヒップアップを目指す!
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
  • 公開:

「ハンドツイスト」で理想のくびれを手に入れる|キレイをつくる自宅トレ vol.54

「キレイをつくる」をテーマに、自宅でできるさまざまな自体重トレーニングを紹介していく当企画。今回のターゲットは「ウエスト」。活動量が落ちた今、気になるのは腰のもたつき。ひねりの動作で溜まった脂肪をなかったことに!

Share

両腕を左右に大きく振る。

今回のトレーニングは「ハンドツイスト」。

膝を立てて床に座り、お腹がプルプルするところまで上体を後ろに倒してストップ。その状態で両手を左右に振って、カラダをツイストするトレーニングです。ひねりの動作によって、お腹と腰まわりが引き締まります。

応用編は、水の入ったペットボトルを持って同じ動きを。重りが加わることで負荷がアップします。基本の動作では物足りないという人は、お試しあれ。

基本編:ハンドツイスト

1/20
ハンドツイスト

ハンドツイスト

ハンドツイスト

  1. 両膝を立てて床に座り、足を腰幅に開く。上体をゆっくりと後ろに倒し、お腹に力が入ったところでストップ。胸の前で両手を組んで、肘を伸ばす。
  2. 肘を伸ばしたまま両手を左の床に近づけ、上体を左にひねる。
  3. 一度元の位置に戻り、右にひねる。足は床から離さないこと。リズミカルに20回。

応用編:ペットボトル・ツイスト

1/20
ペットボトル・ツイスト

ペットボトル・ツイスト

ペットボトル・ツイスト

  1. 両膝を立てて床に座り、お腹がプルプルとするまで上体を後ろに倒す。ペットボトルを横にして両端を持ち、両腕を胸の延長線上に伸ばす。
  2. 余裕があれば足を浮かせる。
  3. 両肘を曲げないように伸ばしたまま、ペットボトルを左の床に近づける。お腹のひねりを意識して。
  4. 同じ軌道を通って、次は右にひねる。これを左右交互に20回繰り返す。
教えてくれた人
羽田真弓さん
羽田真弓さん(はた・まゆみ)/1987年生まれ。パーソナルトレーナー。早稲田大学大学院修了。小学校2年生から新体操を始め、高校時代には東北大会個人総合優勝、インターハイ4位、国民体育大会4位などの成績をおさめる。早稲田大学大学院ではコーチングについて学び、新体操指導者として活動。心身の健康について興味を持ち、スポーツ業界へ。西麻布にあるプライベートジム〈デポルターレクラブ〉に所属後、現在は独立。Youtubeチャンネル『羽田ちゃんネル』でもエクササイズ情報を配信中。
Share