鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
走ることが疲労回復につながる理由と気をつけるべきこと。
筋合成を高める「微量栄養素」に注目。
タンパク質補給は筋トレの前と後、どちらがよい?
お風呂タイムを活用してカロリー消費!
ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
自宅で静かにできるHIITで脂肪燃焼&筋肉強化!
  • 公開:

前回の生理から35日以上空いても大丈夫?(30代女性)

読者から寄せられた質問に、『ターザン』推薦の専門家がズバリ回答! 生理とカラダのお悩みには、レディースクリニック『イーク表参道』の副院長・高尾美穂先生が向き合います。今回のお悩みは生理周期について。

今回の質問

毎月、前回の生理から35日以上経って生理がくるので不安です。温泉旅行などの予定も立てにくく困っています。遅れずにくるようにする方法はありますか? また、バラバラな周期とどう付き合えば良いですか? (30代女性)

A. バラバラな周期でも気にしない。ただし、無月経には注意。

そもそも生理周期は25〜38日が正常の範囲なので、35日 周期というのは医学的な定義の「月経不順」ではない可能性が高いです。24日以内、あるいは39日以上であると一応病名はつきますが、必ずしも治療が必要なわけではありません。生活に支障が出るようであれば婦人科に相談してみるのもいいですが、 一番はそこまで“気にしないこと”が、バラバラな周期とうまく付き合う方法です。

一方で90日以上生理の間隔が空くのは月経不順の中でも「無月経」にあたり、その場合は治療の対象になります。

さて、予定が立てにくいという問題。これはピルで解消できます。周期的にピルを内服すれば、生理周期自体は変わりません。また、生理が始まるタイミングを移動させる、あるいは継続的に内服することでその期間の生理を来ないようにさせるという方法があります。

旅行のように生理を避けたい日が決まっている場合はその時だけタイミングをずらせばいいですが、スポーツ選手のように毎月必ず大事な大会がある人や、生理が大幅にずれることで仕事や生活に影響が出てしまうという人は継続的に内服するタイプのピルを検討してみるのもいいと思います。

教えてくれた人
高尾美穂先生
高尾美穂(たかお・みほ)/ 女性のための総合ヘルスクリニック『イーク表参道』の副院長であり、産婦人科専門医・医学博士・婦人科スポーツドクター。文部科学省・国立スポーツ科学センターで女性アスリート育成・支援メンバーに選出されるなど、様々なアスリートの生活を支えている。2011年からは、株式会社ドームのアドバイザリードクターも努めている。

取材・文/黒澤祐美 イラストレーション/中島ミドリ

Share
Share