• 「モノキニを着るにはコンテストに出るしかない」社長秘書・渡辺美桜
COLUMN
2020.12.04

「モノキニを着るにはコンテストに出るしかない」社長秘書・渡辺美桜

渡辺美桜

トレーニングの軌跡を偽りなく物語るもの、それが筋肉だ。『筋肉図鑑』では、さまざまなトレーニーの筋肉の裏側に迫ります。第36回は社長秘書を務める渡辺美桜さんの筋肉。前から見るとワンピース、後ろからはビキニな“モノキニ”を着こなすボディメイク論とは?

【今回の筋肉】渡辺美桜
渡辺美桜
身長170.2cm、体重57.2kg、体脂肪率23.7%、骨格筋量24.0kg。1983年生まれ。30代に突入して以降、食事制限によるリバウンドを繰り返して、2017年より筋トレ開始。今年開かれたFWJ主催の『EVOLGEAR JAPAN OPEN』で新カテゴリーのモノキニクラス優勝。

モノキニとの出合いは4年前の筋トレを始めて間もない頃。ボディコンテストのモノキニのステージを見た瞬間、「これ着たい!」「私も出る!!」って。昔から“出たがり”な性格というか…大学入学までクラシックバレエとダンスをやっていてステージに立つことが多くて、ボディコンテストは私の中でそれに近い位置付けです。

それに、モノキニを着られる場所がほぼなくて。関西ではおなじみの〈ナガシマスパーランド〉で一度だけ着ましたが、やはり場にそぐわず。だからモノキニを着るにはボディコンテストに出るしかないんです(笑)。

渡辺美桜
渡辺美桜さんの【大臀筋】/モノキニに限らずどんなボトムスもハンサムに着こなせそうなヒップ。「スミスマシンの片脚スクワットは効きます!」。

モノキニが映えるのはIラインで、なおかつ“I”のシルエットの中でお尻や肩に筋肉がつきつつくびれている体型です。私自身、思い入れがあるのは大臀筋。筋トレ始めるまで大きいお尻が恥ずかしくて、洋服で隠してました。

でもいざ鍛え始めると、「お尻、大きいどころか全くボリュームない!」と。今後もボディコンテストに出て自分を客観視し、お尻をより後方に張り出すような形にしたい。それで脚の全体的な細さを維持しながらハムストリングスを強化すれば、もっとモノキニが似合うようになる気がします!

渡辺美桜
渡辺美桜さんの【三角筋】/「肩があると顔が小さく見える気がします」。定番種目はサイドレイズ。「毎レップしつこく大切に行うのがマイルール」。

この夏、14年間勤めた大学職員から秘書に転職して生活リズムが一変しましたが、毎朝1時間の愛犬エリカの散歩と週3のジムは絶対。ただ仕事終わりの時間がまちまちで、散歩後にジムに行くことが増えました。スタジオプログラムのレズミルズも好きなので、早めに仕事が終わったら再びジムへ。特に減量期はスタジオに籠もってます。

渡辺美桜
渡辺美桜さんの【脊柱起立筋】/「セロリが2本背中に入ってると思わせるくらいが理想(笑)」。デッドリフトでは負荷が終始抜けないようコントロール。

個人的に筋肉は資産だと思ってます。筋トレすると健康になれる。健康はお金で買えないですもんね。だから健康でいられる範囲で、今後もボディメイクを楽しみたいです!!

取材・文/門上奈央 撮影/北尾渉

初出『Tarzan』No.799・2020年11月5日発売

Special