毎日やろう!食欲を抑える簡単ストレッチ。
危険な血糖値スパイク。あなたは大丈夫?
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
副交感神経を優位に。就寝前の10習慣。
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
体幹トレで首・肩の凝りを撃退する!
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
症状別ペアストレッチで、運動不足の体を整える。
  • 公開:

運動で疲れるのは、カラダではなく脳だった!?|専門家に聞く「疲労の正体」vol.1

どうして人間は疲れるのか? 頑張る男子くすぶりくんの漫画と疲労の専門家・梶本先生の解説をテーマごとに読めば、謎が解ける! 今回のテーマは、生命活動を調整する自律神経と疲労の関係。はて、疲れるのはカラダ? それとも脳?

Share
梶本修身先生
(イラスト左)梶本修身先生/東京疲労・睡眠クリニック院長。元大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。疲労研究の第一人者として多数の著書やテレビなどのメディアで情報を発信。
(イラスト右)働き盛りの33歳・くすぶりくん/本名は、クスブリヒカル。仕事に追われながら、日々起こるささいなことにいちいち反応し、ヘルメットから煙をプスプスと出してくすぶることがクセ。
専門家に聞く「疲労の正体」|疲れるのは脳?カラダ?

運動で疲れるのは、カラダではなく脳。

くすぶりくん(以下:く) というわけで先生、最初は10km走ろうとしたのに、途中で疲れて全然走れませんでした。

梶本修身先生(以下:梶) くすぶりくん、走った日は暑くなかったですか?

 そういえば、季節外れの夏日でした。

 いつもは普通に10㎞走れるんですよね。

 ええまあ、それなりに。

 運動量は同じなのに今回は走れなかったのは体温調節で疲れてしまったからです。

 体温調節、ですか?

 呼吸がハアハアするのは体内の温まった空気を外に出すため。発汗もそうです。そういう体温調節をしているのが脳の自律神経です。ちょっとそのへんを小走りしてみてください。

 (小走りして)こうですか?

 それだけでも心拍が速くなって呼吸が上がりませんか?

 ふぅ。そうですね。

 心拍も呼吸も自律神経が調節しています。つまり、運動するとき一番頑張らなきゃいけないのは脳の自律神経なんです。暑い日に運動すればなおさらです。逆にカラダにはほとんど負担はかからないんですよ。

 じゃあ疲れてるのはカラダじゃなくて、脳ってことですか?

専門家に聞く「疲労の正体」|疲れるのは脳?カラダ?

 その通り。とくに自律神経の中枢である視床下部帯状回と呼ばれる部分の前部です。ごく一部の運動、登山とかボクシングとか筋肉を挫滅させるような運動でなければカラダが疲労するということは滅多に起きません。

 ザメツってなんか怖い響きです…。ジョギング程度じゃカラダは疲れないんですね。走った帰りにマッサージに行ってなんか損したかも。

取材・文/石飛カノ イラストレーション/沼田光太郎

初出『Tarzan』No.797・2020年10月8日発売

Share