「動けるカラダ」になる高強度トレにチャレンジ!
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
ダイエット中の外食のコツ。
週2日の筋トレで腕は太くなる。
お腹周りも絞れる“自宅ピラティス”にトライ。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
  • 公開:

イライラ・ストレス解消のための栄養学(マッスルデリ・瀧川みなみさん)

Share

忙しい毎日を送っていると、ついイライラしたりストレスがたまってしまう時もありますよね。そんな方にぜひ実践していただきたい栄養面のストレス対策をご紹介します。

まず、ストレスには大きく分けて「急性/慢性」と種類があります。急性ストレスでは交感神経が働き、食欲を抑えられることが知られています。慢性ストレスではストレスホルモンの影響で脂肪が体内に貯め込まれやすくなり、肥満につながりやすいと言われています。

中には、逆に慢性的なストレスで痩せる人もいます。このように、ストレスと体型の関係には切っても切れない相関があるので見過ごせません。

ストレスマネジメントのポイントは「自律神経を整える」ことです。そのためには、バランスの摂れた食事を規則正しく摂ることが大切です。食事のリズムを整えることは、体内リズムを補正しホルモンバランスを適正にすることにつながります。

ストレス対策に役立つ栄養素とは。

ストレス対策で必要となってくるのが、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することでストレスに対抗するホルモンの材料となる栄養素が欠乏しない状態をつくることです。そのために最低限の栄養素は、一般に以下のとおり。

  • ビタミンC:レモン、キウイ、いちご、ブロッコリー、ゴーヤ、赤・黄パプリカ
  • ビタミンB群:豚肉、うなぎ、レバー類、かつお
  • 亜鉛:牡蠣、うなぎ、カシューナッツ、チーズ
  • 鉄分:レバー系、卵、かつお、大豆製品、ひじき、小松菜
  • トリプトファン:豚肉、鮭、パスタ、木綿豆腐、バナナ

これらの栄養素はストレスやイライラを感じた時に消耗しやすかったり、抗ストレスホルモンを作り出すときに使われたりします。

わたしのストレス対策。

上記の栄養摂取以外にふだん私が実践しているストレスをためない方法は3つあります。「よく笑う」「声を出す」「思いっきり運動する」です。特に、マッスルデリのメンバーと一緒にいる時はよく笑い、よく声を出して毎日楽しくすごせていることがストレス解消になっていたりします。

マッスルデリのメンバーたち

さらにマッスルデリの食事を実践しながらジムで思いっきりカラダを動かして心身ともにスッキリしています!みなさんの中で、ボディメイクやダイエットで悩んでいる方がいらっしゃればぜひ私達と一緒にストレスなくカラダづくりをしていきませんか??

Information

マッスルデリ

https://muscledeli.co.jp/

SNSでもお気軽にご相談ください。

Instagram

Twitter


Share