• 鶏ささみの粒マスタード和えとキウイのサンド:「筋肉をつけるレシピ」
FOOD
2020.08.12

鶏ささみの粒マスタード和えとキウイのサンド:「筋肉をつけるレシピ」

03

ひたむきに筋肥大を目指すなら、1食分のタンパク質摂取量は30g以上を狙いたい。肉、魚、大豆、乳製品といった動物性&植物性のタンパク質食材を惜しげなく使いこなし、筋合成を促すビタミンを同時に摂取しよう。

鶏ささみの粒マスタード和えとキウイのサンドの作り方。

タンパク源は典型的な高アミノ酸スコア食品である鶏ささみ。欠点であるパサパサ感を粒マスタードとマヨネーズで抑える。キウイフルーツはタンパク質代謝を助けるビタミンC、カリウム、食物繊維がたっぷり。

鶏ささみとキウイという意外な組み合わせだが、粒マスタードとキウイの酸味が絶妙に調和。胚芽パンは食パンより栄養価が高く、ビタミンB1、マグネシウム、食物繊維などが摂れる。

材料(1人分)

  • 鶏ささみ…2本
  • 合わせ調味料【粒マスタード大さじ1、マヨネーズ大さじ1/2、ハチミツ小さじ1/2、塩小さじ1/6】
  • キウイフルーツ…1個
  • 胚芽パン(8枚切り)…2枚
  • クレソン…適宜

作り方

  1. 鶏ささみはラップで包み、電子レンジ(600W)で1分半ほど加熱する。粗熱が取れたら線維に沿って細かく裂き、合わせ調味料と混ぜ合わせる。
  2. キウイフルーツは皮を剝いて横半分に切る。胚芽パンはトーストする。
  3. ②の胚芽パン1枚にキウイフルーツを乗せ、さらに①を乗せる。もう1枚のパンを重ねて上から手のひらで軽く押し、パンと具をなじませてから半分に切る。好みでクレソンを添える。

取材・文/石飛カノ 撮影/谷尚樹 料理製作/美才治真澄(管理栄養士)

(初出『Tarzan』No.791・2020年7月9日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。