3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
健康診断前日の筋トレはNG。
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
  • 公開:

常に肩甲骨を寄せて下げる! 大胸筋を鍛える正しい腕立て伏せのやり方(松下▽さん)

Share

皆さん、こんにちは!

筋肉タレント・パーソナルトレーナー・スタイリッシュボディービルダーの松下▽(まつした・ぎゃくさんかっけい)です!

松下▽(ぎゃくさんかっけい)さん

肩甲骨を意識した腕立て伏せ。

今回は大胸筋を鍛える【腕立て伏せ】を解説します!

大胸筋を狙う種目ですが、名前のせいか腕の種目だと思われがちですよね!(※手幅を狭く構えてナロープッシュアップにすれば上腕三頭筋の種目になります!)

ベンチプレスが逆さになったと捉え直せば、大胸筋の種目だとわかるのではないでしょうか!

大胸筋を鍛えるということは「常に肩甲骨を寄せて下げる」が絶対条件! ベンチプレスと同じです(^^) よく見る腕立て伏せは肩甲骨を無視して行われていますから、どこの筋肉にも負荷はほぼ掛かりません!

僕は以下の画像のように、可変式ダンベルをセットして、より下にさげられる(ストレッチがかかる)ようにしています!

1/20
松下▽(ぎゃくさんかっけい)さんが腕立て伏せを行なっている様子
松下▽(ぎゃくさんかっけい)さんが腕立て伏せを行なっている様子

もちろん床に手をついて行っても構いません!

いずれにせよストレッチをしっかり感じるために、なるべく下にさがってボトムポジションで一拍おいてあげると良いです!詳しくは僕のInstagramで動画をご確認下さい!

同じくストレッチをかけるために、手幅はワイドに(肩幅よりやや広く)構えます! 脚はどこに置いても結構です! ご自分が大胸筋に一番集中できるポジションを探してみてください!

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?? 今回も、撮影協力は僕がパーソナルトレーナーを務めるパーソナルトレーニングジム「エステフィット自由が丘」でした!

「筋肉はカッコイイ▽」


Share