• 人気YouTuber・けんたさんが指南する、自転車で楽しく走るためのAtoZ
TRAINING
2020.01.11

人気YouTuber・けんたさんが指南する、自転車で楽しく走るためのAtoZ

YouTuberけんた

自転車ライフに興味津々! でも自転車の世界はどうも奥が深そうで、何を買えばいいかも、どんな風に楽しめるかもさっぱり…。というビギナーに向けて、自身も自転車愛好家であり、17万人以上のファンを誇る自転車系ユーチューバーのけんたさんがレクチャー。

Q. 世に数多ある自転車、結局何を選ぶべき?

10万〜20万円台のロードバイクが断然おすすめです! 1台目に安価なクロスバイクを選ぶ人も多いですが、ロードはスピードを楽しめるし、カスタムの幅も広くて自転車の魅力を味わえるはず。

カーボンやクロモリなど素材もいろいろありますが、軽くて丈夫なアルミが鉄板です。昨今ウェブでも自転車を買えますが、最初は専門店で買うと困った時にも駆け込めて安心。

店頭に並ぶメーカーのものならどれを選んでもハズレなし、と思って間違いない。性能などにこだわり過ぎず、乗りたいデザインのものを吟味しましょう。あとは空気入れとヘルメット、ライト、ベルを買えば十分です!

YouTuberけんた
YouTuberけんた/1990年生まれ。自転車デビューは大学時代のチャリ通学。自転車は6台保有(ロードとMTBは各2台、ビンテージとピストは各1台)。キャンプライドやトレイルライドが好き。17万人を超える登録者数を誇るYouTubeチャンネルはこちら

Q. 低コストで乗り味を変えるカスタム術。

カスタムとなるとついホイールに目が行きがちですが、一番最初に替えるなら絶対タイヤ! 確かにホイールは見栄えが大きく変わるものの、費用も結構かかる。一方、タイヤはホイールに比べれば見た目の変化は正直地味ですが(笑)、乗り心地が格段に良くなりますから、デフォルトで付いているタイヤから“いい(お値段の)タイヤ”にアップグレードしましょう。

といってもかかる費用は1万程度。コスパ抜群でしょう? メーカーは〈コンチネンタル〉〈マヴィック〉〈IRC〉がお気に入り。タイヤの次はホイール、コンポーネントという順にカスタムしていくのがイイと思います。

Q. もっと楽しく長く走って効率よく燃焼。

さまざまなアプリが開発されている昨今、自宅でもロングライドを手軽に楽しめます。僕は『ズイフト』(ZWIFT)をDLしてから室内で走る頻度が格段に増えました(笑)。

自分の自転車を連動させて仮想空間を走れる『ズイフト』(月額料1,500円)。アバターと一体化した、リアルなライドが醍醐味。
自分の自転車を連動させて仮想空間を走れる『ズイフト』(月額料1,500円)。アバターと一体化した、リアルなライドが醍醐味。
ズイフトでは、けんたさんが愛用するような自動負荷装置付きのローラー台を使えば、坂の勾配や空気抵抗などが負荷として反映される。
ズイフトでは、けんたさんが愛用するような自動負荷装置付きのローラー台を使えば、坂の勾配や空気抵抗などが負荷として反映される。

アプリと連動したローラー台やiOS搭載のインターネット端末を用意すれば、全世界のユーザーとリアルタイムで一緒に走れて画期的。エクササイズ専用のメニューも充実するほか、賞品をかけたレースにも参加できる。屋外と違い汗が気化されないので、滝のような発汗量に毎回驚きます(笑)。

外で走る時は『ストラバ』(Strava)がマストですね。

自転車のログを残せる『ストラバ』。ライド前にアプリを起動すれば、地図上で走行ルートを記録できる。平均時速や消費カロリーなども残る。
自転車のログを残せる『ストラバ』。ライド前にアプリを起動すれば、地図上で走行ルートを記録できる。平均時速や消費カロリーなども残る。
走行データを自動集計したセグメント機能により過去の自分や他のユーザーの記録と比較も可。
走行データを自動集計したセグメント機能により過去の自分や他のユーザーの記録と比較も可。

区間ごとにスピード順のランキングが出るのでレース志向なサイクリストならきっとハマるはず。

取材・文/門上奈央 撮影/石原敦志

初出『Tarzan』No.779・2020年1月4日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan