• DDTプロレス・竹下幸之介選手のシェービング歴は「中学生時代から」
CONDITIONING
2019.07.30

DDTプロレス・竹下幸之介選手のシェービング歴は「中学生時代から」

190718_768_60
「ヘッドロックを決めた際に相手に臭ったら悪いですから(笑)。脇剃りはマナーの一つ」

“2億万年に一人の逸材”と呼ばれるDDTプロレスの竹下幸之介選手曰く「ムダ毛のケアは、鍛えた筋肉を美しく見せるのに欠かせない儀式」なのです。

周りはドン引きでした(笑)。

「普段は週に1度、40分ほどかけて女性用カミソリで全身を剃ります。毛はもともと薄い方ですけど、カラダを魅せるのもプロレスラーの仕事ですから、産毛もきれいにしますよ。それだけでもライトに照らされたときの見栄えが変わってきます」

“2億万年に一人の逸材”と呼ばれるDDTプロレスの竹下幸之介選手24歳。187cm、99kgの肉体は隆々と筋肉を纏い、その表面は照明が反射せんばかりにツルッツルだ。

竹下選手のシェービング歴は陸上部で十種競技をやっていた中学生の頃に遡る。大会で風の抵抗を少しでも減らし、コンマ1秒を縮めるべく、カラダ中の毛を剃り始めた。

DDTプロレスの竹下幸之介選手
「湯船に浸かり毛穴を開いてから剃るので時間はかかります」。背中は後輩に剃ってもらう。

「さすがに中学生でそこまでしたのは自分くらいで、周りはドン引きでした(笑)。その後高校生でDDTに参加するようになり、大学ではボディビルも始めたのですが、ビルダーは毛を剃ることで筋肉のカットを綺麗に見せるのが常識。筋トレとシェービングはセットなんです」

しかしレスラーは必ずしも剃るのが当たり前なわけじゃない、と言う。確かにひと昔前に一世を風靡した武藤敬司選手など、豊かな体毛を見せていたレスラーは少なくない。

DDTプロレスの竹下幸之介選手
太腿も一本残らずシェーブする。逞しい大腿四頭筋がより立体的に見える。演出効果抜群。

「マメに処理する人と無頓着な人に分かれますし、サロンで処理している選手も多いですけど、僕はトレーニングもシェービングも、自分に合ったやり方を考えるのが楽しいんです。これから筋肉をもっとつけて、誰もが驚くようなカラダにしたいですね。ついでに肌も今以上にピカピカに磨き上げたいです!」

竹下選手愛用のシェービング道具

DDTプロレスの竹下幸之介選手が愛用するシェービング道具
トリートメントを使うのがコツ!
肌に優しい女性用カミソリを使い、ヘアトリートメントがシェービング剤代わり。「トリートメントを使うと仕上がりがサラサラします。アフターケアはニベアのスキンミルクやサボンのボディオイルです」。
プロレスラー竹下幸之介選手
竹下幸之介/1995年生まれ。DDTプロレスリング所属。2歳の頃からのプロレス好きで、2012年高校生でデビュー。5月に『KING OF DDTトーナメント2019』を制覇。7月15日に夏の全席無料ビッグマッチ@大田区総合体育館大会に出場する。

取材・文/黒田 創 撮影/小川朋央(竹下さん)、角戸菜摘(商品) ヘア&メイク/天野誠吾
(初出『Tarzan』No.768・2019年7月11日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』770号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』770号