• ランニングに頼ると痩せにくい! 「ラン×筋トレ」が最強な理由
RUN
2019.02.21

ランニングに頼ると痩せにくい! 「ラン×筋トレ」が最強な理由

190218759-03

平成最後の春が来た。心機一転ダイエットに取り組もうと、走り始めた人もいるだろう。しかしランだけでは基礎代謝が下がり、痩せにくくなってしまうのをご存じだろうか。そこでランにプラスしたいのが筋トレだ。筋肉が増えて基礎代謝と消費カロリーがUP、体型もカッコよく引き締まる。筋トレとラン、二兎を追う者が、ダイエットの勝者となる。

1. ランニングの弱点を筋トレが補う

体脂肪を効率的に落とすには、息が上がらないペースで行う有酸素運動(エアロビクス)が有効。有酸素は酸素を介して体脂肪を燃やせる。その代表がランニングだ。

ランは優れたダイエット効果を発揮するが、意外にもランだけに頼ると痩せにくい。なぜなら基礎代謝が落ちるからだ。基礎代謝とは、安静時でも消費しているエネルギー代謝であり、1日の消費カロリーの60%ほどを占める。この基礎代謝の20%前後を担うのが筋肉。走ってばかりだと運動エネルギーを賄うために筋肉のタンパク質が分解されてエネルギーに変わりやすく、基礎代謝が下がる。せっかくランでカロリーと体脂肪を燃焼しても、基礎代謝と消費カロリーがダウンすると痩せにくい。

そのランの弱点をカバーするのが、筋トレ。筋トレで筋肉を刺激すると分解が防げるし、頑張れば筋肉量が増えて基礎代謝も消費カロリーもアップできる。確実に痩せたいなら、堂々とランと筋トレの二兎を追おう。

基礎代謝の変化量
男性30人が筋トレのみ、有酸素運動のみ、筋トレ+有酸素を各週3回、10週間実施。有酸素のみでは基礎代謝は下がるが、+筋トレで上がる。
Brett A. Dolezal & Jeffrey A. Potteiger, J Appl. Physiol, 1998より改変

2. 筋トレが体脂肪分解を促してくれる

筋トレをすると成長ホルモンが分泌されて筋肥大をサポートする…といった話をよく聞く。確かに成長ホルモンにはその名の通り筋肥大を助ける作用がある。加えて最近では成長ホルモンの別の効用にスポットが当たるようになった。成長ホルモンは体脂肪の分解を促すのだ。

体脂肪をじゃんじゃん燃焼させ続けるには、脂肪細胞に収められた体脂肪(中性脂肪)をスムーズに分解してやる必要がある。それをアシストするのが、筋トレで分泌される成長ホルモン。まるで野球の6-4-3の華麗なダブルプレーのように、筋トレで体脂肪を分解してそれをランで燃やすとサクサク減量できる。

ただし筋トレとランを一度に行う際はどちらを先にやるかの順番が大事になる。筋トレ→ランが正解であり、筋トレ後に60分の有酸素運動を行うと体脂肪代謝が約20%上がるという報告もある。ラン→筋トレだと成長ホルモンの恩恵は受けられないから気をつけて。

3. 筋トレで故障を防いで安全に走る

筋トレとランを比べると、強度は筋トレの方が高くダメージも大きい。筋肉はそこから回復する過程で成長するので、筋トレは2〜3日おきに週2〜3回行うのが一般的である。

ランは筋トレより強度は低いので、楽しさにハマってその気になれば毎日でも走れる。走るほどに体脂肪は燃えるが、調子に乗りすぎると思わぬ落とし穴がある。

低強度といっても走ると体重の2〜3倍の着地衝撃が加わる。毎日のように走ると決まった部位の使いすぎで疲労が集中。金属疲労に似た状況に陥り、オーバーユース症候群で膝などに故障を招く。とくに太っている人ほど着地衝撃もそれだけ大きいので要注意。

この故障リスクを下げるのに有効なのは、走りすぎを抑え、その分筋トレをプラスすること。太腿の大腿四頭筋や体幹の腹筋群など、着地衝撃を受け止める筋肉を強くすると、オーバーユース症候群が避けられる。また筋トレでカラダの動きを良くすると、走力の向上にも結びつく。

4. ランで体脂肪燃焼体質になる

あらゆる筋肉は速筋線維と遅筋線維という2タイプの線維をブレンドしたもの。速筋は瞬発力とパワーが持ち味であり、筋トレでおもに働いている。遅筋は持久力に優れているのが特徴で、ランのような有酸素運動の主役として活躍する。

トレーニングを定期的に続けると、速筋にも遅筋にも変化が起こる。

筋トレで速筋に生じる変化は筋肥大。速筋の一本一本が太くなり、筋肉が大きくなり、それが基礎代謝の維持&向上につながる。一方、ランを続けても遅筋は速筋のように太くはならない。

代わりに遅筋で生じるのは、ミトコンドリアと毛細血管の増量。ミトコンドリアとは、細胞内で酸素を使って体脂肪を燃やしているカマドのようなありがたい存在。毛細血管は、ミトコンドリアに酸素と体脂肪を運ぶライフラインである。

ランを習慣化して遅筋でミトコンドリアと毛細血管が増えると鬼に金棒。同じ運動をしてもより体脂肪が燃えやすい体質に変身できるのだ。

5. ラン×筋トレで日常生活の活動量が増えてくる

私たちが1日に消費するカロリーの約30%は、生活活動。通勤や家事のように日常生活で無意識のうちに使っているエネルギー代謝である。

ランや筋トレのような運動は普通はせいぜい週2〜3回が限度だが、生活活動はライフスタイルに応じて毎日必ず行うもの。そのパイを広げるとトータルの消費カロリーが稼げて減量しやすい。それに役立つのも、ラン×筋トレの黄金の組み合わせ。

ランを続けると血液と酸素の循環が良くなり心肺機能がアップ。持久力がついてちょっとしたことでは息が上がらなくなる。同時に筋トレで足腰を強化すると体重が楽に支えられるようになってフットワークが軽くなり、日常がアクティブになる。

その結果、これまで敬遠していた駅やオフィスの階段を平気で駆け上ったり、以前ならタクシーに乗っていた距離も歩いてみようかなと自然に思えるようになる。こうして運動時以外の生活活動も増えてくるから、余計に痩せやすくなるのだ。

「ラン×筋トレ」特集の雑誌『ターザン』をチェック!


衣装
右/ビッグT(ヘリーハンセン)8,000円、問い合わせ/ヘリーハンセン原宿店 (TEL)03-6418-9669、ショートパンツ(ゴールドウイン)14,800円、シューズ《Ultra Low Ⅲ Racer》(ザ・ノース・フェイス)11,000円、共に問い合わせ/ゴールドウイン (TEL)0120-307560。左/ロングスリーブクルーネックT7,900円、ショートパンツ14,000円、シューズ《Ultra Low Ⅲ Racer》11,000円、以上ザ・ノース・フェイス、問い合わせ/ゴールドウイン。

取材・文/井上健二 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾 取材協力/白戸拓也
(初出『Tarzan』No.759・2019年2月21日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』761号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

「脱げるカラダ2019」読者オーディション、申込受付開始!

Special

雑誌『ターザン』761号