CONDITIONING
2019.01.09

ストレッチで「やってはいけない!」6つのこと

ストレッチ

大人気のストレッチ。とにもかくにも柔らかければいいのか。運動前にしていいのか。痩せるのか痩せないのか…。胸の奥に溜まっていた、素朴な疑問を一挙解決する!

1. ストレッチ中は伸ばしている筋肉を意識してはいけない

トレーニングで守りたい大切なルールの一つに「意識性の原則」がある。トレーニングに集中して鍛えている部位や機能に注意を向けなさいという教えだ。

でも、ストレッチでは伸ばしている筋肉を意識してはダメ。「意識すると筋肉が力んで逆に伸びにくくなってしまうからです」(スポーツトレーナーの坂詰真二さん)。重りを持っているわけではないから、ストレッチ中は気を抜いてリラックスしても危険はない。深い呼吸を心掛ければいい。

あえて意識を向けるとしたら、伸ばしたい筋肉と反対の働きをしている拮抗筋。胸の大胸筋なら背中の広背筋、太腿後ろ側のハムストリングスなら太腿前側の大腿四頭筋だ。

ある筋肉を収縮させると、それを邪魔しないように相反抑制という仕組みで拮抗筋は緩む。伸ばすときは逆に拮抗筋は収縮するから、そこへ意識を向けると拮抗筋がより縮みやすくなり、ストレッチがスムーズに行えるのである。

2. 硬い関節をひねってほぐしてはいけない

ストレッチの対象となる筋肉は、関節を跨いで骨と骨についている骨格筋。伸ばそうとすると必然的に関節の動きを伴うのだが、そこで留意したいのは関節を不用意に捻らないこと。

関節は肘や膝の曲げ伸ばしのような屈曲と伸展が得意な反面、外向きに捻る外旋や内向きに捻る内旋には構造的に弱い。硬い関節を無理に捻ろうとすると、最悪の場合は関節が突然外れる恐れがある。

「格闘技の関節技の大半は相手の関節を捻り、タップに持ち込もうとします。巨漢の力士が投げ技で豪快に転ぶのも、相手が関節をきめて捻っているから。そのままだと関節が外れるので、ケガをしないように自分から進んで投げられているケースが多いのです」

本人は捻っているつもりはなくても、下のイラストのように知らない間に外旋や内旋が入って関節にダメージを与えることもあるから注意。

背中のストレッチは肘を曲げると危険
背中のストレッチは肘を曲げると危険
両手を壁について上体を倒すと凝りやすい背中の筋肉が伸びる。だが肘を曲げて上体を倒すと肩関節が外旋するので、肩まわりの軟部組織にダメージが及ぶことも考えられる。

3. 運動前の静的ストレッチをスルーしてはいけない

運動前のストレッチはアリかナシか。かつては運動前のウォーミングアップにストレッチは必須とされたが、最近は一転してNG扱いする論調が増えた。

ナシ派の言い分は次の2つ。第一に静的なストレッチに筋肉を温めるウォーミングアップ効果はない。第二に運動前に筋肉を緩めすぎるとパフォーマンスが落ちる。だから運動前に行うべきなのは、筋肉を温めて関節の動きを良くするラジオ体操やブラジル体操のような動的ストレッチだというのだ。

それはそれで納得できるが、運動不足でカチコチに固まった筋肉を動的ストレッチでいきなり大きく動かすのは少々乱暴すぎる。

反動を使わない静的なストレッチを立位で短時間行って筋肉を緩めて可動域を広げてから、動的ストレッチに入るのが正解。続いて筋トレのフォームを低負荷で確認してから本格的にトレーニングしよう。

筋トレ前のベストルーティン
筋トレ前のベストルーティン
バーベルでスクワットをするなら静的ストレッチ(立位体前屈)→動的ストレッチ(ハイキック)→専門的ウォームアップ(自体重でのスクワット)の順で。

4. アスリートみたいにカラダを柔らかくしてはいけない

ストレッチの狙いは、硬くなった筋肉を緩めて関節の可動域を広げること。関節の動きが大きくなるとスポーツのパフォーマンスも上がるし、運動中も日常生活でも故障しにくくなる。

けれど、可動域は広がれば広がるほど喜ばしいわけではない。可動域の生理的な限界を超えると関節がルーズになりすぎて、捻挫や脱臼をするリスクが高くなる。

バレエダンサーや力士は開脚できるし、水泳選手や野球のピッチャーは驚くほど肩関節が柔らかい。しかし彼らは関節が緩くなりすぎて支障が出ないように、関節を支持する筋肉もきちんと鍛えている。

関節にはフレキシビリティ(柔軟性)だけではなく、スタビリティ(安定性)も欠かせない。関節の可動域を広げたいなら、アスリートと同じように関節の安定性を高める筋肉を鍛えるトレーニングも並行して計画的に行うべきだ。

5. 運動後のストレッチは、寝たポーズからやってはいけない

筋肉は温まっていた方が伸びやすい。運動後は筋温が高いから、本来ストレッチにはベストタイミング。緊張して硬くなった筋肉をほぐしてケアしたい。忙しいからとストレッチをサボると、筋肉がほぐれないままで関節の可動域が狭くなり、次回のトレーニングの質も下がってしまう。

ワークアウト後は誰でも疲れているし、ルーティンをやり切った解放感も手伝い、いきなり床でゴロンと横になった姿勢でストレッチを始めがち。

でも、運動後のストレッチは、トレーニングで上がった心拍数を徐々に落とし、興奮して交感神経が優位になっている状況から心身を休息モードにする副交感神経へと切り替え、日常の安静状態へ導くクーリングダウンも兼ねている。

まずは立ったままで行うポーズから始めて、続いて坐位のポーズに移り、床で横になったポーズで締めくくってほしい。

6. ストレッチでは痩せられないと断言してはいけない

ランも筋トレも嫌。辛くないストレッチなら平気そうだからストレッチで痩せたい…。そんな人がいたら、ストレッチでは痩せないと忠告したくなるが、やり方次第ではストレッチで痩せられる可能性もある。

「それはストレッチだと思っているポーズが自体重トレになっているケースが多いからです」。椅子に坐り、上体を真横に傾けて体側を伸ばすポーズを取るとする。この際、手をついてカラダの重みを支えないと、反対側の脇腹が姿勢を保つために秘かに頑張っており、半分は筋トレなのだ。

真っ当なストレッチでも筋肉の刺激となり、運動不足で筋肉が減り、代謝が落ちて太りやすくなるのを防ぐ働きもある。

ストレッチが習慣化したら、それがきっかけで筋トレに興味が出ることも。ストレッチで痩せたいという友達がいたら、ディスらずに応援しよう。

こちらもチェック! 関連記事:

取材・文/井上健二 撮影/山城健朗 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾 イラストレーション/Mariya Suzuki 取材協力/坂詰真二(スポーツトレーナー、スポーツ&サイエンス)

(初出『Tarzan』No.736・2018年2月22日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan